■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

新型VWゴルフのフルヌード画像がリーク!フロントバンパーは「トヨタ・カムリ」似?

| 意図したわけではなく、偶然の一致だと思われる | 10月24日に正式発表を予定している次期フォルクスワーゲン・ゴルフ、通称”ゴルフ8”の画像がリーク。このモデルチェンジ版新型ゴルフについては、フォルクスワーゲンによる正式なティーザーキャンペーンが開始され、カモフラージュ付きながらもその姿が公開されているほか、プロモーション用画像/動画撮影風景も目撃されており、おおよその姿が判明している状態。ただ、これほど鮮明なリーク画像は今までに存在せず、「完全に」全容が捉えられています。今回リークされた画像を見るに ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

ランボルギーニ・ウラカンが登場から5年で「ガヤルドが10年かけて売った」14,022台を販売。ランボルギーニ歴代モデルの販売台数を調べてみた

| ミウラ、カウンタックはやはり売れていた。一番売れていなかったのはシルエット | ランボルギーニが「ウラカンの生産台数が14,022台に到達した」と発表。なんかえらいハンパな数字だぞ?という感じですが、この14,022台というのはウラカンの先代、「ガヤルド」がモデルライフ全期間中の10年(2003年〜2013年)で販売された台数。ウラカンは2014年の登場なので、5年間で「ガヤルドが10年で販売した台数」に達した、ということになります。そして記念すべき14,022台目のウラカンは後期モデルの「ウラカンE ...

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET)

新型C8コルベットは発表1週間前にニュルにアタックしていた!「目標をクリアしたが、今はタイムを発表する気はない」

| 現時点で発表されるコルベットは「ベースモデル」だけにタイムにはインパクトがない? | 新型シボレー・コルベットは開発に相当な時間をかけ、ニュルブルクリンクでの走行もその中に含まれますが、新型コルベットの開発を率いたエンジニア、マイク・ペトルッチ氏がMotor Authorityに語ったところによると、新型コルベットの発表を行った7月18日の1週間前に「ニュルブルクリンクでのタイムアタックを行っていた」とのこと。このチャレンジはコルベット・レーシングのドライバー、オリバー・ギャビン選手によって行われたも ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

早速マクラーレン620Rのプロトタイプが目撃!どうやら買いに行っても売ってもらえず「招待がないと」買えないようだ

| 現代では「招待制の限定スーパーカー」は珍しくない | 数時間前に情報が出てきたばかりのマクラーレン620Rですが、今回はさっそくそのプロトイプが目撃に。各エアロパーツの形状はピストンヘッズが公開した620Rそのままで、しかしこの車両は全体的にマットブラックのラッピングが施され、モノモノしい雰囲気に。なお、620Rは、570Sのレーシングカー版である「570S GT4」を公道走行可能な仕様へと手直ししたものであり、基本的なパーツはレーシングカーのままだと言って良さそうなハードコアマシン。

ReadMore

>ダイハツ(DAIHATSU) ■ニュース

ダイハツ・コペン”GRスポーツ”発表!レカロにBBS、補強に空力パーツ装備の本気マシン。オプションにはTRDパーツもラインアップ

| なんとパフォーマンスダンパーまでも用意するという気合の入れよう | ダイハツが「コペン」に”GRスポーツ”を追加。「GR」といえばトヨタではあるものの、現在ダイハツはトヨタの完全子会社(2016年8月から)なので、こういった「両社間の乗り入れ」が起こりうるわけですね。「GR」は「Gazoo Racing」を表しますが、Gazoo racing名義のクルマの中にはいくつかの種類があり、たとえば「GR Sport」はそのモータースポーツのDNAを車両に反映させたもので、「GR」はモータースポーツへの参加を ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバル北米史上、「もっとも高い出力」を持つWRX STI S209のスペック公開!製造できるのは日に3台、価格も「もっとも高い」700万円

| もっともパワフルなWRX STIはもっとも高価だった | スバルは北米限定モデルとして「WRX STI S209」を投入していますが、その確定スペックを公式に発表。これは「限定209台」という少量のみが限定販売されるクルマで、日本でも発売された「S208」同様の使用を持つスペシャルモデル。ただしエンジンは日本のS209に積まれている「EJ20」ではなく、北米にてWRX STIに採用されている「EJ25」をベースにしています。そしてそのエンジン出力は345馬力にまでアップされ(S208は329馬力)、北 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWが「ランボルギーニ売却」を即刻、かつ公式否定。ランボルギーニの販売台数はVWグループ内でわずか1/933、しかし時価総額だと1/8を占める”優良ブランド”

