>ベントレー(Bentley)

ベントレーからレトロな外観を意識した「コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション」が登場。1929年のレーシングカーをイメージ

投稿日:

| このボディカラー”ドラゴンレッドII”はなかなかイケてる |

ベントレーがコンチネンタルGTに新たな限定モデル「コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション・バイ・マリナー(Continental GT Convertible Number 1 Edition by Mulliner)」を設定。

これは1929年に活躍したベントレーのレーシングカー「ブロワー」へのオマージュとなり、ブロワーを想起させるデザインがあちこちに盛り込まれ、100台のみが生産される、とのこと。

ボディカラーは「対」となる二色が設定

ボディカラーはレッド(ドラゴンレッドII)とブラック(ベルーガ)とが用意され、この車両のカスタムを行うのはもちろんベントレーのパーソナリゼーション部門である「マリナー」。

1975b28e-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-1

外観上の特徴としては、フロントフェンダー状に専用となるゴールド(18金)のバッジが取り付けられ、ホイールのカラーについて、ボディカラーがレッドの場合はブラック、ブラックのボディにはブロンズ。

トップのカラーはベルーガにはレッド、ドラゴンレッドIIにはブラックが採用されるようですね。

97cae6c1-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-3

こちらはブラック。
どちらのボディカラーであってもグリルはブラック、そして「1」のナンバリングが入ります。

そのほか「センテナリー(100週年記念)パック」、各部がブラック仕上げとなる「ブラックライン」、「カーボンボディキット」も標準装備。

センテナリーパックについては、エンブレム類が「100周年記念仕様」となるほか、100周年記念ウエルカムランプ(ドアを開けたときに照らすプロジェクター)装備、さらにはインテリアやキーホルダーにも100周年ロゴが付与される、とのこと。

エンジン自体は通常のコンチネンタルGTと変わらず6リッターW12/635馬力だそうです。

9a9c9fbf-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-5

コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション・バイ・マリナーのインテリアは特別感が強い

コンチネンタルGTコンバーチブル・ナンバー1エディション・バイ・マリナーの特徴は外装だけではなくインテリアにも。
ダッシュボードの3連メーターの中央は、1929年のブロワーについていた「ホイールスピナー」を模したもので、実車のブロワーのピストンを溶かして製造したもの。
これが透明樹脂で固められて3連メーターの中央にディスプレイされている、ということになりますね。

その他ゴールドのアクセントもこの限定モデルならではの特徴です。

86b78a78-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-6

なおセンターコンソール上の時計はイギリスのイエーガー製を採用し、調整のためのノブ(18Kゴールドメッキが施される)も装備していますが、これはベントレーと提携関係にあるブライトリング製ではないのも一つの特徴。 ※イエーガーはル・マンを走ったブロワーの計器として採用されていた

36128a2f-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-8

そしてドアシルにも特別製のプレートが装着されてドライバーをお出迎え。
なお、インテリアカラーは初籠城の「クリケットボール(ワインレッド)」もしくは「ベルーガ(ブラック)」を選択可能。

0b8785b0-bentley-continental-gt-convertible-number-1-edition-by-mulliner-7

ベントレーは今年で100周年を迎え、それにあわせて様々な限定モデル、そして限定グッズを展開中。
先日には「2900万円もする」記念本が発売され、話題を呼んでいます。

そして同じく「ブロワー」をモチーフにした限定モデルとして、クーペ版のコンチネンタルGT「ナンバー9エディション・バイ・マリナー」も100台限定にて発売されていますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ベントレー(Bentley)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.