>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

「もしも」系レンダリングを現実に!廃車のランボルギーニ・ウラカンを買ってきて1500馬力+MT、理想の外観を実現した男たち

投稿日:

| なにごともドゥ・イット・ユアセルフ |

さて、先日よりカスタムが進められていた、B is for build氏による、ランボルギーニ・ウラカンの「MTコンバージョン」。
しかしこれは単なる「マニュアル・トランスミッションへの換装」プロジェクトではなく、もともとのベースとなるウラカンが「事故によって大破した不動車」であったところに価値があり、これを安価で購入してきた後、さらに中古パーツを使用して自分たちでコツコツと仕上げた、というところが見どころです。
なお、カスタムの経過については随時動画にて公開されていたものの、このクルマを展示するSEMA開催までは時間が限られており、展示会場に運び込んだ後もカスタムが続けられ、完成したのはまさに「開幕直前」。

【動画】なんとランボルギーニ・ウラカンを「MT化」した連中があらわれた!廃車のウラカンを購入してきて「理想のウラカン」を作り上げる

ランボルギーニ・ウラカン再生までの道のりは遠かった

なお、入手した際のウラカンはこんな感じ。
クラッシュによる破損に加え、エンジンが火災によって消失しています。

a

そしてリアセクションを新たに作り直しますが、そこで選んだエンジンはシボレーのV8エンジン。
ランボルギーニのV10エンジンよりも価格が安いこと、チューニングパーツ、ノウハウが豊富なことも理由かもしれません(このエンジンはすでにテキサス・スピードによってチューンされている)。

a5

そしてトランスミッションは先代アウディR8に積まれていた「6速MT」へと換装。
こちらが入手したパーツ類で、しかしこれを組み込むにも相当な労力が必要です(ウラカンにはMTが存在せず、トランスミッションそのものを押し込んだり、シフトアッセンブリーを装着するにも、ワンオフでマウント等を製造しなければならない)。

v16

なお、完成した車両はタービンむき出し、上方排気。

c4

よってエンジンをふかすとこんな感じで煙がもうもう。
環境団体の人が顔を真赤にして飛んできそうですね。
なお、出力はV8+ツインターボにて1500馬力です。

c8

ちょっとわかりにくいですが、リアアンダーには特殊な形状を持つリアスポイラー。

c5

メーターはオリジナル。
速度や回転数、油圧などが表示されているものの、慣れるまでは読み取りにくそう。

c7

そしてこちらが6速マニュアル・トランスミッション。

c6

車両デザインは「もしも系」レンダリングアーティスト

そして今回のプロジェクトにおいてもうひとつ注目すべきは、その外装デザイナーが、「もしもこんなクルマがあったら」という仮想デザインを行うレンダリングアーティスト、Khyzyl Saleem氏だということ。
つまりはプロの自動車デザイナーでもショップでもチューナーでもなく、バーチャルアーティストがデザインしたものが現実になったということですね。

スーパーカーをさらに「攻めてみた」レンダリング。ランボルギーニ、フェラーリ、マクラーレンなど

cs

よってこういった近未来的な形状を持つことになっていますが、今後こういった「アーティストとのコラボ」によるカスタムカーが増えてきそうであり、これはひとつの新たな潮流だと言えそうです。

lamborghini-huracan-v8

【動画】炎上し廃車となったランボルギーニ・ウラカンにシボレーのV8エンジンを装着しツインターボ化。「1500馬力ウラカン」の制作現場を見てみよう

そのほか、SEMAにはこんなランボルギーニも

なお、北米ではランボルギーニであろうがフェラーリであろうがマクラーレンであろうが自由にカスタムする傾向が強く、いくつかSEMAに展示されているカスタムカーをピックアップ。
こちらはリバティーウォーク製エアロパーツが装着されているウラカン。
ボディカラー自体は「ガルフ」っぽい組み合わせです。

c3

アメリカではもはや一般的な、V10+ツインターボ+バンパーレス。

c2

外骨格をまとう、アレックス・チョイ氏のウラカン・ラリー・ユニコーンV3。

s1

【動画】ランボルギーニ・ウラカンのボディを「外骨格」に!ウラカン・ラリー「ユニコーンV3」登場

アヴェンタドールの外装をカーボンへと置き換えた、マンソリー「カーボナード」。

c1

VIA:B is for Build, Speed Academy, Khyzyl Saleem

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.