>スウェーデンの自動車メーカー ■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

ロータスのSUV試作車がはじめて目撃。親会社である吉利汽車の車体を流用してテスト中

投稿日:2019/06/26 更新日:

| 吉利汽車、ボルボと兄弟車となり、中国生産になるのは間違いなさそうだ |

ロータスの新型SUVと見られるプロトタイプが走行テストを開始。
ちなみに外観はロータスの親会社、吉利汽車傘下のブランド「Lynk&Co.」から発売しているSUV、”01”そのものですが、これがロータスの新型SUVだと言われているのは、目撃された場所がロータス本社所在地、ヘセル付近だから。

なお、こちはらぼくが中国で見てきたLynk&Co."02"。

今一番中国でイケてる車、「Lynk&Co 02」がコイツだ!意外と格好いいぞ

まだまだロータスのSUVについては謎が多い

ロータスのSUVについては、ロータスが吉利汽車傘下に入る前から話が出ており、当時はまた別の中国企業との合弁にて生産されるという話も。

その際は「超軽量、サーキット最速SUV」というよくわからないコンセプトでしたが、アメリカが仮想敵国であるためか、英国製品が好まれる中国市場向けに投入されるという前提で開発が進められています。

その後いったんロータスからはSUVの話が消え、さらに後になってロータスが吉利汽車に買収されることになったわけですね。

beb49b99-lotus-suv-test-mule-spy-shots-3

そこで再び吉利汽車傘下にあるボルボ、Lynk&Co.のリソースを活用してロータスのSUVを開発しようということになり、つまりは当初の「最軽量、サーキット最速SUV」というコンセプトはリセットされ、ロータス初のSUVは「ボルボXC40、Lynk&Coの兄弟車として」開発されることに。※XC60/90との兄弟車になるという話もある

なお、2017年10月にはロータスが新型SUVのデザインについてパテントを出願していますが、このときはまだ吉利汽車に買収された「5ヶ月後」。
よって当時はまだXC40、もしくはXC60/90との兄弟車ということも具体的に決まっていなかったと思われ、ここからデザインが変更される可能性も。

ロータスSUVのパテント登録完了。ロータスらしいデザイン、そして空力重視の様子も

今のところロータスのSUVについては「テストを始めたばかり」であり詳細はわかりませんが、試作車にはハイブリッドモデルであることを表すステッカーが貼られ、ロータスの新型SUVはハイブリッドになるであろうこと、そしてステッカーには中国語が見えるため、開発には中国側スタッフも携わっていることもわかります。

57041da8-lotus-suv-test-mule-spy-shots-5

生産については吉利汽車の持つ中国工場になると思われ、おそらくはロータスにとって初のSUVであるとともに、「初の中国生産車」になると思われます。
現時点ではこの新型SUVが日本に入ってくるかどうかはわからないものの、入ってくるとしても(生産拠点は中国しかないと思われるので)中国製ということになりそうですね。

VIA:CARSCOOPS

関連投稿

ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に(2017/10)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lotus-exige-cup-380-1.jpg です

ロータスCEO、ジャン・マルク・ゲールズ氏が語ったところによると、「ロータスのスポーツカーはイギリス(ノーフォーク)で生産を続けるが、SUVに関してはイギリス以外で作る可能性もある」とのこと。
現在ロータスは中国の吉利汽車傘下にあり、それはボルボと同じ。

ロータスSUVは「他にはない、軽量でエアロダイナミクスが優れた」ものに

吉利汽車も当然ながらロータスの強みを最大限に活かすために買収しているので、ロータスブランドを活用して販売を最大限に伸ばす意向を持っていると思われます。
そのために「もっとも手っ取り早い」のはSUVの発売で(スポーツカーセグメントは過密となっており、ロータスがそこで今すぐ存在感を強めるのは難しい。であればSUVセグメントへと新規参入したほうが販売を”積み上げ”しやすいと思われる)、となるとボルボや吉利の工場、もしくは今後を睨んで新しく工場を建て、そこで「グループの車を」まとめて作るほうが良いのかもしれません。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は lotus-exige-cup-380-3.jpg です

実際のところロータスCEOも「我々は常にスポーツカーを作ってきた。だが、今は新しいジャンルを狙っている。つまりSUVだが、SUVセグメントも変わってきていて、なにも大きな車だけがSUVだというわけではなくなり、より細分化されてきた。そこには我々のようなメーカーが受け入れられるスペースもあるはずだ」と語っています。

加えて「他にはない、軽量でエアロダイナミクスに優れたSUVになる」と語り、以前よりロータスが目指してきた「サーキット最速SUV」がようやく実現することになるのかもしれませんね。
なお、SUVについてここまで具体的な話が出た(しかもロータスCEOによって語られた)のは初めてだと思われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->スウェーデンの自動車メーカー, ■新型車情報/スパイフォト/噂など, >中国/香港/台湾の自動車メーカー, >ロータス(Lotus)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.