>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

投稿日:2019/05/22 更新日:

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか |

ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。

ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。

ちなみに次期日産GT-Rについてはその内容が二転三転していて、実際のところ日産は「お家騒動」のためにそれどころじゃないのかもしれませんね。

エレクトリックカー、自動運転の可能性もアリ?

そして今回、田村氏はDigital Trendsのインタビューに対し、現行R35 GT-Rの「10歳を超える」年齢に対しても懸念を示しておらず、「R32スカイラインGT-Rは1989年に発表され、R33スカイラインGT-Rの発表は1995年だ。そしてR34スカイラインGT-Rは1999年に発表され2002年まで発売されている。それらは同じRB26DETT(エンジン)を13年も使用し続け、同じプラットフォームを採用していたことを考えると、R35 GT-Rは何の問題もない」とのこと。

さらに田村氏は「次期GT-Rは、消費者の求めに応じて方向性が変わるだろう。もし消費者がエレクトリックモデルを望めば、次期GT-Rはエレクトリックモデルとならざるを得ない」。

そしてその消費者とは実際にGT-Rを購入する人々のことを指しているとし、「我々は、彼らの欲しいと思うものを真剣に研究し、実現する。それがEVであろうとも、ガソリンエンジンであってもだ」。

そして自動運転技術についても触れており、これは以前にマクラーレンが示唆したような「サーキットでより速く走る方法をドライバーに教えるような」ものになる、とも語っています。

今回の話を総合するに、次期GT-Rについては「結局のところ何も決まっていない」ということになり、今から開発を始めたとしても(しかもこの様子では開発しそうにない)あと3~4は(登場までに)かかりそう。

次期日産GT-Rの状況はこんな感じ

なお、次期日産GT-Rについてはおおよそこういった状況。
日産内でもなんらかの議論がなされているのは間違いなさそうですが、結局は何も決まっていないということになるのかも。

なお、GT-Rはそれまでの日産が「儲からないから」という理由で販売を終了させたものの、カルロス・ゴーン元CEOが復活させたクルマ。
同氏の主張としては「顧客が”作ってくれ”というようなクルマを持つことができるメーカーは少ない。そしてそのクルマを持っているならば、作らない手はない」。

GT-R復活について、形としてはファンの要望に応えたということになりますが、実際には「それ単体で利益は出なくても、広告塔として十分に機能し、モトは取れる」と踏んだのだと思われます。

そしてカルロス・ゴーン氏が去った今となっては「GT-Rは無駄」と考える重役も少なくはないと思われ、もしかすると「次期GT-Rはない」かもしれない、と感じさせるのが最近の一連の動きでもありますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.