>フォード(FORD) ■映画や音楽、本について

「もっともレアな」フォードGT試作車が競売に登場、予想落札価格は10億円。打倒フェラーリのためにフォードが全精力をかけて開発したレーシングカー

投稿日:2019/08/12 更新日:

| 自動車史上、これほど明確な目的のもと開発されたクルマも珍しい | 

わずか5台のみ製造された「フォードGTロードスター」。

今回、RMサザビーズが8月に開催するオークションにて出品すると発表していますが、これは5台のみが製造されたうちの最初の一台で、シャシーナンバーはGT/108。
製造されたのは1965年3月、エンジンは「コブラスペック」のフォード製289キュービック・インチ・エンジン、そしてトランスミッションはコロッティT37。

なお、これはプロトタイプとして製造されたものですが、フォードGTのプロトタイプは合計で12台が製造され、そのうち7台がクーペ、5台がロードスターだという記録が残ります。

数々の名ドライバーがドライブしてきた個体

製造された1965年当時、クーペとともにシルバーストン・サーキットにてテストされ、その後はカリフォルニアにあるシェルビーのショップへと移送されることに。

9c70f562-1965-ford-gt40-roadster-1

更にその後いくつかのイベントにて展示され、ケン・マイルズのドライブにてラグナセカ・サーキットでデモ走行が行われ、翌月にはヘンリー・フォード二世(フォードの社長)を乗せてキャロル・シェルビーがサーキットを走行したとされていますが、これはフォード社長にとって唯一のサーキット走行体験であった、とも言われます。

11f76d20-1965-ford-gt40-roadster-3

フォードGTはたった一つの目的のために開発された

なお、フォードGTは「打倒フェラーリ」を目的に、フォードが持てるお金そして人的・技術的資産を突っ込んで開発したレーシングカー。

351cf476-1965-ford-gt40-roadster-7

その背景としては、当時「大衆車メーカー」であったフォードが、拡販のためにはモータースポーツでの成功が必要だと考え、「フェラーリの買収」を計画。
実際にこの計画は順調に進み、フェラーリ合意のもと「いざ契約」となったときにエンツォ・フェラーリがこれを撤回し、これに怒ったのがヘンリー・フォード二世。

959359fd-1965-ford-gt40-roadster-2

そこで「どれだけカネがかかってもいいからフェラーリを倒せるクルマを作れ」という号令のもと、最高のスタッフが集められて開発されることとなりますが、このあたりの経緯は2020年1月公開予定の映画「フォードVSフェラーリ」にて詳しく描かれることになりそう。

aq

映画の予告編を見ると、フォードがフェラーリに対抗するというのは「絵空事」のように描かれており、当時は本当にそんな感覚だったのでしょうね。

d

なお、マット・デイモンが演じるのはキャロル・シェルビー、そしてクリスチャン・ベイル扮するのは開発ドライバーのケン・マイルズ。

k

そしてこれがおそらく、キャロル・シェルビーがヘンリー・フォード二世を乗せてフォードGTをドライブするところ。

f

落札価格は最高で10億円との予想

ちなみにこのプロトタイプに話を戻すと、さらにジム・クラークがドライブしたこともあるといい、プロトタイプの中では「もっとも豪華なバックボーンを持つ一台」だと言えそう。

0d84ed25-1965-ford-gt40-roadster-5

その後は数々のオーナーの手を経て1983年にレストアを受け、2003年にはメカ部分のリフレッシュ作業を受けています。
同年にはペブルビーチ・コンクール・デレガンスに展示され、20120年にはモンタレー、2013年にはアメリアアイランドにも出展。

31f3f0da-1965-ford-gt40-roadster-4

これまでにも何度か同様の「フォードGTプロトタイプ」がオークションに登場しているものの、今回の個体はもっとも価値が高いと思われ、最高では10億円の値がつくのでは、と言われます。

なお、これまでには別のシャシーナンバーの「フォードGTロードスター」がオークションにかけられていますが、なぜか7台作られた「クーペ」のほうの試作車が競売に登場することは非常に稀であり、コレクターが手放さないのかもしれませんね。

5ba9488b-1965-ford-gt40-roadster-9

あわせて読みたい、フォードGT関連投稿

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フォード(FORD), ■映画や音楽、本について
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.