>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

【競売】生産わずか57台!BMW最初の「CSL」、3.0CSL"バットモービル"。しかも4台のみしか生産されなかったタイガ・グリーン

投稿日:2019/09/05 更新日:

| BMWのハイパフォーマンスカーの歴史を語る上では絶対に外せない |

歴史に残る名車といえるBMW 3.0CSLシリーズ2、通称「3.0CSLバットモービル」が米中古車売買サイトBring A Trailerに登場。

これは1974年モデルで、シリーズ2は57台が生産されたと言われますが、この個体はそのうちの一台をレストアしたもの。

CSLとは「Coupe、Sport、Lightweight」をあらわしており、3.0CSLは1971年に発売された3.0CSを大幅に軽量化した、ツーリングカー選手権参加のためのホモロゲーション取得用モデル。
ボンネットや左右のドアをアルミにするなど現代の「M」にも通じる手法を採用するほか、ルーフやノーズ部分のパネルの厚みを削ったり、サイドウインドウをアクリル製に、そして前後ウインドウは薄肉化するなどの手法を取り、車体重量は1,365キロから1,165キロへ。※このプロジェクトを牽引したのは、クライスラー・プロウラーや、ダッジ・ヴァイパーを発売したボブ・ルッツ

| フロントバンパーの重量はわずか2キロ |

「シリーズ2」は1972年に登場していますが、シリーズ1に比較しフロントスポイラーが大きくなり、巨大なリアウイングを取り付け、ボンネット上にはフィンを追加。

なお、3.0CSLはシリーズ3までが発売されていますが、こちらはリアにオーバーフェンダーを装備し、リアウイングの代わりにトランクリッドスポイラーが装着されています。

1975-BMW-3.0-CSL-Batmobile1-1-1087x725

なお、この3.0CSLは「初代CSL」としても知られ、BMWはこのクルマを重要な資産だと位置づけています。
実際に2015年には、コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステにて「3.0CSLオマージュ」を発表していますね。

そしてこの3.0CSLオマージュを見ると、フロントフェンダー上にはフィン、リアには大きなウイングが取り付けられており、3.0CSLのうち、「シリーズ2」を強く意識していることもわかります。

さらにBMWは「CS」「CSL」を今後拡充させるとのコメントも発表しており、その元祖となる3.0CSLは今後その価値を上昇させるのかもしれません。

そこで今回の3.0CSL”バットモービル”ですが、シリーズ2に装着される大型フロントスポイラー、リアウイングが映画「バットマン」に登場するバットモービルを連想させることからそう呼ばれており、もちろん正式名称ではなく、これは「愛称」。

c23734bc-bmw-3.0-csl-batmobile-7

ボディカラーは4台のみしか製造されなかったという「タイガ・グリーン」。

f7526a5d-bmw-3.0-csl-batmobile-4

とにかく軽量化を優先してつくられており、カーペット、車体の防錆加工までも簡略化されるという徹底ぶりです。

0a8330df-bmw-3.0-csl-batmobile-1

そしてやはり軽量化のためにボンネット、トランクのラッチまで外され、「ボンピン」による固定へと改められています。

22c09d75-bmw-3.0-csl-batmobile-5

まさにこのウイングは「バットモービル」。

33df8d9c-bmw-3.0-csl-batmobile-9

現在のオーナーはこの車両を購入後、ボディペイントを含むレストアを行っており、オリジナルのボディカラー「タイガ・グリーン」への再ペイントほか、「バットモービル」エアロキットもしっかり再現。
なお、走行距離は74,000キロを指している、と紹介されています。

a27c5500-bmw-3.0-csl-batmobile-12

こちらがフロントフェンダー上の整流用フィン(ブラックのパーツ)。

bd0169d6-bmw-3.0-csl-batmobile-18

エンジンはもともと3リッター直6ですが、現在のオーナーは4年前に3.5リッターへとエンジンを換装済み。
さらにこの3.5リッターエンジンは、もともと3.2リッターだったものをテリー・ティニー・パフォーマンス・モータースがボアアップしたもので、しかしエンジンも近い年式の「1973年製」を選んでいる、とのこと。
組み合わせられるトランスミッションは4速マニュアル、そしてLSDも装着済みです。

0318a55e-bmw-3.0-csl-batmobile-21

BMW 3.0CSLバットモービルのインテリアはこうなっている

この3.0CSLのインテリアも外装同様に美しくレストアされ、まさにコンクールコンディション。
実際に2015年の「レジェンド・オブ・アウトバーン」にて最優秀賞を獲得したことがあるほか、2019年のサンマリノ・モータークラシックでは3位に輝いている、とのこと。

b34f661a-bmw-3.0-csl-batmobile-20

販売自体はオークション形式が取られ、2日を残して現在の最高入札価格は1400万円ほどとなっています。

eaba6b8f-bmw-3.0-csl-batmobile-19

VIA:Bring A Trailer

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.