>スズキ(SUZUKI)

【動画】世界中から続々登場するジムニーのカスタム。今回はルーフテント装着の本格キャンパー向け、そして”サイドマフラー”も

投稿日:2019/06/23 更新日:

| ジムニーのカスタム市場は盛り上がる一方 |

「街なかの雑踏から抜け出し、心が望むままに走り出そう」。

そういった魅力的なコンセプトがモットーのローム・オーバーランディング(ROAM OVERLANDING)がスズキ・ジムニーのカスタムを相次ぎ公開。

そのコンセプトの通りアウトドアテイスト満載のカスタムが特徴で、ワイルドなバンパー、タイヤ、ルーフラック、タープ、そしてルーフトップテントなどを用意しているようですね。

ローム・オーバーランディングは機能重視派

公開された動画を見てみると、ローム・オーバーランディングは「見た目」よりも「機能」を重視するようで、そのカスタム内容も非常に実用的。
そして「かなり」タフな状況において走行することを前提としているようでもありますね。

61680605_474020446738576_5332956098536144896_n

そのためか公開しているジムニーは非常にシンプルでドレスアップ要素は皆無。
まさに質実剛健といった感じです。

61416753_470843720389582_6338495881985130496_n

そしてローム・オーバーランディングは一連の動画を公開していますが、こちらは最新のルーフトップテントを紹介する動画。

ジムニーでキャンプに行ってみた動画。

ジムニーのバンパーを交換してみた動画。

ジムニーにオーニングを取り付けてみた動画。

ジムニーの楽しみ方は人それぞれ

なお、スズキ・ジムニー/ジムニー・シエラは発表後に大きな人気を呼ぶことになり、世界中で「納車待ち」の状況。
スズキ自身はおそらく「いままでのジムニーユーザーが乗り換えるくらいだろう」という想定だったと思われますが、フタを開けてみると大きく(いい方向に)予想が外れたということになりそうです。

ここ数年続いているSUVブームが後押ししたということもあるかとは考えられるものの、やはり「他の車にはないエクソダス感」というか、非日常へと連れ出してくれる何かを感じさせる、というところが大きいのかもしれませんね。

さらに「素材」として何か知らないけど弄りたくなるというのもジムニーの魅力の一つであり、そのために「オフロード系」意外にも様々なカスタムが存在。

代表的なのはやはり「メルセデス・ベンツGクラス風」にカスタムしてしまうというもの。
そして今回は(よくリバティーウォークが採用することで知られる)Fiエキゾーストがジムニー用の「サイドマフラー」を公開しています。

これを使用すれば「ブラバスがカスタムしたメルセデス・ベンツGクラス」風のスタイルも実現できそうですね。

VIA:FiExhaust, Roam Overlanding

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->スズキ(SUZUKI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.