●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンの年例行事「コーティングメンテナンス」完了!これでまた1年、美しいクルマに乗れることに

投稿日:

| 今年は塗装面を傷めないようにしたい |

さて、ぼくがクルマに乗る上で欠かせないのがコーティング。
これに関しては妥協することなく美しさを追求するようにしていますが、現在お願いしているのは兵庫県は尼崎の「煌(きらめき)」さん。
718ケイマンについては、昨年9月に新車購入した際に煌さんにてコーティングを施工していただいており、今回は1年後ごとのメンテナンスをお願いしています(1年毎のメンテナンスというのは自分ルール)。

この1年における走行距離は約21,000キロで、その間には飛び石キズを受けたり、サイドシルをヒットしたり、フロントバンパーに落下物が当たったりという、これまでに経験したことがないような事態に遭遇し、その部分は再塗装することとなっています(再塗装するような損傷を受けたことはこれを除くと過去に2回しかなく、1台の車に2回も補修を行ったことはない)。

よって718ケイマンに対しては申し訳ないという気持ちでいっぱいなのですが、今回は再塗装した部分もしっかりメンテナンスしていただいており、「これからは絶対に718ケイマンを傷つけるようなことがないよう」と心に誓うことに。

施工中に何かを発見すれば逐一連絡をくれるのも嬉しい

なお、コーティングは現在では一般化していて、新車購入の際に見積もりを取得すると自動的に見積書に算入されてくるほどですが、そのぶん多種多様なコーティングが存在し、使用する液剤はもちろん、機材や技術もショップによって様々。
そのために自分でショップを選ぶのは困難(いくつものショップの技術を試すのは難しい)ではあるものの、ぼく自身がいくつかのショップを渡り歩いた後に自分のクルマをお任せしているのが煌さんということになります。

煌さんは常に新しい液剤や手法を試していることが特徴で、それらをデモカーや代車(今回お借りした代車はダイハツCooで、これはかなりのレアカー)に施工してみて評価を下しており、その結果自信が持てるものだけを採用しているので非常に安心。

L1150336

加えて施工を依頼してクルマを預けた後、なにかあるといつも連絡をくれ、その部分をどうするかを随時打ち合わせながら施工を進めることになるのも安心できるポイント。
ぼくは基本的に自分で洗車するので、傷のある位置を把握しているつもりではあるものの、それでも「気づかなかった」傷を見つけて連絡をいただき、「よくそんなところに傷があるのを見つけたな・・・」と驚かされることも。

クルマを預ける際には、まず気になる部分をしっかり伝えてメンテナンスを行ってもらうのが良いかと思いますが(もちろんぼくはそうしている)、これはたとえば病院に行って具合の悪い部分やその内容を医師に伝えるのと同じですね。

コーティングメンテナンス直後のボディはこんな感じ

そしてこちらが718ケイマンを引き取り、ガレージに収めたところ。
ガレージの奥にある棚に収納したケミカル類がフェンダーに映り込んでいますが、そのラベルの文字も読み取れるほどです。

L1150334

「ガラス」コーティングだけあって、施工したボディとガラス(フロントウインドウ)との輝きはシームレス。

L1150332

ヘッドライトやテールランプのレンズも完全にクリヤー(樹脂製レンズをきれいに磨けるショップは少ない)。

L1150324

フロントフードに映り込んだ壁面。

L1150322

こちらも壁面の文字が映り込んだ状態。
ぼくがコーティングの良し悪しを見分ける条件として、こういった輝きはもちろんですが、しばらく乗った後の耐久性や、汚れの落ちやすさ、汚れの付きにくさ、といったものがあります。汚れが付きにくければその分洗車回数が減るので手間もかからず、かつ洗車によってボディ表面を傷める可能性も少なくなるため、そのぶん「ボディに優しい」わけですね。
そして汚れが落ちやすいというのもまた、洗車時にボディにかける負担が小さいということになります。

L1150323

ホイールもすっかりきれいに。
ぼくの718ケイマンのホイールは、もともとシルバーであったものをグロスブラックに再塗装したものですが、ブラックへ再塗装した部分は(メーカー純正の塗装に比較して)傷がつきやすく、そして718ケイマンのブレーキはダストを多く出すために汚れやすく、洗車する際にはいかに気をつけていても、必ず微細な(ブレーキダストと塗装面との摩擦による)傷が入ることになります。

よって今回メンテナンスに出す前には、強い光の下で確認すると無数の傷が入っていることが確認できていたわけですが、その傷も完全に落としてくれていて、「より真っ黒に」見えるという印象です。

なお、このブレーキダストについては非常に困っており、何らかの対策を行おう、と考えているところ。

L1150319

そして室内もすっかりきれいに。
ぼくが苦手とするウインドウ内側の汚れ除去も行ってくれており、この上なくありがたい部分でもありますね(ウインドウ内側はなぜかすぐに汚れて困る)。

L1150342

今回はメンテナンス用ケミカルも入手

そして今回入手したのがコーティング表面のメンテナンスリキッド。
拭き上げ時に少量をウエスに含ませて使用するものですが、コーティングの保護や持続効果のほか、静電気防止機能があるのがウリで、ホコリ等の汚れがつきにくくなる、という製品です(まだ使用していないので、実際に使ってみた後に改めてレビューを公開したいと思う)。
ガレージ内にクルマを置きっぱなしでクルマにホコリが付着して困る、という人にはオススメです。※詳細は煌さんのブログにて

L1150339

煌さんの情報は下記の通り。
いつもながら親切に対応していただき、感謝です。

煌kirameki
〒660-0085
兵庫県尼崎市元浜町2丁目22-2
06-6430-7732

地図はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.