>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】世界初!マツダRX-7を4WD化、さらに4ローター化で1800馬力に仕上げた男がいた。もはやこれはRX-7とは呼べないかも

投稿日:

| 目標はボンネビルで世界最高速達成 |

さて、SEMAには多種多様なカスタムカーが登場しますが、今回紹介するのはなんと「マツダRX-7を4WDに、そして4ローターに改造した」クルマ。
これはロブ・ダーム氏によってカスタムが進められていたもので、数年経過してようやく完成が見えてきたものだそう。
なお、動画を見るとRX-7とは言ってもほぼその原型を留めておらず、というのが前後「チューブラーフレーム」へと変更されているため。
先日、マツダが「モノコック+チューブラーフレーム」を持つスーパーカーらしき新型車の特許を出願しましたが、奇しくもそれとよく似た構造を持つ、ということになりますね。

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

フロアはまるごと「くり抜いた」

この「AWD+4ローター」RX-7の全体はこんな感じ。
モノコックシャシーの「前」がカットされて新たにチューブラーフレームとなっていることがわかります。

m5

フロントには大きなインタークーラー、そしてターボチャージャーが見えますね。

m2

パイピングはチタンをカットして溶接しているように見え、チューブラーフレーム自体もチタンっぽい輝きを持っています(ただしチタンは割れやすく、チューブラーフレームには向かないと思われ、チタン風に塗装してあるだけかも)。
サスアームやプッシュロッドはアルミのビレット品、そしてサスペンションはなんと「インボード式」。
エンジンは補機類に囲まれて見えないものの、ビレット製のハウジングを持っているそうです。

m1

そしてセンタートンネルもチューブにて組まれ、トランスミッションが貫通している模様。
動画を見ると、どうやらフロアもそっくり切り取られ、残っているのはフロントバルクヘッドの一部、Aピラー〜ルーフ〜Cピラー、サイドシル、リアバルクヘッドといったところ。
フロアをくり抜いたのは、もちろん「4WD化」に対応するためだと思われます。

m3

リアはこんな感じ。
リアについてもフロアがそっくりなくなって、残るは「ガワ」のみ。
リアセクションは新たにチューブにて組み直されていますが、ロールケージも一体化しているようですね。
リアサスペンションのメンバーもやはりビレット、そしてインボードサスペンション。
燃料タンクは車体後部に設置されています。

m7

車体そのものは4ローター化に伴い8インチ延長され、ボディ幅も9インチワイドに。
ホイールはヴォッセン製19インチ、ブレーキはウィルウッド製が採用されている、とのこと。

驚くべきことにこのマツダRX-7(と呼んでいいのかどうかは謎ですが)はレース用ガソリンで1800馬力、通常のガソリン(ハイオク)でも1200馬力を発生するということで、「完全体」としてボディを身にまとい披露されるのを楽しみに待ちたいと思います。

ほかにもこんなに。マツダRX-7のハードチューン

なお、マツダRX-7は映画「ワイルド・スピード」に登場したこともあり、北米でも非常に高い人気を誇る模様。
これまでにも多種多様なカスタムが公開されていますが、ここでその一部を紹介したいと思います。

まずはアストンマーティンやロータスからパーツを移植して作り上げた、超ワイドな「RX-777」。

【動画】え?これがマツダRX-7?10年かけて「超ワイドボディを持つ「理想のクルマ」、”RX-777”を作り上げた男がハワイにいた

ロータリーエンジンは「スペースさえ許せば」どんどんローターを追加できるので、けっこう「4ローター」も多いようです。
こちらも4ローター、そして950馬力のRX-7。

【動画】出力950馬力、「4ローター」ターボのマツダRX-7。シャシーダイナモ計測にてその豪快なサウンドと炎を披露

こちらはワイドボディ化を果たしたRX-7。

マツダRX-7にワイドフェンダー。シャコタンとメッシュホイールで「族」っぽいルックスに

ちなみに今回紹介する「4WD+4ローター」RX-7の前バージョンはこちら。
この時点では4ローター化はなされているものの、まだ「RWD」で4WD化がなされていない状態。
はじめて購入したクルマがこのRX-7だそうですが、RX-7とともに人生を歩んできた、ということになりますね。

jrgjgt7hes4es6qxor7l

世界で一台、4ローター+4WDのマツダRX-7が登場。10代の頃に購入した車をコツコツ改造(動画あり)

VIA:Rob Dahm, Speed Academy

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->マツダ(MAZDA), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.