>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

その価格1000万!軍用メルセデス・ベンツGクラスをカスタムした車両がイケてる件

投稿日:2019/10/20 更新日:

| ときどき、こういった車両がたまらなく欲しくなる |

軍用メルセデス・ベンツGクラスのカスタムカーが公開に。
これはエクスペディション・モーター・カンパニーが公開したもので、1992年製のGクラス(250GD)をベースにレストモッド(レストア+カスタム)しています。

なお、メルセデス・ベンツGクラスのルーツはもともとが「軍用」。
NATO軍に採用されていた「ゲレンデヴァーゲン」をメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲンとして1979年に民生用として発売したのが源流となります。

ちなみに製造しているのはオーストリアのマグナ・シュタイヤー(マグナ・シュタイア)で、これは新型トヨタGRスープラを製造しているのと同じ工場(ここは多くの自動車メーカーから開発や生産を請け負っている)。

マグナ・シュタイヤーのルーツは銃器工場

マグナ・シュタイヤーのルーツはかなりややしく、モトをたどると1864年にヨーゼフ・ヴェアンドルが1864年に設立した銃器工場がその発祥のようで、1926年にシュタイヤー・ヴェアク、1934年にはシュタイヤー・ダイムラー・プフと組織が変更され、この際に「ダイムラー」の資本が入ったものだと思われます。

参考までに、映画「ブレードランナー」でデッカードが使用した拳銃、通称「デッカードブラスター」はシュタイヤー・ダイムラー・プフの製造となっていますが、これは劇中でそういった設定だったわけではなく、映画の小道具担当がロサンゼルスの銃砲店で入手してきた「ベースモデル」がシュタイヤー・ダイムラー・プフ製であったためだと考えられます。↓銃身にSTYER-DYMLER-PUCHの刻印がある

db30

デッカード(留之助)ブラスターついに完成!「使用感」を追求した百戦錬磨仕様に

話がそれましたが、その後会社は吸収合併を繰り返して巨大化し、カナダのマグナ・インターナショナルに買収された際に「マグナ・シュタイヤー」となった模様。

そんなわけでシュタイヤー・ダイムラー・プフで開発され、製造されているのがメルセデス・ベンツ・ゲレンデヴァーゲン、のちのGクラス(改名によってGクラスとなったもので、別モデルやモデルチェンジ版ではない)。

今に至るまでモデルチェンジを行わず(2018年に登場した”新型”Gクラスはフェイスリフト扱い)、38年も販売され続けているという異例中の異例モデルだと言えますね。

カスタムに要したのは延べ1000時間

そして今回の「モハーヴェ・シルバー」にペイントされたGクラスですが、この車両はいったん車体を完全分解し、そこからレストアを行いつつ組み上げたもの。
エンジン、トランスミッション、アクする(車軸)、デフ、ブレーキ等は新品へと置き換えられ、事実上の新車ということになりそうです。
さらにはウォーターポンプなどの補機類は「アップグレード」されている、とのこと。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (1)

そして「アップグレード」は機械的な部分のみにとどまらず内外装にも及んでおり、LEDヘッドライト、グリルやバンパーなどはオリジナルデザインに。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (2)

ボディカラーの「モハーヴェ・シルバー」はマット仕上げのメタリックグレーのようですが、ホイールやモール、バンパー類はブラック、インテリアはブラウン。
わかりにくいものの、ホイールにはレッドの細いラインが入っているようです。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (7)

テールランプも「LED」採用の最新デザインに。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (9)

ルーフは「キャンバス」で取り外しも可能。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (10)

ヘビーデューティーなシュノーケルつき。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (11)

フロントアンダーにはロックガード。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (13)

リアのジェリカンがなんともナイス。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (3)

ホロはレトロな固定方法を採用しており、エレガントな雰囲気すら感じられますね。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (14)

サイドを巻き上げるとこう。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (12)

インテリアはシンプル&ゴージャス

インテリアは当時の仕様に倣い非常にシンプルで、しかし使用される素材にこだわることで上質さが感じられる仕上がりに。
レザーのほか、ウッドも使用されていますね。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (6)

ステアリングホイールはシボのあるレザーで巻かれ、ステッチにはブラウンが採用。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (15)

LED照明も内蔵。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (5)

フロアの一部はウッド。
耐水性を考慮したものだと思われますが、レザーも「ウォータープルーフ」なのかもしれません。
なお、金属部分はサンドブラストっぽいザラついた仕上げを持ち、高級感が感じられるとともに耐スクラッチ性も向上させているものと思われます。

mercedes-benz-250gd-by-expedition-motor-company (18)

なお、仕上げを見ても分かる通り、この車両の価格は当然安くはなく、販売価格は約1000万円~(仕様によって価格が異なる)だそう。

ほかにもクラシックGクラスのカスタムが存在

そしてこのエクスペディション・モーター・カンパニー以外にもクラシックGクラスのカスタムを手掛ける会社がいくつか。

意外ですが、(イカツいカスタムベンツで知られる)ロリンザーがこういったGクラスのカスタムを披露したことも。※こちらは500万円くらい

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

レガシー・オーバーランド(ディフェンダーのカスタムも得意)からはやはり軍用メルセデス・ベンツGクラスをカスタムした車両が登場しています。

実際に軍用として使用されたGクラスをフルレストア。ハードかつオシャレになって”第二の人生”を歩むことに

VIA: Expedition Motor Company

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.