>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリ「ディーノ計画は死んでいないが、すぐに発売する予定もない。現在は”高価格戦略”を進める」→一台あたりの利益を最大化

| フェラーリは一台あたりの利益を最大化する戦略に | フェラーリのチーフ・コマーシャル・オフィサー、エンリコ・ガリエッラ氏によると、「V6エンジン搭載のディーノをすぐに発売する予定はない」とのこと。これは英国Autocarがフェラーリに対して発した「ディーノの計画は死んでしまったのか?」という問いに答えたもので、「今は”死んだ”という言葉は使わないでおこう。ただし、直近でディーノを発売する計画がないこともまた事実だ」。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG GTブラックシリーズがイベントにてVIPへ公開!フロントには大きなダクト、リアには2段重ねのウイング

| フルにカモフラージュが施された状態なるもほぼ完成に近いように見える | メルセデスAMGがそのハイパーカー、「AMG ONE」を購入したユーザーを対象に、AMG GTブラックシリーズの姿を限定公開。公開された車両は全身をカモフラージュ用シートで覆われたままとなっているものの、撮影が許可されていたと見え、インスタグラム上にてその様子が公開されています。

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

レクサスが高級ヨット「LY650」発売。”ラグジュアリーライフスタイルブランドを目指す”と発表し、今後はクルマ意外も積極展開の意向

| そのうちレクサスも住宅やマンションを提供することになりそう | レクサスが「ラグジュアリーヨットLY650」を発表。これは2017年に発表された「レクサス・スポーツ・ヨット・コンセプト」の市販バージョンということになりますが、レクサスによると「クルマだけに留まらず、驚きと感動の提供に挑戦し続けるLEXUSからの新たな提案のひとつ」。さらにレクサスは「ラグジュアリーライフスタイルブランドを目指す」としており、今後は大きなブランドシフトを行うのかもしれません。 これがレクサスのヨット”LY650”!レクサ ...

ReadMore

■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

値下がりが続いてもなぜロレックスが「王者」なのか!オメガ、パネライ、パテックフィリップ、オーデマピゲ、リシャールミルと「買取価格」「値下がり率」を比較してみた

| 価格が下がったとはいえど、まだまだロレックスは昨年同時期よりも高い水準にある | 腕時計の王者といえば「ロレックス」。ロレックスよりもっと高価な腕時計ブランド、技術や加工に優れる腕時計ブランドも世の中にはたくさんありますが、それでも腕時計といえばロレックス(実際のところ、腕時計の中ではロレックスが最高級だと信じている人も多い)。ここで、「買取価格」「値落ち率」をもとに、なぜロレックスが「腕時計の王者」だと言えるのかを見てみましょう。 オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアの売却を考える。腕時計ショッ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

新型マツダCX-30発表!「人生の幅を広げるクロスオーバー」、「生命感と上品な美しさ」に溢れたSUV

| 読みは「 シーエックス サーティー」でヨロシク | マツダが新型SUVを、CX-30を国内でも発表。価格は2,392,500円~、マツダによると開発コンセプトは「人生の幅や世界観を広げるクロスオーバー」、”CX-30”の読みは「シーエックスさんじゅう」ではなく「シーエックス サーティー」。MAZDA3に続く、マツダ渾身の「新世代商品第二弾」となりますが、ここでその詳細を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

天皇陛下即位パレード用の「トヨタ・センチュリー」公開!天皇家の人々はそもそもどんなクルマに乗ってるの?

| トヨタ・センチュリーはいい選択。なおカスタム費用含めて8000万円とのウワサ | 首相官邸(皇位継承式典事務局)が「祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車について」というプレスリリースを発行し、パレードにて使用するクルマを「トヨタ・センチュリー」に決定し、月内に納車される予定である、と公表。なお、車両やボディ形式については式典委員会が決定したといい、さまざまな議論があったのかもしれません(特にオープンカーとすることについては、安全性が問われたとは思う)。 今回公開された画像については「式典バージョン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレン ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】アメリカ最大のランボルギーニ・ディーラーは品揃えも客層も違う!チェンテナリオ、アヴェンタドールSVJほかの集まりを見てみよう

投稿日:2019/08/18 更新日:

| 日本のランボルギーニディーラーとはずいぶん雰囲気が異なる |

スーパーカー系ユーチューバー、Mike Supercars TopSpeed氏が北米最大のランボルギーニディーラー、ランボルギーニ・マイアミの様子を動画にて公開。
ショールームの展示車やイベントの内容を紹介していますが、その様子は日本のディーラーとはかなり異なるもの。

日本のランボルギーニディーラーは「ランボルギーニの定めるCI」に則ったショールムの作りを持っているものの、アメリカ(とカナダ)のランボルギーニディーラーは、様々な動画を見る限りではランボルギーニCIとは全く異なる店作りを持っているようで、しかもランボルギーニ以外のクルマを置いている場合もあるようです。

アヴェンタドールSVJはカスタム仕様

そしてショールームにはアヴェンタドール、アヴェンタドールSVJ、チェンテナリオが並び、そのほかにはパガーニも。
なお、経営元はケーニグセグ、パガーニ、フィスカー、Wモータース、ポルシェ、マクラーレン等のディーラーを経営する”プレステージ・インポーツ”。

よってプレステージ・インポーツの顧客はこれらスーパースポーツを複数ブランド所有していることが多いようで、イベント開催ともなると様々なスーパーカー、ハイパーカーが集まるようですね。

c6

そしてこちらはかなり手のはいったアヴェンタドールSVJ。
おそらくは純正オプションの幅を超えた範囲のカスタムを行っているように見え、つまりはランボルギーニの用意するパーソナリゼーションプログラム「アドペルソナム」にてカスタムしているのだと思われます。

c9

ホワイトにブラックのアクセント、ブラックのホイールのコントラストがナイス。
アクセントカラーにはレッドが用いられ、フロントスプリッターやサイドウイング、ボディサイド等にはレッドのラインが入ります。
ブレーキキャリパーもレッドですね。

c3

カーボンファイバー製パーツも多数装着されているようです。

c2

リアウイングのステーには、アヴェンタドールSVJ”ロードスター”風のアクセント(この車両の場合はレッド)が入り、細部に至るまで綿密に練られたカスタムが光ります。

c

リアディフューザーのフィンにもレッドのトリム。

c5

そしてインテリアのメインカラーにはホワイトで、これはかなり珍しいカラーリング。
シートのセンター部の「Y」、サイド部にはレッドが仕様されていますね。

c8

ステアリングホイールはレッドのアルカンタラーラにホワイトのセンターストライプ。

c4

ダッシュボード、センターコンソールもホワイト。
一部にレッドの切り返し、レッドのストライプ(パイピング?)が入ります。

c110

シートのステッチ、「AVENTADOR SVJ」の文字、ヘッドレスト上のランボルギーニ・エンブレム(クレスト)はレッドの糸にて再現。

c10

その後はライトブルーのチェンテナリオもショールームから出動しています。

c15

こちらが美しくカスタムされたアヴェンタドールSVJが登場する動画。

こちらはランボルギーニ・マイアミの主催するラリーイベント、「コルサ・アメリカ」の様子。

ランボルギーニ・マイアミの同系列となるショールームに展示されるブガッティ・シロンやパガーニ・ウアイラなどを紹介する動画。

ランボルギーニ・マイアミ主催のイベントにて、ぶっ飛ばすランボルギーニたち。

やはりイベントにて、アヴェンタドールSVJのサウンドを収録した動画。

VIA:Mike Supercars TopSpeed

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニの限定車関連, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.