>シボレー(CHEVROLET)

新型コルベットの0−100km/h加速が「2.9秒」だと判明!650万円のクルマなのにポルシェ918スパイダー、ランボルギーニ・アヴェンタドールS、フェラーリ812、マクラーレン720Sと同じタイム

投稿日:2019/11/08 更新日:

| とにかく新型コルベットのコストパフォーマンスは異次元だと言って良さそうだ |

シボレーはこれまで新型コルベット(C8)について0-100km/h(米国では0-60mph=0-96km/hに相当)タイムを公表していなかったものの、今回はじめて「2.9秒」と明言。※これまでは3秒くらい、とぼかした表現がなされていた
加えて1/4マイル(ゼロヨン)を11.2秒で走り抜け、終速は198km/hに達する、ということも発表しています。
このタイムはまさに驚きのレベルであり、0-100km/h加速が2.9秒というクルマはおおよそ下記のとおり。
これらの顔ぶれについて、もっとも安価なモデルでも2500万円程度ということを考えるに、650万円のコルベットが「並み居る高額なスーパーカーと同等のタイム」を出すのはまさに驚き以外の何ものでもありません。

ランボルギーニ・アヴェンタドールS・・・2.9秒(2016)
ポルシェ918スパイダー・・・2.9秒(2013)
ライカン・ハイパースポーツ・・・2.9秒(2013)
マクラーレン675LT・・・2.9秒(2015)
マクラーレン720S・・・2.9秒(2017)
フェラーリF12tdf・・・2.9秒(2015)
フェラーリ812スーパーファスト・・・2.9秒(2017)
ポルシェ911ターボS・・・2.9秒(2016)
ホンダNSX・・・2.9秒(2016)
フォードGT・・・2.9秒(2018)
ランボルギーニ・ウラカンEVO・・・2.9秒(2019)

0-100km/h加速ランキング2019年最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

ただしこのタイムを出すには5,000ドルのオプション装着が必要

なお、この「2.9秒」をマークできるのはオプションの「Z51パッケージ」装着時のみ。
このZ51パッケージは5000ドルのオプションとなり、エンジンパワーが「+5馬力」、つまり495馬力となるのが大きな魅力。
主にパフォーマンスエキゾーストシステムによって達成されるとのことですが、このパフォーマンスを達成できるのであれば「ぜひ装着しておきたい」オプションでもありますね。

新型コルベットの車両/OP価格発表!本体はポルシェ911の半額”58,900ドル”、オプションも欧州スーパーカーの1/2~1/4と割安な設定

シボレーは加えてエンジン(LT2)やトランスミッションについても詳細を公開しており、「3ポンプ式の」ドライサンプを採用し、1Gを超える環境下でも安定してオイルをエンジン内部に均等に行き渡らせることができる、としています。
そのほかエンジンのクーリング容量はLT1に比較して25%向上し、インテークの吸気抵抗も削減され、スロットルボディは87ミリという大型仕様。

そしてトランスミッションにはMTが用意されないものの、シボレーいわく「これはドライバーの誰をも笑顔にすることができる」と自信を見せており、低速域では強烈な加速を見せ、かつシフトスピードは「電光石火」。

これらをもってシボレーは、新型コルベットについて「コルベット史上、もっともサーキット走行に適したモデルだ」と述べていますが、これまでに公開された情報を見るに、この主張はあながち「誇張では」ないようですね。

それでもまだまだ新型コルベットについては謎が多く、シボレーは「すでにニュルブルクリンクにてアタックを行い、タイムを刻んだ」としているものの、現段階では発表せず。
今回の加速タイムのように、「情報を小出しに」することで話題を保ち続けるつもりなのかも。

新型C8コルベットは発表1週間前にニュルにアタックしていた!「目標をクリアしたが、今はタイムを発表する気はない」

実際のところ、公開されたコルベットのカットモデルを見ても、「初めてのミドシップスポーツなのに、よくここまで作り込んだな・・・」と思わせる構造を持っており、今後Z06やZR1といった上位モデルが発売されれば、本当にフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンを脅かす存在となるのかもしれませんね。

【動画】新型コルベットの「カットモデル」公開。将来のハイパワー化にも対応したシャシーを持ち、欧州スーパースポーツを脅かしそうな予感

ただ、惜しむらくは、新型コルベットの生産につき、工場の「ストライキ」によって本来2019年末から始まる予定だった生産が来年(2020年)2月にまで延期されてしまったこと。
こればかりは「どうしようもない」といったところですが、新型コルベット・スティングレーの続報そして追加バリエーションについての情報を待ちたいと思います。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.