>アウディ(Audi) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >シトロエン/DS(CITROEN/DS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus) >その他ポルシェ関連/ニュース >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■ニュース

2019年8月の輸入車登録状況。コンパクトクラスだとデザイン的特徴のあるシトロエンが伸び、スポーツカーではマクラーレンが継続して大きな成長を記録

投稿日:2019/09/06 更新日:

| フェラーリの安定感は特筆モノ。ランボルギーニはもっと伸びても良さそうだ |

さて、2019年8月の輸入車登録ランキング。
大きな変動はないものの、少しづつその勢力図が変わってきて売る様子がわかります。

上の方だとアウディがミニを逆転して4位に返り咲き、ジープはその販売台数を伸ばし続けてボルボを捉えんばかりの勢いです。
たしかに最近ジープ(とくにラングラー)を目にすることは多く、カスタムされたラングラーも珍しくありません。

参考までに、ぼくはかつてジープ・ラングラーを買おうと考えたこともあったものの、その最小回転半径に不安があり、一度借りて自宅駐車場に入れようとしてみたところ、3~4回切り返す必要があることが判明し、やむなく購入を断念しています。

やはり輸入車はデザインがモノを言う

そして気づくのはプジョー(前年比122%)、シトロエン(174.6%)、DS(203.8%)の伸び。
これらは欧州だと実用車に分類されるものの、日本ではやはり輸入車ということで、実用品としてよりも嗜好品として選ばれる傾向があります。

そして嗜好品となると重要なのが「デザイン」。
プジョーはちょっと前の3008から大きくデザイン路線が変更され、これがヒット。
今後は208のモデルチェンジも控えていて、継続して伸びることになりそうです。

そしてシトロエンもデザインが大きく変わったブランドの一つで、現行C3(もともとはC4カクタス)に始まったポップな路線がこれまた大ヒット。
DSも同じく、現在の高級路線が受け入れられているようですね。
そう考えると、とくにデザイン的特徴のないルノーはちょっと厳しい時代を迎えるのかもしれません。

つまり、「デザインがいいかどうか」で売れ行きが大きく変わるのがコンパクトクラスの輸入車であり、そこに「機能」「性能」という要素はあまり含まれていない(考慮されていない)ようにも思われます。

そして高価格帯になればなるほど「ブランド性」が重要視されるのも輸入車の特徴ですが、そこで強力なのがフェラーリ。
8月は75台を売って前年比127%の成長となっていますが、これはフェラーリのグローバル販売の成長率よりも高い数字であり、ここしばらくは同じような伸び率を記録。

フェラーリはブランド価値を維持するために販売台数を制限していますが、日本が世界よりも伸びているということは、他に伸びていない国があったり、「販売を制限されている」国がある、ということなのかもしれません。

なおランボルギーニは41台、そして前年比113.9%の成長ですが、ウルスの納車が始まっていることを考えると、もっと伸びても良さそう。

そして驚異的な伸びを見せているのはマクラーレンで、前年比281%増の31台を記録しています(ここしばらく、マクラーレンは高い成長を記録している)。

2019年8月の輸入車販売状況を見てみよう

そしてこちらが2019年8月における輸入車登録ランキング。
日本市場から撤退したフォード(並行輸入?)のほうが、まだ日本で正規販売されているシボレーよりも台数が多いというのはちょっと皮肉な現実かもしれませんね。

1.メルセデス・ベンツ 4,290台 前年比90.4% 
2.
 フォルクスワーゲン 3,231台 前年比88.3% 
3.BMW 3,657台 前年比111.0%  
4.アウディ 2,029台 前年比96.8% 
5.ミニ 1,816台 前年比102.4%
6.ボルボ 1,313台 前年比109.1%
7.ジープ 1,221台 前年比148.9% 
8.プジョー 697台 前年比122.9%
9.ポルシェ 457台 前年比94.8% 
10.
 ルノー 431台 前年比90.2% 
11.フィアット 362台 前年比97.1% 
12. シトロエン 337台 前年比174.6%  
13.ランドローバー 325台 前年比153.3% 
14.アバルト 190台 前年比113.8% 
15. アルファロメオ 168台 前年比80.8% 
16.ジャガー 146台 前年比63.5% 
17.
 DS 106台 前年比203.8%  
18.スマート 91台 前年比46.9%  
19.マセラティ 90台 前年比121.6%

20.フェラーリ 75台 前年比127.1%   
21.ランボルギーニ 41台 前年比113.9% 

22.フォード 32台 前年比86.5%
23.マクラーレン 31台 前年比281.8%  
24. ロールスロイス 29台 前年比161.1%  
25.
 シボレー 27台 前年比39.1% 
26.ベントレー 27台 前年比112.5% 
27.ダッジ 26台 前年比72.2%  
28.
 アストンマーティン 27台 前年比100.0%  
29.アルピナ  26台 前年比200% 

30. キャデラック 24台 前年比92.3%  
31. ロータス 11台 前年比73.3%  

輸入車合計 21,389台 前年比100.7%

VIA:日本自動車輸入組合

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->アウディ(Audi), >シボレー(CHEVROLET), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >シトロエン/DS(CITROEN/DS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE), >フェラーリ(Ferrari), >ベントレー(Bentley), >フォード(FORD), >スマート(SMART), >マクラーレン(McLaren), >マセラティ(Maserati), >プジョー(PEUGEOT), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >ミニ(MINI), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), >ロータス(Lotus), >その他ポルシェ関連/ニュース, >ロールスロイス(Rolls-Royce), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.