>ポルシェ911関連 ■近況について ■ニュース

新型ポルシェ911(992)内装編!これまでの「平面」「から「立体」へ、そして初代911を意識したデザインを見てみよう

投稿日:

| 新型911のデザイン的特徴は「立体」「フロート」 |

さて、新型ポルシェ911(992)の外装レビューを続けてお届けしましたが、今回は「内装」編。

外装同様に、新型911では930世代へのオマージュといえるデザインが多数詰まっており、しかし単なるレトロではなく、しっかり機能性や最新の技術と結びつけられているのが「ポルシェらしい」ところ。

早速その内容を見てみましょう。

新型ポルシェ911(992)を見てきた!単なる過去のリバイバルじゃない、新しい世代のポルシェを見てみよう(外装〜前編)

【動画】新型ポルシェ911(992)を見てきた!前後フェンダーの張り出しはもはやRSモデルなみ(外装〜後編)

新型911のインテリアにおける質感は恐ろしく向上している

まずインテリア全景はこんな感じ。
雰囲気的には991世代とあまり大きく変わらないように思えますが、その細部はずいぶん変更されており、隔世の感があるのも事実です。

L1120675

一番大きな変化は「ダッシュボードとセンターコンソールとの連続性」。
これまで、水冷世代の911は「ダッシュボードから、そのまま繋がるセンターコンソール」を持つT字型デザインを持っていましたが、今回の992からは「ダッシュボードはダッシュボード」「センターコンソールはセンターコンソール」と両者が切り離されたデザインへと変更されています。

こもはもちろん「初代911」のデザイン的特徴を復活させたものですね。

L1120732

そして、新型911のデザインでぼくが感じたのは「フロート」デザイン。
つまりは「浮いている」ということですが、まずはステアリングホイールを見てみましょう。

ちょっと画像ではわかりにくいものの、ステアリングホイールのスポーク部(音量調整のローラーがある部分」はその周辺から”浮いて”いるようにデザインされており、これはなかなかに面白い演出だ、と思います。

L1120655

さらにセンターにあるエアコンベントの中の四角いパーツ(マットなガンメタ調の)も浮いているようにデザイン。

なお、ステアリングホイールのスポークやパドル、その他の部分はこれまでの「アルミ調」から「マットなガンメタ」へ。
さらにはグロスブラック仕上げのパーツも減り、全体的にシックで高級感な印象を受けますね。

L1120731

電動パーキングブレーキのスイッチがある部分もフロート。
まさかポルシェが911にこういったオシャレなデザインを採用するようになったとは、という驚きを禁じえません。

L1120661

メーターは「伝統の」5連ですが、中央のレブカウンター以外はすべてデジタルに。
ダイヤルはこれまでの「平面」とは異なり立体的な構造を持ちますが、これも初代911へのオマージュ。
なお、このフォントも初代911に使用されていたフォントを復活させたものだそう。

L1120729

メーターが点灯するとこう。
メーター動作の様子は下の方に動画にて示しています。

L1120669

そしてスポーツクロノのダイヤルも立体的、かつレトロなフォントに。

L1120737

ドライブモードのロータリースイッチも変更(ちょっと小さくなってる)。

L1120722

各種スイッチは一新されてサンターコンソールからダッシュボードへ。
指に触れる部分にはナーリング(ギザギザ)加工が施されています。

L1120659

ダッシュボードには横一文字に走るメタル調プレートが装着されており、そのプレートには「ディンプル」加工が見られます。

これはセンターコンソールやほかの部分にも散見され、上述の「フローティング」といい、ポルシェは新型911のインテリアに対し”立体感”を与えようとしたのかもしれません(991まではむしろ、平面やフラッシュサーフェスを重視していた)。

ちなみにエンジンスタートは、ダッシュボード下にあるノブのようなものを捻って行いますが、これがポルシェの伝統も言えるもので、「キー」を廃した今でもこれを残してくれたのは非常に嬉しいことだ、と考えています。

L1120650

そして驚きのセレクター「スイッチ」。
911というスポーツモデルに対し、シフトノブを排除してこういった小さな「スイッチ」を持ってくるというのはまさに驚きですね。

L1120642

グリップには滑り止め。
こういった細かい配慮が911になされていることもまた驚きです(ポルシェはこれまで、スポーツモデルにはこういったコストをかけなかった)。

L1120652

全体的に見ると、新型911のインテリアは他のどのメーカーの考え方とも異なって「立体的」。
それは素材表面の加工然り、「フロート」しかり。
いうなれば「建築物のようだ」とも考えていて、ここはポルシェが大きくインテリアデザインについて舵を切ったところでもありますね。

なお、ポルシェはこれまで「平面的」なインテリア構成に注力していて、それは現行パナメーラやカイエンでは非常に端的。
たとえば、電源OFFでブラックアウトするパネルや、同じく電源オフで閉じるエアコンブロワーはその代表的な部分だと思います。

それが一気に今回の新型911のデザインのような「立体」に転じたということになり、そしてポルシェはエクステリア、インテリアのデザインを「全モデル通じて」統一する傾向に。
よって今回の新しい911に採用されたデザインが今後の各モデルに採用されてゆく、ということになりそうですね。

なお、こちらはカレラSに採用されていた、明るいグレーのコンビレザー。
かなりエレガントな印象です。

L1120720

この車両はオプションの「ウッド」インテリアを装着していますが、ウッドっぽい表面の質感が残されたマットな仕上がりを持ち、グレー/ライトグレーのインテリアにマッチしている、と思います。

今まで911は「スポーツ」一辺倒な部分があったものの、今回こうやって「クラシック」なインテリアをデモカーに与えてきたのは注目すべきところですね。

L1120736

その他の画像はFacebookのアルバム「PORSCHE 911(992)」に保存中です。

こちらは新型911のインテリアを納めた動画。

そしてモードや表示を変更してみた動画(停止状態)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ポルシェ911関連, ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.