>その他アメリカ車

ハマーH1のレストモッド専門会社が送り出すカスタムハマーが人気に。1台3300万円から、12台限定

投稿日:2019/06/09 更新日:

| 2年かけて12台を生産、現在は6台目 |

ハマーのカスタムを得意とする、ミルスペック・オートモーティブ(Mil-Spec Automotive)がその新作ハマーを公開。
なおベースとなるのは「ミルスペック」の名でもわかるとおり、軍用にルーツを持つ「H1」。

ミルスペック・オートモーティブは2018年から2020年にかけて12台のハマーをカスタムすると公表していますが、今回の車両は「6台目」になる、とのこと。

すでにハマーH1の新車は手に入らない

なおハマーH1は2010年に製造が終了。
よってミルスペック・オートモーティブは中古のハマーを仕入れてきてレストア+カスタム=レストモッドするということになりますが、その内容は他に類を見ないもので、日常的に乗ることができる快適性も備えています。

写真の説明はありません。

インテリアはじめ各部は現代風にアップデートされることになり、そのぶん価格は高価で、おおよそ3300万円くらいから。

そのカスタムは質素な軍用フロアパンをより強固なアルミ製へ変更することにはじまって、すべてのボディパネルは航空機グレードのアルミ製へ。
オーバースペックとも言えるこだわりがミルスペック・オートモーティブの真骨頂。

写真の説明はありません。

サスペンションは8段調整式で車高もコントロールでき、ミルスペック・オートモーティブでは「快適性」も重要視しているようですね。

エンジンは6.6リッター・デュラマックス・ターボディーゼル、出力は500HP。
トランスミッションは6速ATへと換装され、ブレーキも12.25インチのドリルドローターへ(ウィルウッド製)。

写真の説明はありません。

この個体のボディ形状は「ファストバック」ですが、ほかにも「ピックアップ」や「ハードトップ」も用意され、そのカスタムの幅はかなり大きいようです。

外観だとフード上のエアスクープ(飾りではなくちゃんと機能する)、チューブラーバンパー、60インチとワイドなLEDライトバー、20インチの軍用ホイール+38インチのタイヤ(NITTO製のリッジ・グラッパー)がその特徴。

画像に含まれている可能性があるもの:植物、自然、屋外

内装においては防水レザー(ヴィンテージ加工済み)に海軍グレードのキャンバスが使用され、フロアも防水に。

さらに防音や制振を目的としたデッドニングも念入りに行われ、ルーフにも防音素材を使用しているために「通常のハマーH1と比較するとずっと静かで快適」だそう(それでもある程度の振動はあると思うが、どのくらいのレベルなのか気になる)。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

このほか、ミルスペック・オートモーティブがリリースしたハマーにはこんな仕様が。
こちらはサンドバギー風の「004」。

なんとサーキット走行も可能なローダウン・ハマー「トラック・タイタン」。

こちらはジェット戦闘機をイメージしたグレーの個体。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他アメリカ車
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.