>ミニ(MINI)

これがクラシックミニのレストモッド「ミニ・リマスタード」の内装だ!”スキーリゾートにぴったりの”1台1500万円、セレブな一台

投稿日:2019/05/19 更新日:

| ボディカラーは”ストームブリンガー”と”スノーブラインド”の2トーン |

ジュネーブ・モーターショーに出展されたクラシックミニのレストモッド、「ミニ・リマスタード」。

これはイギリスのデビッド・ブラウン・オートモーティブ(David Brown Automotive)が発表したもので、クラシックミニをいったん「全部分解してから」1400時間をかけて再度組み上げたクルマ。
パーツのほとんどはオリジナルパーツへと置き換えられ、もとのクラシックミニで使用するのはホワイトボディとエンジン、トランスミッションのみだとされています。

灯火類はLED、シルバー部分はアルミもしくはステンレスのポリッシュ

ジュネーブ・モーターショーに展示されたミニ・リマスタードは3台でしたが、今回公開された画像は「1台分」。
ボディカラーは2トーンとなり、「ストームブリンガー」と「スノーブラインド」の二色でまとめられ、山の稜線と日の出(日の入り?)がボディサイドに描かれます。

ミニ・リマスタードに積まれるエンジンは1275cc、しかしオリジナルに比べて50%出力がアップ(1330ccにボアアップすることも可能)。
ブレーキ、サスペンションも手直しされ、グリルなど金属パーツはスチール+メッキではなくアルミ製もしくはステンレス製、ランプ類はヘッドライト、テールランプともにLED化されています。

00a50fac-david-brown-mini-remastered-8

今回はじめて内装の画像が公開されていますが、外装同様にホワイトとグレーとのツートンとなり、やはり山と太陽とのイラスト入り。
デビッド・ブラウン・オートモーティブによると、「スキーリゾートにぴったりのクルマ」とのことですが、まさにセレブっぽいエレガント仕様。

bbee8c5f-david-brown-mini-remastered-7

シートベルトは明るいオレンジ、そしてエアコン吹出口やパーキングブレーキレバー、ステアリングホイールのスポーク部、ウインカーレバー、ルームミラー、ドアインナーパネルのトリムなどもアルミ+ポリッシュ仕上げ。

写真の説明はありません。

ミニ・リマスタードは「台数限定」と言われるものの、具体的な台数は不明。
価格については「ほぼハンドメイド」となることから1台1500万円という値付けとなり、つまり「日産R35 GT-Rやポルシェ718ケイマン/ボクスター、911よりも高価」。

6881560c-david-brown-mini-remastered-6

ただしクラシックミニのファンは世界中に存在し、中にはレストアを考えると「軽く1000万円くらい」かけている人も多くいると思われ、となると安心して乗れ、かつ高い品質を持つ車両を1500万円で手に入れることができるのであればお買い得と言えるのかもしれません(さらに希少性を考えると売却時も有利に進みそう)。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ミニ(MINI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.