■新型車情報/スパイフォト/噂など >スズキ(SUZUKI) ■バイク(自転車/自動二輪)

スズキが東京MSの布陣を公開!新型スポーツコンセプト、次生代モビリティなど「これからの100年」を示すクルマたちが登場

投稿日:

| スズキは2020年で100周年を迎える |

スズキが、10月24日から開催される第46回東京モーターショー2019にて展示する内容を公開。
出展テーマは「WAKU WAKU SWITCH for EVERYONE つくろう、あなたのワクワクで、みんなのワクワクを。」

スズキは2020年の創立100周年を迎えるそうですが(マツダと同じ)、今回の出展は次の100年に向けた提案だと述べています。
なお、出展テーマには”スズキが提案する小さなクルマだからこそできるワクワクのある毎日をお客様に提供する”という意図があるようですね。

スズキの第46回東京モーターショーの展示内容はこうなっている

第46回東京モーターショーの展示内容としては、パーソナルコンパクトPHEV「WAKUスポ」、モバイルルーム自動運転車「HANARE」、軽クロスオーバーワゴン「ハスラー コンセプト」、新開発油冷エンジンを搭載するロードスポーツバイク「ジクサー SF 250」 のほか、クロスビー、ソリオ バンディット、エスクード、ジムニーシエラ、スイフトスポーツ、SX4 S-CROSS、スペーシア ギア、スペーシア カスタム、ジムニー、アルト、ワゴンR、スーパーキャリイを展示。
加えて 軽トラック「スーパーキャリイ」の荷台を使用して、”軽トラ市(屋台のようなもの?)”を模したスズキの用品販売コーナーを設ける、としています。

WAKUスポ(ワクスポ)

まずは「いつでも、誰でも、どこへでも。楽しさ、ワクワクをシェアリング」というコンセプトのパーソナルコンパクトPHEV、”WAKUスポ(ワクスポ)”。
スズキによると、その特徴は下記の通り。

・世代を超えて、日常使いでも趣味使いでも、一台で楽しさ、ワクワクを家族内でシェアリングできるパーソナルコンパクトPHEV。
・Aセグメントのコンパクトボディーに、車体形状、フロントマスク、インテリア表示コンテンツを切り替えるワクワクスイッチを搭載。一人ひとりの楽しさ、ワクワクに応えてクルマが変化し、みんなで共有できる未来の「小さなクルマ」を提案する。
img01

レトロな外観を持っていますが、WAKUスポの「スポ」はおそらくスポーツカーの「スポ」だと思われ、かつ「Aセグメント」ということで軽自動車よりも大きなクルマということになりますね。

スズキはエレクトリック分野含む幅広いジャンルにおいてトヨタとの提携を発表しており、ぜひ実現して欲しいクルマのうちの1台でもあります。

HANARE(ハナレ)

”誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できる
モバイルルーム自動運転車”というコンセプトの「ハナレ」。
家の「離れ」をイメージしており、空間を強く意識したクルマのようですね。

・AI、ロボットによる超効率化社会の中でも、「人のつながり」や「人のこだわり」など、人間らしい欲求を大切にし、クルマを所有する新たな喜びを提案する自動運転車。
・家の「離れ」のようなほどよい大きさの室内空間が移動することで、運転以外の楽しさ、ワクワクを提案。
ライフスタイルが更に多様化する未来において、様々な使い方や利用シーンに対応し、一人ひとりのワクワクにスイッチ。
img02

HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)

発売後時間が経過しようとも、いかにライバルが登場しようともその優位性が揺るがないハスラー。
スズキは「市販モデル」としてもハスラーの派生モデルを積極的に投入していますが、今回は「もっと遊べる、もっとワクワクできる軽クロスオーバーワゴン」というテーマのシックなハスラー”コンセプト”を展示。

・ 機能を追求したスタイルと、新境地を開拓してきた個性的なキャラクターを融合させた、もっと遊べる「ハスラー」のコンセプトモデル。
・「このクルマがあればもっと遊べる」「このクルマと一緒なら毎日がもっと楽しくなる」日常から遊びのシーンまで毎日がもっとワクワクするクルマを提案する。
img03

HUSTLER CONCEPT(ハスラー コンセプト)その2

そしてもう一台の「ハスラーコンセプト」はよりアドベンチャーな仕様。
ハスラーらしい外観を持つアクティブなコンセプトカーですね。

遊べる軽”、“カラフルポップ”、“楽しさ、ワクワク”といったハスラーらしさと、新たな要素として取り込んだ“タフさ”、“力強さ”を際立たせたコンセプトモデル。
気分の盛り上がるカラーリング、デカールやルーフラッピングなどのファッショナブルなアクセント、遊び心を表現するルーフラックで、都会からアウトドアまでどこでも楽しめるファッショナブルなアーバンアウトドアスタイルを提案する。
img04

エブリイどこでもベビールーム with コンビ

そして「子育て支援や災害時にも活用できる軽商用車」がテーマの”エブリイどこでもベビールーム with コンビ”。
文字どおりベビー用品メーカーの「コンビ」とのコラボレーションモデルとなります。

・軽商用車「エブリイ」をベースに、ベビー用品を扱うコンビ(株)とコラボレーションしたコンセプトモデル。
・社会に役立つ軽商用車として、屋外イベント会場や災害時の避難所等で、安心しておむつ替えや授乳ができる車両を提案する。
img05

ジクサーSF250 / ジクサー250

そしてスズキは、得意の油冷エンジンを復活させたスポーツバイク、「ジクサー(GIXXER)250」の市販モデルも東京モーターショーに展示。
製造はインドのスズキ工場において行われますが、そのぶん価格は「抑えられる」ことになりそうです。

ジクサー250はネイキッドでGSX-R風のデザインが特徴。

big_1823881_201909301738070000001

ジクサーSF250はフルカウルとなり、スズキらしい一体感のあるデザインですね。

big_1823877_201909301736000000001

VIA:SUZUKI

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >スズキ(SUZUKI), ■バイク(自転車/自動二輪)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.