>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリが大御所「アルマーニ」との提携を発表!「将来的には、利益の10%をこういったライフスタイルアイテムにしたい」

投稿日:

| フェラーリもまた、ポルシェ同様に自動車ビジネスに対する不安を持っている? |

フェラーリとアルマーニとが、「パートナーシップ契約を締結した」と発表。
アルマーニというと1975年に設立されたイタリアのファッションブランドで、「大御所中の大御所」。
既製服としては、トップに「ジョルジオ・アルマーニ」、その下に「エンポリオ・アルマーニ」、そしてスポーツラインの「EA7」、ディフュージョンラインの「A/X ARMANI EXCHANGE(アルマーニ・エクスチェンジ)」を持っています。

なお、アルマーニは数年前にブガッティとの提携を発表し、” Giorgio Armani for Bugatti ”をスタートさせたばかり(日本でも購入できた)。
しかしながら、今回フェラーリと提携を行ったとなると、すでにブガッティとのコラボレーションは解消したのかもしれません(同じ業界にて、二社と提携するのは考えにくい。とくにフェラーリはそれを許さないと思われる)。

ブガッティがアルマーニとコラボ。最高の素材を用いたバッグやアパレルを展開

なお、ブガッティは2019年4月に新しく家具そしてアパレルを発表しており、このときから提携先を変更していた可能性も。
それらは「Lifestyle Bugatti」「Collection Bugatti」として展開されることになりますが、アパレルコレクションだと「ロワイヤル」、「タイプ35」、「デュオトーン」、「エットーレ・ブガッティ」、「エッセンシャル・シロン」といったシリーズが存在します。
ちなみにブガッティ創立者、エットーレ・ブガッティの父は家具デザイナーだったと言われるので、ブガッティがアパレルに加えて家具を販売するのは「自然の成り行き」なのかもですね。

フェラーリはライセンスビジネスを強化したい

それはさておき「フェラーリ×アルマーニ」について、現在のところ展開次期や販路については不明。
フェラーリは「利益の10%を、こういったライフスタイルアイテムにしたい」とも語っており、同時にライセンスを供与して「フェラーリの名とエンブレムを冠した」製品を今後もどんどん増やしたい意向のようですね。

なお、ライセンス料は(おそらく販売価格の)最低でも50%だとも言われ、フェラーリの名を用いた製品の販売価格での50%がフェラーリの受け取るライセンス料だということになり、つまり68,000円のレイバンのうち34,000円が「フェラーリという名前を使用する権利」ということですね。
ちなみにフェラーリは、「我々が参入したいと考える製品カテゴリについては、30%までこれを抑える用意がある」とも語っており、ライセンスビジネスには相当な意欲を見せています。

ちなみにポルシェは「将来的に、クルマの販売だけでは成り立たなくなる」として別の事業を模索していると報じられていますが、フェラーリもまた、将来のためにこういった”スーパーカー販売以外の”ビジネスモデルを確立しようとしているのかもしれませんね。

ポルシェ「将来は自動車を売るだけでは生き残れない。新たなビジネス、投資先を見つけなければ会社が成り立たない」

フェラーリはこういったブランドと提携している

そしてフェラーリは、「ライフスタイル系」アクセサリーの販売としてはかなり早い時期から取り組んでおり、「フェラーリ・ストア」はオンラインのほか、世界中の有名ショッピングモールで展開され、そこではキャップやサングラス、Tシャツ、キーホルダー等、多数の製品を購入できます。

L1140502

そのほかフェラーリの提携先として有名なのは腕時計の「ウブロ」。
こちらについてはフェラーリのデザインセンター(チェントロ・スティーレ)が直接デザインを行った腕時計も発売中。

L1130361

ウブロの新作が揃う「ウブロ・デイ」へ行ってきた!フェラーリとのコラボモデル「フェラーリGT」は予想以上の出来だった

そのほかは家具メーカーのポルトローナ・フラウ、

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ferrari-cockpit-office-chair.jpg です

フェラーリ×ポルトローナ・フラウのオフィスチェア発売。価格は120万円からでカスタム可能

ビアンキとのコラボレーションにてロードバイクも発売。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は binachi-sf01-road-bikeg.jpg です

フェラーリとビアンキが本気のロードバイクをリリース。F1テクノロジーが反映されて価格は200万円

装飾品だとダミアーニ(DAMIANI)、シューズだとトッズ(TOD'S)、アパレルやスニーカーだとプーマとの提携が有名ですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.