>ベントレー(Bentley)

ベントレー史上もっとも爽やか?コンチネンタルGTのワンオフモデル「ババリア・エディション」が公開

投稿日:2019/05/12 更新日:

| なぜかドイツの「バイエルン州」をイメージした限定モデル |

ベントレーがコンチネンタルGTコンバーチブルに新たな限定モデル、「コンチネンタルGTコンバーチブル・ババリア・エディション・バイ・マリナー(Continental GT Convertible Bavaria Edition by Mulliner)」を追加。

なお「ババリア」は「バイエルン」を意味する英語で、つまりこの限定モデルはドイツのバイエルン州をイメージしたもの。

「マリナー」はベントレーのカスタムや特殊車両製作を行う部門

ベントレーのデザインを統括するステファン・シーラフ氏によると、この限定モデルは「ワンオフ」で、ベントレーのカスタム部門、「マリナー」によって仕上げられたもの。

ベントレーはイギリスの自動車メーカーであり、「なぜドイツ?」という思いはありますが、ボディカラーはグレッシャーホワイト、ソフトトップにはインペリアルブルーを採用し、バイエルン州のフラッグをイメージしている、とのこと。

なお、バイエルン州のフラッグはフロントフェンダー上にも装着されます。

画像に含まれている可能性があるもの:車

加えて全体的に「爽やか」仕上げなのも特徴で、最近良く見られる「ブラックアクセント」の代わりにシルバーやクロームが用いられ、ホイールもシルバーフィニッシュ(22インチ)。

写真の説明はありません。

インテリアにおいても「ミュンヘン」が再現され、ネイビーのシートにホワイトのパイピング、そしてやはりバイエルン州のフラッグ。

スキッドプレートには「ベントレー・ババリア・エディション」のロゴ、そして今年で設立100周年を迎えるため「1919」「2019」の文字も。
マットのパイピングも「ホワイト」ですね。

写真の説明はありません。

そしてダッシュボードとセンターコンソールにもグレッシャーホワイトが採用されていて、こちらもやはり「爽やか」。
内外装ともに、とことん優雅で清涼さを感じさせる仕様ですね。

なお、出力に関しては発表はなく、しかしこれまでの限定モデルも標準車と同じ仕様を持っており、この「コンチネンタルGTババリア・エディション」もそれに倣うとすれば出力635PS、0-100キロ加速3.8秒、最高速度は333km/h。

コンチネンタルGTにはこんな限定モデルも

なお、ベントレーはこまめに限定モデルを発表しており、中にはワンオフモデルから複数台生産を行うものまで。
こちらは高級ヨットメーカーとのコラボによる「内外装オールホワイト」な限定モデル。

高級/快適をテーマにし、マッサージシートを装着した「タイムレス・エディション」も発表されていますね(こうやって見ると、ベントレーはホワイトを好んで使用している)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ベントレー(Bentley)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.