>その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェが918スパイダー後継、新型ハイパーカーについて語る。「ポルシェは全てにおいてトップでなくてはならない」。出力1000馬力以上のEVとなる可能性が大

| リマックへの出資比率を引き上げたことでポルシェの将来は大きく先進 | ポルシェはリマックとの関係性を強め、出資比率を10%から15%へと向上させていますが、これによってポルシェ918スパイダー後継の具体性が増した模様。ポルシェは918後継、そしてそのフラッグシップたるハイパーカーについては「技術的ブレイクスルーがなければ作らない」とコメント。具体的には次世代技術、つまりエレクトリック技術が向上しなければハイパーカーはつくらないということで、現在のエレクトリック技術ではポルシェの満足するレベルの性能を発 ...

ReadMore

>ミニ(MINI) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

これ流行っとるん?ミニがロールスロイスの技術を取り入れた「常に正しい方向を向く」ホイールセンターキャップを純正OPとして発売

| フランクフルト・モーターショーにて発表された”キモ入り”オプション | 現在MINIはロールスロイスとともにBMWグループに属していますが、ロールスロイスに採用されている「いつも文字が読める方向を指しているホイールセンターキャップ」がミニの純正オプションに登場。これはセンターキャップ内にウエイトとベアリングを装着し、静止していようがホイールが回転していようが常に同じ方向をキャップが向くようにしているものですね。 こちらもオススメ、関連投稿10選アルピナは過去に「高級なミニ」を作ろうとしていた!ちなみに ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

新型トヨタGRスープラに試乗!予想していたよりもマイルド、そしてBMWっぽい出来栄えを持ったクルマだ

| トヨタは86を練習機、スープラを戦闘機と表現した意味がようやくわかった |  さて、新型トヨタ・スープラに試乗。グレードは3.0RZ、ボディーカラーはディープブルーメタリック、インテリアはアルカンターラ+本革(イグニッションレッド)。新型スープラに用意されるグレードは2リッターターボ/197馬力のSZ(4,900,000円)、2リッターターボ、しかし258馬力のSZ-R(5,900,000円)、3リッターターボ/340馬力のRZ(6,900,000円)。 価格だけ見ると新型スープラは相当に高価ですが、 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley) ■服や小物、時計、雑貨など

ベントレーがテキサス・カウボーイ向けの限定モデル「ベンテイガ・ステットソン」発表。アメリカNo.1ハットメーカーとの協業にて西部風の仕上がりに

| さらには内装カラーと同じ仕様のカウボーイハットが付いてくる | ベントレーがカウボーイハットで有名なアメリカの帽子メーカー、「ステットソン(STETSON)」とのコラボレーションにて”ベントレー・ベンテイガ・ステットソン・スペシャルエディション”を発表。残念ながらこの車両が販売されるのはアメリカ国内のみ、さらに言うとベントレー・ダラス(ベントレーの正規ディーラー)のみでしか購入できない、とのこと。 こちらもオススメ、関連投稿10選ベントレーもブラック。フライングスパーにチョイ悪な「ブラックエディション ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など >その他ポルシェ関連/ニュース

次期ポルシェ718ケイマン?このまま発売されても違和感ナシ!タイカンを2ドアスポーツ化したレンダリングが公開に

| おそらく718ケイマン、ボクスターは現行モデル限りでガソリンエンジンとはおさらば | 話題の新型車が発表されると様々な「もしも」系レンダリングが公開されますが、今回はCGアーティスト、Kleber Silva氏がポルシェ・タイカンをベースにした「ポルシェ製エレクトリックスポーツカー」のレンダリングを作成。フロントはタイカン、Aピラー以降は718ケイマン、テールはまたタイカンという具合のミックスですが、これが意外に良くできていて、オフィシャルフォトと言われても信じてしまいそうなくらい。 ポルシェ初のEV ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ポルシェ・ケイマン関連 >ベントレー(Bentley) >フォード(FORD) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■近況について ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港ではこんなクルマが走っている(1)!ポルシェとハードなクロカン4WD増加中、サルーンではメルセデス・ベンツが好まれているようだ

| 基本的に香港は「クルマ好き」な土地柄だ | さて、用事があり香港へ行ってきましたが、相変わらず香港では様々なクルマが走っていて目を楽しませてくれます。メーカーで「もっとも多い」と感じるのはメルセデス・ベンツで、今も昔もこれは同じ。その他多いのはポルシェですが、こちらはマカンの数が異常に多く感じられます。ここで香港ではどういったクルマが走っているのかを紹介してみたいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿10選香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている【動画】ボクの持 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

新型ランボルギーニ・ミウラが発売されたら?。フェンダーミラーの代わりに”フェンダーカメラ”装着の現代版ミウラがCGにて登場

| おそらくランボルギーニ自身もミウラの復活を考えているはずだ | 「もしランボルギーニ・ミウラのニューモデルが登場したら」。それは誰もが一度は夢想したことがあるひとつの希望だと思いますが、今回レンダリングアーティスト、ルパートデザインがその夢をCGにて実現。そのシルエット、ディティールに至るまで、1966年登場のオリジナルを忠実に再現ししています(フェンダーミラーの代わりにフェンダーカメラ、そしてウインドウ下部にクロームのストリップがあるところが渋い)。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるの ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >スバル(SUBARU)

