ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >ブガッティ(BUGATTI) >日産/インフィニティ(Infinity) >マツダ(MAZDA) >ミニ(MINI)

【まとめ】ミニ、インフィニティ、ブガッティほか各メーカーの”ヴィジョン・グランツーリスモ”

2017/10/10


MINIクラブマン・ヴィジョン・グランツーリスモが公開に

ミニ・クラブマン・ヴィジョン・グランツーリスモが公開に。
クラブマンをベースにしたところがなんとも渋いですが、ほとんど面影がないほどのハードチューン。
ヘッドライトのバッテンは格好良いですね。

ポルシェ・ヴィジョン・グランツーリスモ公開。ただし非オフィシャル

ポルシェ・ヴィジョン・グランツーリスモが公開に。
ブガッティなど数々公開されているシリーズですが、残念ながらポルシェ公式ではなくサードパーティーによるデザインです。
デザインチームは一人のフォトグラファー、5人のカーデザイナーからなる6人編成とのこと。

チームは918スパイダーをベースとし、908など過去のレースカー(ルーフやテール)、そして919ハイブリッド(ライト類やフロントフェンダー?)など最新の車にもモチーフを求めてデザインを行ったそうで、たしかにポルシェのオフィシャルと見まごうほどの出来栄えですね。
とくにロングテールは非常に美しいと思います。

なおグランツーリスモにはポルシェは相変わらず収録されず、一方ではニード・フォー・スピードでは登場前だった911(991)を収録するなどゲームソフトによってずいぶん対応に差がある模様。
というかグランツーリスモのみそういった「商業色」が薄いところがあり、これは制作側の意向(あくまでも中立であろうとする?)もしくはメーカーに対して媚を売らない姿勢を採用しているのかも、と考えたりします。

ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ発表。以外と普通だった

bugatti-vision-granturismo-rear

けっこう思わせぶりなティーザー画像を出し続けてきたブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモですが、その全容が公開に。
ヴェイロンをベースとしているように見え、以外と普通なルックスですね。
それでも「予想していたほど未来に行っていない」というだけで、十分すぎるほどにアグレッシブなエアロパーツを装備しており、なかなかに魅力的です。

ランボルギーニ・ヴェネーノ風の車体後部中央のフィン、同じく横長のテールランプなど、最近のVWアウディグループのデザイン傾向をよく表しており、かつ車体前半と後半とのデザイン的な分離もより強く表現されています。
なおブガッティ・ヴェイロンのデザインは「美女と野獣」を表現していると言われ、ヴェイロンの前後での色分けはもしかすると「美女と野獣」をあらわしているのかもですね。

このブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモについて今月のフランクフルト・モーターショーでは実車が登場すると思われますが、おそらくはVWグループ前夜祭ではメインを飾りそうです。

06_bugatti-vgt_int_side_cmyk_high

02_bugatti-vgt_ext_side_cmyk_high

03_bugatti-vgt_ext_front_cmyk_high

05_bugatti-vgt_ext_top_cmyk_high

レクサスがLF-LCヴィジョン・グランツーリスモを公開。LF-AとRC似

レクサスが「LF-LCヴィジョン・グランツーリスモ」を発表。
LF-AとRCの中間のようなデザインで、それにエアロパーツを装着した、という感じですね。
レクサスらしいクリーンさと複雑な局面がよく表れており、格好良いと思います。

アルピーヌ・ヴィジョン・グランツーリスモ登場。これは最高のデザイン

Alpine Vision Gran Turismoが公式にアンヴェール。
様々な「ヴィジョン・グランツーリスモ」が発表されていますが、その中でもナンバーワンのデザインだと思います。
さすがフランスはなにか吹っ切れているところがありますね。

スペックは4.5L、V8エンジンをミドマウントし450馬力を発生。
7速トランスミッションを介して最高時速320キロで走行、ということです。

実寸モデルも存在し、今月間開催のFestival Automobile Internationalにて公開されるようですね。


マツダよりLM55ヴィジョン・グランツーリスモ・コンセプトが公開に


「Mazda LM55 Vision Gran Turismo Concept」が公開に。
マツダ787の1991年のルマンにおける勝利を祝うものだということですが、そのぶん他のメーカーの出してきたものよりも現実的に見えますね。

インフィニティ版「コンセプト・ヴィジョン・グランツーリスモ」が正式に公開


先日チラ見せがあったインフィニティ版「コンセプト・ヴィジョン・グランツーリスモ」が正式に公開。
レイアウトはミドシップでトランスアクスル・レイアウト、重量配分は前後で45:55。
動画を見るとデザイナーは中国人のようですね。
すでに日産版は公開されていますが、今後日産ブランドとインフィニティブランドをどう使い分けてゆくのかは気になります。
本来インフィニティブランドは高級路線というところであったかと思いますが、F1のブランド名を掲示したり、とインフィニティの方が日産よりもスポーティーイメージを持ちつつあるように思われ、両者の住み分けがやや曖昧になっているようには思います。


インフィニティより、「ヴィジョンGTコンセプト」が登場


インフィニティより、「ヴィジョンGTコンセプト」が登場。
すでにアストン・マーティン、メルセデス・ベンツ、シボレー、スバル、VW、トヨタ、ミツビシが発表しており、日産も「将来のGT-R」というコンセプトで出してきていますね。
今回はそれとは別に「インフィニティ」からの登場ですが、他社のものと比べるとやや現実味が薄くインパクトにも欠けるように思います。

なお、上記の通り複数メーカーが「ヴィジョンGTコンセプト」を発表していますが、実車を公開したアストン・マーティン、VWはやはり印象に残っています(逆に言うと他は余り印象に残っていない)。


クライスラーがSRT トマホーク・ヴィジョン・グランツーリスモの動画を公開

60440286859933746

クライスラーがSRTトマホーク・ヴィジョン・グランツーリスモを公開。
クライスラーは「トマホーク」の名称が比較的気に入っているようで、以前にもモンスターバイクに「トマホーク」の名を付けていましたね。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >ブガッティ(BUGATTI), >日産/インフィニティ(Infinity), >マツダ(MAZDA), >ミニ(MINI)
-, ,