■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

新型BMW5シリーズの内装が初めて目撃に!8シリーズ風のメーターとインフォテイメントシステム、新形状のステアリングホイール装備

投稿日:2019/10/19 更新日:

| BMW 5シリーズは今でも古臭さを感じないが |

2020年にフェイスリフトを迎えると思われる、BMW 5シリーズ(G30)の新しいインテリアがスパイフォトグラファーによって激写。
当然のことながら新型BMW 5シリーズには最新のインターフェースおよびインフォテイメントシステムが与えられることになり、基本的なデザインは変わらないまでも、メインのメーターは12.3インチサイズのフルデジタルに。
加えてインフォテイメントディスプレイはサイズアップされているように見えますね。

BMWは新世代のステアリングホイールを採用へ

ちなみにこちらが現行5シリーズのインテリア。
こちらと比較すると、新型5シリーズではステアリングホイールのスポークそしてセンターパッドの形状が変更され、スポークの下側のデザインが大きく変わっていることがわかります(8シリーズとも異なる形状を持ち、8シリーズよりも新しいデザインだと思われる)。
スポーク左右についても形状が改められるようですが、内蔵されているスイッチ類は「そのまま」のようですね。
その他の部分については現行同様に見えるものの、センターコンソールのパーキングブレーキのスイッチには金属調の加飾が施されているようにも(光の加減等でそう見えるだけかも)。

RS=^ADBW

新型BMW 5シリーズはどう変わる?

現在のところ新型5シリーズについて何ら情報はなく、あるのはスパイフォトという視覚情報のみ。
インテリアは今回はじめて目撃されたとおりですが、エクステリアについてはこれまでも新型M5含め何度かスパイフォトが公開されており、ヘッドライトが「横に細く」、そしてデイタイムランニングランプの発光形状がこれまでのBMWにはないデザインとなり、今後のBMWの方向性を示唆することになりそう。

そしてもちろんキドニーグリルも変更され、それにあわせてボンネット形状も調整されることになりそう。
フェイスリフト(マイナーチェンジ)でボンネット形状まで変更するのは極めて異例ではありますが、BMWは7シリーズのフェイスリフトにて「キドニーグリルを大きくしたいがために」ボンネットのデザインを変えてきていて、新型5シリーズでも「なにか仕掛けてくる」かもしれません。

この前発売されたばかりじゃないの?新型BMW M5の試作車がもう走行開始。ヘッドライトはジャガーっぽい発光形状へと変更に

エンジンについては現行5シリーズと大きな変更はないと思われますが、M5については後に「コンペティション」の上に位置するハイパフォーマンスモデル「CS」を投入すると言われ、これには”新開発の”ツインターボV8が搭載される、という話もあるようです。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.