>フォード(FORD) ■ニュース

【動画】1969年式マスタングを785馬力、未来風にカスタム!エンジン始動は指紋認証、機能操作はすべてタッチパネルにて

投稿日:2019/06/09 更新日:

こういった発想はアメリカ人ならでは

アメリカのチューナー、マンチコア・プロジェクト(Manticore Project)が1969年製フォード・マスタングのカスタムを披露。
いわゆるレストモッド(レストア+カスタム)の部類に属しますが、初見の印象では「(カラーリングのせいか)初代バットモービル」。

なおオーナーはソフトウェア開発会社、サイプレス・セミコンダクターのCEO、ハセイン・エル・コウリー氏。
そして今回のマスタングは、かねてより同氏が夢見ていたクルマを現実にしたものだそう。

エンジン、足回りは現代風にアップデート

このマスタングは一旦全部分解した状態からレストアを行っており、その段階では各パーツを最新のものへとアップデート。
例えばエンジンは現代の5リッターV8(スーパーチャージャー付き)が積まれているそうですが、サスペンションやトランスミッションも同時に最新のコンポーネントへとアップグレード済み。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおエンジンは驚愕の785PSを発生。
この出力に昔の車体が耐えられるのか?と心配になるものの、もちろんレストアはこのエンジン搭載を前提に進められていると思われ、そのための補強もなされているのでしょうね。

写真の説明はありません。

そして車体裏面にまでこだわるのはアメリカのチューナーならでは。
ボディ外板同様に「ブラックとレッド」でまとめられています。

写真の説明はありません。

このマスタングの最大の特徴は「インテリア」にある

なお、今回カスタムされたマスタングの白眉は内装にあり、これはパワーユニットや足回り以上に「最先端」。

内装パネルの多くは3Dプリンターによって製作され、メーターはタッチ式の大型液晶パネルへと置き換えられることに。

写真の説明はありません。

パワーウインドウ含む車両の操作系はすべてこのメーターパネルにてコントロールできるようですが、たしかに物理スイッチは非常に少ないようですね。

ステアリングホイールはスパルコ製となり、レッドのセンターマークが入るなど、こちらも外装に合わせてカスタム済み。

写真の説明はありません。

センターコンソールはカーボン製。
シフトノブは「ボール状」を採用し、これはアメリカのチューナーが好んで用いる形状でもあります。

ちなみにドアのロックやアンロック、エンジンのスタートには「指紋認証」を導入していて、キーのたぐいは一切ナシ。

写真の説明はありません。

そしてオーディオもカスタムメイドとなり、オーディオシステムそのものはスマートフォンとの連携が前提に設計されているそう。

写真の説明はありません。

そして内装にはシート同様にレッドのダイヤモンドステッチが入れられ、強大なパワーを受け止めるべくロールケージで補強済み。

画像に含まれている可能性があるもの:サングラス

アメリカではマスタングやカマロといったアメリカンマッスルのレストモッドがけっこう多く見られ、オリジナルに戻すよりも「自分の好きな仕様に」カスタムする傾向が強いように思います。
このあたりは「クルマを思いっきり楽しむ」というアメリカ人の気質に起因しているのでしょうね。

そしてアメリカンマッスルのレストモッドというと「スピードコア」が有名。

そしてなんと言ってもマスタングの究極カスタム「ヴィシャス」が】記憶に残ります。

VIA:Cypress Semiconductor

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フォード(FORD), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.