>その他ポルシェ関連/ニュース

なぜ今?ゲンバラが2006年に生産を終了したポルシェ・カレラGTのコンプリートカー「ミラージュGT」の新車を発表

投稿日:2019/05/13 更新日:

| 内外装には”今風”のカスタムが施される |

ゲンバラはポルシェのチューンにおいて長い歴史を誇り、カレラGTといった希少モデルまでも手がけることで知られます。

そしてなぜか今になってカレラGTのコンプリートカー「ミラージュGT」の新車を公開。
このミラージュGTはカレラGTが発表された後、ゲンバラが25台限定でチューンを行うと発表したもの。

ゲンバラ自身ではカレラGTを販売せず、顧客の持ち込んだカレラGTにカスタムを施すというスタンスでしたが、2006年に販売を終了していることを考慮すると「なぜ今?」という感じも。
ただしカレラGTはそろそろ重点的な整備が必要な年齢にも差し掛かっていて、もしかするとカレラGTのオーナーがゲンバラにカレラGTのレストアとカスタムを依頼したのかもしれませんね。

製作にかかったのは1000時間

このミラージュGTには「のべ1000時間」がかけられてカスタムされているそうですが、フロントバンパー、フロントフード、サイドステップ、リアウイング、リアディフューザー、前後フェンダーやルーフ上のエアスクープなど、「ほぼすべてが新規パーツ」に。

なお外装パネルはカーボンファイバー製で、2017年に発表されたミラージュGTに似ているものの、細部がやや異なるようにも思えます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

なおボディカラーはカスタムカーに人気の「ナルドグレー(アウディの純正色)」のように見え、しかし詳細は不明。

ただし現代っぽくグレーにブラックが組み合わせられ、アクセントとしてヘッドライトのリングやブレーキキャリパーはイエローに。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

画像を見る限りでは車高が落とされ、テールパイプは2本から4本に、そしてバックランプとリアフォグランプも新しいものへ。
エンジンカバー、「Mirage GT」のロゴ(サイド、リア)にもイエローが採用されています。

さらにインテリアも「総張替え」となり、もとのレザーからグレーのアルカンタラへと変更され、メーターやステアリングホイールの12時位置にもイエローが使用。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

なお、カレラGTにはもともとシルバーのパーツ、シフトノブにはバルサ材(軽い)が使用されていますが、これらもカーボンパーツやブラックペイントに置き換えられているようですね。

なお、エンジンはゲンバラによってチューンされ、612馬力から680馬力にまでパワーアップされている、とのこと。

ちなみにゲンバラはポルシェのチューンにおいて「老舗」ではあるものの、資金繰りに困り、マフィアから借りたお金を返せずにその創始者、ウーベ・ゲンバラ氏が南アフリカで死体となって発見されたということも。

それでもなんとか復活を遂げたのは嬉しい限りではありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.