>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、9/3発表を明言。現行と比較すると見えてくる、新型との「差」は?

投稿日:

| 横から見ると、新型ジュークの印象は現行とはかなり異なる |

日産が新型ジュークのティーザー画像第三弾を公開し、あわせて2019年9月3日に発表する、とアナウンス。

なお、今回の画像は相変わらずそのシルエットしかわからないものの、そのサイドビューを見せています。

なお、この画像を現行ジュークと比較してみるとこんな感じ。
これまでのスパイフォトを見ると、新型ジュークはほぼ「現行ジュークと変わらないんじゃないか」と考えていましたが、こうやって並べると「けっこう違う」ということもわかります。

juke

ざっと見たところでは、ヘッドライトの位置が低くなり、発光形状が細く長く。
そしてボンネットは全体的に低く、長くなったようにも感じます。
そしてフロントウインドウの角度はやや「寝ている」ように見え、そこからルーフ、そしてリアゲートスポイラーにかけてのラインはより「滑らか」に。

リアウインドウはフロントに比べると、さらに寝ていることが顕著にわかります。
テールランプもヘッドライト同様に形状が変更され、現行の日産他モデルに近いデザインを持っていますね。

まだまだわからない、新型ジュークの真の姿

なお、現行ジュークではリアバンパーがポコっと出っ張っていますが、新型ジュークではこの出っ張りが抑えられているようにも見え、リアバンパーの後端ギリギリまでリアハッチが延長されているのかも知れません。

これはおそらく「荷室容量拡大」、そしてデザイン上の余裕を考慮したものだと思われますが、実際にはどういった印象を受けるのか気になるところですね。

偽装の薄くなった新型日産ジューク。モデルチェンジでは「丸っこさ」が消えてシャープかつ高級に?

なお、これまでに目撃されたスパイフォトを見ると、新型ジュークは現行モデルの持つ特徴をそのまま反映しているようにも。

ただし今回のティーザー画像を見ると「けっこう新型ジュークは普通になっているのかも」という印象を受け、とにかく9月3日の発表が待ち遠しい、といったところですね。

新型日産ジュークの「ティーザー画像第二弾が公開。二代目はさらに個性的なルックスを身にまとうことになりそうだ

日産が新型ジュークのティーザー画像を公開!”ジュークらしさ”を残しながらもヘッドライトとDRLは新しい発光方式へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.