| とりあえずは安心した | 数日前、米ブルームバーグが「フォルクスワーゲングループが、ランボルギーニブランドの売却を検討している」という報道を行ったばかりですが、これに対してフォルクスワーゲンが正式に「否定」を行っています。これはフォルクスワーゲンのスポークスパーソンがロイターを通じて声明を発表したもので、「ランボルギーニの売却、もしくはIPO(株式公開)という計画はない」というシンプルなもの。なお、このコメントが出されたのは休業日である「日曜日」で、かつランボルギーニからではなく、フォルクスワーゲンが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが「620R」発表予定。公道走行可能ながらも、中身は570S GT4譲りの”ほぼレーシングカー”だと報じられる

| すでにディーラーには情報が伝わっているようだ | マクラーレンが「スポーツシリーズ」のトップレンジに位置する「620R」を発表する見込み。これはカーメディア、ピストンヘッズが報じたもので、レーシングカーの”570S GT4”のロードバージョンという位置づけとなりそうです。ただ、現在のところマクラーレンから正式発表はなく、限定台数や価格についてのアナウンスは「ナシ」。マクラーレンは現在、「セナ」「スピードテール」が属する”アルティメットシリーズ”、「720S」が属する”スーパーシリーズ”、そして540や ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

ポルシェが「タイカン4S」発表!「タイカン・ターボ」の2/3の価格、しかし走行距離はほぼ同じ、パワーは140馬力ダウン

| ポルシェは今後も矢継ぎ早にタイカンのバリエーションを発表してきそうだ | ポルシェはつい先月、ブランド初のエレクトリックカー「タイカン・ターボ」「タイカン・ターボSVJ」を発表したところですが、今回は「タイカン4S」を発表。ポルシェのグレード構成としては「ベースモデル」「S」「GTS」「ターボ」「ターボS」という並びを持っており、よって今回のタイカン4Sはベースグレードのひとつ上、そして4WDということになります。タイカンSの出力は「オーバーブースト」使用時で530馬力、オプションのパフォーマンスバッ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■ニュース

ポルシェがケイマンGT4に受注期間限定モデル「スポーツカップエディション」追加。モータースポーツを意識した「白黒赤」

| 残念ながら発売されるのはドイツ国内のみ | ポルシェが718ケイマンGT4に「スポーツカップエディション」を追加(残念ながらドイツ本国のみ)。これは週末にホッケンハイムにて開催されたワンメイクレース「ポルシェ・スポーツカップ」最終戦の場で公開されたもので、「期間限定受注モデル」。受注期間についてはアナウンスがありませんが、ベースとなる718ケイマンGT4そのものも生産台数が少ないとされるので、「けっこう短い期間」なのだと思われます。なお、販売されるのはドイツ国内のみですが、同様のワンメイクレースを開催 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニはシアンFKP37に搭載されたハイブリッドシステムをアヴェンタドール、ウラカン後継に採用?いったいどんなシステムなのか

投稿日:2019/09/17 更新日:

| スーパーキャパシタ採用はスーパーカーにとっては理想的 |

ランボルギーニは初の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表していますが、このハイブリッドシステムは「近い将来のランボルギーニ」に使用されることになる可能性が高そう。

そしてこのシアンFKP37の使用されるハイブリッドシステムは、多くのクルマが採用する「リチウムイオンバッテリー」のかわりに「スーパーキャパシタ」を採用していることが特徴です。

キャパシタとはなんぞや

そこでこの「キャパシタ」ですが、これはいわゆるコンデンサ(電気二重層コンデンサ)。
電気を通電させておけば、そのキャパシタの容量に応じた電力を蓄え、必要に応じて放出させることができるもの。

ぼくはカーオーディオ用の電源安定化対策としてこのキャパシタを使用していますが(このあたりは説明が長くなるので割愛)、かなり小さなものでもけっこうな蓄電能力があり、というのもぼくは作動確認用のLEDをキャパシタに取り付けているのですが、クルマのエンジンを切った後もかなり長時間、キャパシタ内の電力にてこのLEDが点灯しているため。