どこへ行くレクサス!高級ヨットを発売した後、「次は空だ。陸海空を制覇する」。航空宇宙産業部門を持つスバルと提携しジェット機を発売?

| トヨタは総合モビリティブランド、そしてレクサスはライフスタイルブランドへとシフト | レクサスは先日、ブランド初のラグジュアリーヨット「LY650」を発表していますが、同時に「ライフスタイルブランド」への移行も発表しています。もしかすると今後「自動車が売れなくなる(個人で所有せずにシェアされる)時代」が来る可能性を考慮し、自動車以外の道を模索しているのかもしれません。なお、こういった「息の長い展開」ができるのは、トヨタの社長が代々「一族出身」であり、これからもそれが続くであろうことが関係している、と考 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連

【動画】ポルシェを破るとしたテスラ。しかしアタック用のモデルSが故障しレッカーされる横をポルシェ・タイカンがスローで通り過ぎる・・・

| テスラはタイムアタックの日程を9月から10月に延期 | テスラはニュルブルクリンクへと「モデルSプロトタイプ・シャシー」にて挑み、ポルシェ・タイカンが記録した「EV最速タイム」を破るとしていますが、この挑戦は本来であれば今週水曜日〜土曜日にかけて行われる「はずだった」。ただし何らかの事情でそれが遅れ、代わりに10月早々に7分5秒というタイムを記録できるだろう、とTwitterへと投稿しています。ちなみにこのテスラ・モデルSは現在市販されているものとは異なり、2モーターに代えて3モーターを採用するもの。 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

さよならBMW i3。BMWが「もはやi3に残された時間は限られている。後継モデルは考えていない」と語る

| それでもBMW i3が果たした役割、貢献度は大きかった | BMWのマーケティングディレクター、ピーター・ノータ氏によると「BMW i3の後継モデルは開発しない」とし、さらに「i3に残された日々は限られている」とコメント。さらにピーター・ノータ氏によると、「現在、i3の後継について確固たるプランはない。我々は現在、よりメインストリームに対してエレクトリック化を進めている」。 BMW i3とi8との後継モデルは「無し」?それぞれが役割を果たしたとされライフ終了か こちらもオススメ、関連投稿10選BMWが ...

ReadMore



>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

新型ディフェンダー90/110発表!オフローダーなのになんだか可愛いルックスだぞ?しかし中身はGクラスも驚きの悪路走行性能を持っている

投稿日:

| 予想外のルックスで出てきたが、それはGクラスやジープと競合しないため? |

新型ランドローバー・ディフェンダーがついに発表。
先代(初代)ディフェンダーは1983年に登場し2016年まで生産されたロングセラーモデルですが、現在でも中古市場では高い人気を誇るクルマのひとつ。

(モデルチェンジまでが長い、従来型の人気が高いという)状況としてはメルセデス・ベンツGクラスとよく似ており、しかしランドローバーのデザイナー、ジェリー・マクガバン氏はモデルチェンジに際してGクラスとは異る方法を採用したようです。

つまり、「全く新しい」デザインに切り替えてきた、ということですね。

新型ディフェンダーのルックスはオフローダーにしては「キュート」

新型ランドローバー・ディフェンダーはメルセデス・ベンツGクラス、ジープ・ラングラーあたりがライバルとなる「ヘビーデューティーなオフローダー」(おそらくは新型フォード・ブロンコも)。

道なき道を走破することを目的として開発されているクルマですが、パっと見たデザインはワイルドというよりも「キュート」。
もしかするとライバルたちが「あまりにイカツい」ルックスを持つため、あえてそれらとは異なる路線を選んだのかもしれません。

land-rover-defender-2020my (11)

新型ディフェンダーのボディサイズは「90」「110」「130」の3種類あり、今回発表されたのは90と110(基本的な違いはボディの長さ)。

land-rover-defender-2020my (9)

両者とも共通し、フロントからサイドにかけて一直線に走る「ショルダー」ライン、そしてストンと切り落としたリアエンド、ルーフサイドにある「窓」は初代ディフェンダーから引き継いだ意匠でもありますね。

フロントフェンダーサイドのパネルはレンジローバー、そして樹脂製のフェンダーアーチ上部のカッティングはレンジローバーイヴォークと同じ形状を持ち、ランドローバーグループ各モデルとの共通性も見られます。

land-rover-defender-2020my (4)

ディフェンダー90のボディサイズは全長4,323ミリ、全幅1,999ミリ、全高1,927ミリ、ホイールベース2,587ミリ。
幅はともかく、全長はかなり短い、と言えますね。

land-rover-defender-2020my (2)

ランドローバー・ディフェンダー110はこんな感じ

こちらはディフェンダー110。
5ドアボディを持ち、そのイズは全長4,758ミリ、全幅1,999ミリ、全高1,916ミリ、ホイールベース3,022ミリ。

land-rover-defender-2020my (7)

