>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

【動画】直管仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴ!MTにて手足のように自在にクルマを操るオーナーが登場

投稿日:

| そのサウンドは、「爆音」というよりレーシングカーのような粒ぞろいの快音だった |

なんと「直管」仕様のランボルギーニ・ムルシエラゴに乗る男が登場。
おそらくは「ムルシエラゴLP670-4スーパーヴェローチェ(SV)」のカスタムカーだと思われ、リアウイングが取り外されているようですね。

なお、エキゾーストシステムの変更によって出力は670馬力から「710馬力へ」と向上しています。

オーナーならではの苦労を語る

車体はこんな感じでフルラッピング済み。
ヘッドライトはイエローに変更されていますが、これは欧州で人気のカスタムでもありますね。

aw

あまりに幅が広いため(2,045ミリ)フロントを擦ることが多かったり、タイヤが巻き上げた水がフロントフェンダー内経由でドア下部を伝って室内に入ってくるなど、いろいろな苦労があることも語っています。

ちなみにオーナーはこのサングラスのイケメンのほう(腕時計はロレックス・グリーンサブ)。

aq

ランボルギーニ・ムルシエラゴには後輪駆動しか存在しない

ムルシエラゴはディアブロの後継として2001年に発売され、2010年にアヴェンタドールへとバトンタッチ。
エンジンは当初6.2リッター、のちに6.5リッターV12を搭載し、出力は580馬力~670馬力まで。

トランスミッションは6速MTもしくはロボットクラッチ採用の「eギア」がありますが、駆動方式は4WDのみ(先代のディアブロには2WDがあった。ムルシエラゴ以降、ランボルギーニはV12モデルに対し4WDしか設定していない)。

ボディサイズは全長4,580ミリ、全幅2,045ミリ、全高1,135ミリと「低くワイド」で、まさにスーパーカーといったオーラを発しています。

ランボルギーニがアウディ傘下に入った後の体制で開発された「はじめての」ランボルギーニで、デザインはルク・ドンカーヴォルケ(ガヤルドもデザインしている。その後ベントレーへと移籍し、その後ヒュンダイへ)。

al

この個体のトランスミッションは希少な「マニュアル」で、しかしオーナーさんはこのムルシエラゴを手足のように扱っており、自由自在にドーナツターンも繰り返すことに。

a

とにかく強烈なサウンド、そしてシフトチェンジのたびに「ガッツン」とくる衝撃が「まさにランボルギーニ」ですが、その様子は動画にて確かめてほしいと思います。

VIA:Cars with Luke

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.