そしてぼくはこのキャパシタを、ヘッドユニットの電源ケーブルのほか、バッテリー直接、そしてシガーライターソケットにも小型化したものを取り付けています(かつて、キャパシタに凝った時期があった)。
こちらは以前に乗っていたランボルギーニ・ガヤルドのバッテリーに取り付けていたキャパシタ(茶色い筒のようなもの)ですが、見た目が爆弾のような雰囲気なので、よく「これ大丈夫なんですかね?」と聞かれたことを思い出します。

p3

ちなみにキャパシタは「爆発」すると相当な威力があると言われ、絶対に極性を間違えてはいけない製品のひとつですが、爆発防止のため、なにか問題があると自壊してそれを防ぐためのフェールセーフ機構も(通常は)装備されています。

ランボルギーニ・シアンFKP37に搭載されるハイブリッドシステムとは

そしてシアンFKP37に使用されているスーパーキャパシタについて、これは「34馬力」のモーターを駆動できるので、かなり大きなものと思われます。
装着されるのはリアバルクヘッド内で、これは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するデロリアンに装着されていた次元転移装置のような位置(そして需要なデバイス)ですね。

加えて、このキャパシタは「リチウムイオンバッテリーの3倍の蓄電能力を持ち、重量も1/3」という特徴があり、ハイブリッドシステム全体で非常に軽量に仕上がることも特徴です。

a4

なお、このモーターは48Vの電圧に駆動され、ギアボックスにマウント。
重量は34キロとされるのでけっこう重い数字ですが、低速時にはモーターのみでの走行ができるとのことで、ちょっとした移動や駐車にはありがたい、と思います。

d93e2997-lamborghini-sian-frankfurt-2

ちなみにこのモーターはスターターとの入れ替えになるのかどうかは不明(そうすれば車体重量はちょっとでも軽くなる。いわゆるマイルドハイブリッドは殆どの場合、駆動用モーターとスターター用モーターを兼用する)。

226d04b7-lamborghini-sian-frankfurt-39

そしてこのモーターは加速時など「急激なトルク」が必要な場合にエンジンをアシストする役目を担い、ターボエンジンに比較して不利な、自然吸気エンジンのトルクを補うことになるわけですね。

ce919fd2-lamborghini-sian-frankfurt-14

現在、ガソリンエンジンに対する締め付けは非常に厳しく、よって多くのメーカーが大排気量エンジンを捨ててダウンサイジングターボへと走り、もしくはハイブリッド化するメーカーも。

c239011a-lamborghini-sian-frankfurt-47

これはもう止めることのできない流れではあり、そこでランボルギーニはV12エンジンを存続させるためにこの「ハイブリッド化を行った」ということになり、つまりはこれで多少なりとも排ガスがクリーンになっている、と考えて良さそう(でないと意味はない)。

503a63d2-lamborghini-sian-frankfurt-31

これをもってランボルギーニはV12自然吸気エンジンを存続させるためのエクスキューズとするはずですが、もちろんこのシステムは「同じだけの出力を持つほかのハイブリッドシステム」に比較して圧倒的に軽量に仕上がっているのは間違いなく、「かなり期待できる」ハイブリッドだと言えそう。

cc76e77b-lamborghini-sian-frankfurt-49

なお、リチウムイオンバッテリーをモーター駆動用の電源としたとき、その劣化や、技術革新による相対的な性能低下が心配であり、それはスポーツカーにとって「致命的」。

548ee9d4-lamborghini-sian-frankfurt-37

劣化したバッテリーを載せて走ることはどうしても避けたく、しかしキャパシタだとそういったことにもならず(性能劣化が少なく、性能の進化も今後はさほどないと思われる)、必要な場合にはリチウムイオンバッテリーとは比較にならないほど簡単に交換ができるものと思われます。

bd44afc0-lamborghini-sian-frankfurt-44

ぼくはEVにしばらく乗った経験から「リチウムイオンバッテリーを使用したハイブリッド」には懐疑的でしたが、今回ランボルギーニがリチウムイオンバッテリーを使用せず、スーパーキャパシタを使用してきたことについては「本当に良かった」とも考えています。

ただ、気になるのはその価格で、アヴェンタドール、ウラカンの後継モデルにこれが採用されるとしても、そもそもの素材や製造コストの増加、エンジン本体の環境対応のための改良費用、そしてこのハイブリッドシステム追加ということを考えるに、「軽く数百万円」の価格アップがありそうですね。

eb360c20-lamborghini-sian-frankfurt-28

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.