そしてエンジンラインアップは下記の通り(どの市場にどのエンジンが導入されるかは各国での発表を待つしかない)。
エンジンはジャガーE-ペイス、レンジローバー・イヴォークと共有しており、その国に入っているエンジンを見れば、おおよそ「導入される」エンジンがわかるのかもしれません。

ガソリンエンジン
・2リッターターボ・・・237馬力(P240)
・2リッターターボ・・・296馬力(P300)
・3リッターターボ・・・394馬力(P400)※このエンジンのみハイブリッド
ディーゼルエンジン
・2リッターターボ・・・197馬力(D200)
・2リッターターボ・・・237馬力(D240)
・3リッターターボ・・・296馬力(D300)

駆動方式はもちろん4WDで、マニュアル式のセンターロックデフ、そしてオートロック機構付きのリアデフを装備。

なお、新型ディフェンダーはドイツのサーキット、ニュルブルクリンクにおいてもテストを行っていたことでわかるとおり、オフロード性能に加えて「オンロード性能」も重視し、快適性が高められているのも大きな変更点。

land-rover-defender-2020my (10)

新型ディフェンダーのオプション、グレードは?

新型グレードは上から「X」「HSE」「SE」「S」「スタンダード」で構成され、ホイールやヘッドライト、インテリアの装備(シートやオーディオ、トリムなど)がそれぞれ異なります。
なお、LEDヘッドライトはベースモデルにも標準装備され、上位グレードになると「プレミアムLED」や「マトリクスLED」が与えられるようですね。

land-rover-defender-2020my (8)

さらに「エクスプローラー」「アドベンチャー(6.5リッターのウォータータンクやホース、コンプレッサーが含まれる)」「アーバン(スペアタイヤカバーが装備されるなどオシャレに)」「カントリー(室内の収納が充実)」といったパッケージが用意され、オプションはディフェンダー90/ディフェンダー110発売時の時点ですでに「170アイテム」。
画像を見ても、シュノーケルやルーフラック、ボディサイドに取り付けるパニアバッグのようなものまで見られ(これは”エクスプローラー”に含まれる)、今後さらに増えくのま間違いなさそう。

land-rover-defender-2020my (1)

ランドローバー・ディフェンダーのオフロード性能は「世界トップクラス」

新型ディフェンダーのオフロード性能はもちろん「先代以上」。
エアサスを装備し、最低地上高は29センチを誇ります(メルセデス・ベンツGクラスでも24センチ)。
もちろん車高は調整が可能、とのこと。

アプローチアングルは38度、ブレークオーバーアングルは28度、デパーチャーアングルは40度。
あのジープ・ラングラーでもアプローチアングルは22.6度、デパーチャーアングルは37度なので、いかにディフェンダーの悪路走行性におけるポテンシャルが高いかがわかります。
なお、渡川可能な水深は90センチ(ラングラーは76センチ)だそう。

land-rover-defender-2020my (6)

そのほか、レンジローバー・イヴォークで採用された「透明ボンネット」、つまりちょうど車両のボンネット下に位置する地面をモニターに映し出すことで障害物を把握する「クリアサイトグラウンドビューシステム」も装備しています。

テレインレスポンスが最新バージョンとなり、渡川時に使用すると思われる”Wade”機能が備わったのもトピックのひとつ。

land-rover-defender-2020my

新型ディフェンダーのインテリアはこうなっている

オフローダーと言えども手を抜かない部分が「インフォテイメントシステム」(むしろオフローダーだからこそ必要なのかも)。
ディフェンダーには新しくPivi Proと呼ばれるインフォテイメントシステムが搭載され、10.0インチサイズのタッチスクリーンで操作が可能。
従来のシステムに比較し、50%操作にかかるステップが減少している、とアナウンスされています。

ちなみにインフォテイメントシステムのソフトウエアはWi-Fiを使用して「無線で」アップデートできる、とのこと。

land-rover-defender-2020my (13)

なお、ディフェンダー110は6人もしくは8人乗り、ディフェンダー90は6人乗り。
ディフェンダーならではの構造として、アームレストを跳ね上げるとシートになり、フロントに3人が座れる、という仕組みですね。

land-rover-defender-2020my (14)

フロアはラバー製で、ウォータープルーフなのかもしれません(川を渡る時、クルマが浮かないように水を意図的に入れてクルマを川底に設置させる場合もある)。

land-rover-defender-2020my (15)

インテリアは全般的にシンプル、そしてビスを意図的に見せるなどヘビーデューティーさも感じられます。
ジャガー・ランドローバーのほかのクルマに見られる「ピアノブラック」仕上げは見られず、ディフェンダー独特の仕様を持っているようですね。

land-rover-defender-2020my (12)

現時点ではディフェンダー90/ディフェンダー110の発売時期や価格については不明。
おそらくは間を置かずに発表されると思われるものの、先代ディフェンダーの価格設定や、独自の装備が多いこと、オフローダーとして妥協のない設計を持つことを考えると、「けっこう高いんだろうな」と思います。

land-rover-defender-2020my (16)

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.