>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットは大人気。「初年度生産分がほぼ完売した」。シボレーは難しいモデルチェンジをうまく成功させたようだ

投稿日:2019/08/01 更新日:

| 一部では「消費者が戸惑いを隠せない」という報道もあったが |

新型シボレー・コルベット・スティングレイ(C8)の2020年モデルが「ほぼ完売」との報道。

C8世代にて、コルベットはミドシップへとスイッチしていますが、シボレーにとってこれは大きな「賭け」。
この賭けに失敗つまり新型コルベットが売れなければ、シボレーはまさかコルベットをまたFRに戻すわけには行かずそのまま消え去ることとなり、とにかく失敗できない、というのが今回のモデルチェンジであったわけですね。

シボレーはずいぶん思い切った戦略に出た

そういった事情もあって、当初シボレーは「FRのC7コルベットと、ミドシップ化したC8コルベットとを併売」し、もしC8コルベットが売れなければいつでもそれを引きあげてFRに戻せる状態を作ると言われていたものの、シボレーはこの方法を採用せず、C7コルベットの生産を中止してC8コルベットへと切り替えるというギャンブルに出たわけですね。

そして今回、GMはコンクール・デレガンス・オブ・アメリカにてC8コルベットを一般公開していますが、その際に語ったのが「新型コルベットの受注は、およそ1年分の生産台数に達した」。

その受注台数や生産予定台数は明かされていないものの、どうやらシボレーは「賭けに勝った」と考えて良さそうです。

C7世代のコルベットは売れずに残っている

反面、ちょっと困るのが先代であるC7コルベットの在庫。
現時点で6,000台もの新車が売れずに残っていると報道されますが、これを鑑みても「新型コルベットのほうが評価が高い」ということがわかります。

なお、新型コルベットがここまで売れたのには「価格」も関係していて、当初はC7コルベットに比べてかなり高くなると言われていたC8コルベットの価格が「逆に」かなり予想よりも安く、C7コルベットの数十万円アップにとどまっていたのも大きな要因だと考えています。

つまりは「数十万円の差であれば、新型コルベットのほうがいい」と多くの人が考えたということになり、「高くても新型コルベットがいい」「安くても従来型コルベットはいらない」という思考が働いたということになりますね。

加えて、シボレーは「無事に売れるだけの数のC7コルベットを生産」していたはずですが(つまり作りすぎたわけではない)、それでも残ったということは、コルベット購入を考える人のうち多数が「C8コルベットの発表を待つためにC7を買い控え、実際にC8コルベットが発表された後はC8を購入した」とも推測できます。

あわせて読みたい、新型シボレー・コルベット関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.