>フェラーリ(Ferrari)

新車同様、世界に一台のワンオフ仕様フェラーリ・カリフォルニアT。競売に登場するも予想落札価格は4000万円と「低い」ワケ

投稿日:2019/07/08 更新日:

| そのカラーは1993年にレースで優勝したフェラーリF40をイメージ |

世界に一台しかないフェラーリ・カリフォルニアがオークションに登場予定。
このカリフォルニアは2017年に「フェラーリ70周年記念」として製造された350台のワンオフモデルのうちの一台。

この「350台」は、当時の現行モデルであった488GTB、488スパイダー、カリフォルニアT、GTC4ルッソの5車種に対し、70種類のカラーリングを与えたもの。
つまりカリフォルニアTだと「70種の」カラーが存在し、今回のカラーと同じモデルは存在せず、しかし488GTB含む4モデルには同じカラーがある、ということに。

なぜカリフォルニアTの評価は低い?

そして今回のカリフォルニアTの予想落札価格は最高で4000万円。
「世界に一台」ということを考えるとかなり低くい価格であり、おなじ70周年記念限定モデルの一台である488GTB”グリーンジュエル”が1億円で落札されたのとは大違い。

ただ、カリフォルニアTは現役時代からあまり人気は高くなく、セルジオ・マルキオンネCEO(当時)も「カリフォルニアTはなにか間違っていたかも」と語っていたほど。

その「なにか」は不明ですが、カリフォルニアTはV8ターボエンジンを搭載した最初の量産フェラーリであり、このときはまだ「ターボを認めない」という風潮が強かったのかもしれません(現在ではV8エンジンはすべてターボ化され、ターボエンジンに対してネガティブなイメージはなく、むしろ評価は高い)。

それでもこのカリフォルニアTの価値は低いわけではない

なお、70種のカラーそれぞれにはナンバーや名称が振られていますが、このカリフォルニアに採用されるカラーは「ナンバー54」。※フェラーリによる解説はこちら

ferrari3

ボディカラーはパールホワイトの「ビアンコ・イタリア」をベースにイエローとレッドのアクセントが入り、これは1993年のイタリアGT選手権にて優勝したF40のボディカラーをフィーチャーしたもの。

a7d690fe-ferrari-california-t-09

ホイールはメタリックグレー、リアフェンダー前には70周年記念バッジが装着されます。

6ed6fca7-ferrari-california-t-07

ルーフもビアンコ・イタリア。

a8775344-ferrari-california-t-02

インテリアはブラックをベースにレッドのシート、そしてレッドのステッチが採用されています。

a7a03f1c-ferrari-california-t-10

なお走行距離は60マイル以下で、つまり「新車同様」。
おそらくはコレクターが大事に保管していたものだと思われ、「世界に一台」ということを考えるともっと価格が上がっても良さそうだ、と思います。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.