>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型メルセデス・ベンツSLの試作車?Eクラスを短縮してオーバーフェンダーを装着した奇妙なクルマが目撃に

投稿日:2019/04/25 更新日:

後部座席には大きく太いロールバー

なんとも奇妙なメルセデス・ベンツが目撃に。
画像を見て分かる通り「ホイールベースが極端に短い4ドア」となっていますが、これはおそらく次期SLのプロトタイプではないか、と見られています。

なお撮影場所はメルセデス・ベンツ本社もしくは関連施設のようで、柵には「AMG」と記されたプレートがあり、この出入り口はAMG専用なのかもしれませんね(次期SLはAMGによる開発だと言われている)。

新型車の開発を行うのはなかなかに大変そうだ

なお、前から見るとメルセデス・ベンツEクラス。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ただしフロントバンパーにはカナード、そしてオーバーフェンダーが前後に装着されていることもわかります(かなり広い)。

つまり新型SLは、Eクラスに比べて相当ワイドになるということがわかり、現段階でもカナードを要するほどのダウンフォースが求められるレベルだということに。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして横から見るとなんかバランスがおかしい?

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

後部ドアが極端に短いのがその「妙なバランス」の原因ではありますが、Bピラーやルーフ含めてかなりきれいに作り込まれていることがわかります(切った貼った感が無い)。

なお、後部座席に相当する部分にはぶっといロールバーが見えますね。

現在のところ次期メルセデス・ベンツSLについての情報は少なく、ただし上述のようにAMGが開発を(次期AMG GTとともに)行うということ、そして現行同様にGT路線を継続すること(ピュアスポーツはやはりAMG GTが担当)が明かされています。

次期メルセデス・ベンツSLはAMG GT後継モデルと共同開発にて確定。AMG「今年にはそのプロトタイプを目にすることになるだろう」

さらには「今年にはそのプロトタイプを見ることになる」とも(AMGのボスが)発言しており、その言葉の通り、開発方向性が定まり、テストを開始したということなのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

新型SLに使用されるプラットフォームはMSA=モジュラー・スポーツ・アーキテクチャで、これはもちろん次期AMG GTと共通。
GT路線といえども、新型SLは現行SLよりはずっとスポーティーになるとされ、イメージ的には「現行メルセデス・ベンツSLと、AMG GTロードスターとの中間」といった感じなのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そのほか、ウワサレベルだと発売は2021年、シートレイアウトは2+2、エンジンは3リッター直6+マイルドハイブリッドもしくは4リッターV8ツインターボ、駆動方式には4WDを取り入れる、と言われています。

まだまだテストは始まったばかりだと思いますが、「こんなふうにして新型車の開発を行う」というのはなかなかに興味深いところですね。

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.