■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ・パナメーラ関連

新型ポルシェ・パナメーラの内外装は”新型911に近くなる”。軽偽装のプロトタイプからいくつかの事実が判明

投稿日:

| ポルシェは911を核に据えた戦略をさらに強化するつもりだ |

新型(フェイスリフト/マイナーチェンジ版)ポルシェ・パナメーラのプロトタイプが目撃に。
これまでのプロトタイプはかなり偽装が厚かったものの、今回はややカモフラージュが薄くなっていて、これまでに判明しなかった細部を見ることもできます。

ホイールサイズ、ブレーキシステム(オプションのPCCBと思われる)、そしてテールパイプから判断すると「パナメーラ・ターボ」もしくは「パナメーラ・ターボS」のようですが、フロントバンパーについては、これまでの「ハの字(オメガデザイン)」を継続しながらも横方向のルーバーが目立つように。
そして「上下二分割」のウインカーもやや形状が変更され、その「上下」が離れているようですね。
加えて、その下にはプロジェクター式のフォグランプと思しきデバイスが追加されています。

新型パナメーラはこう変わる

そしてこちらは現行パナメーラ。
現行と比較すると、「新型」はかなり複雑なバンパーデザインを持つように思われます。
そしてこの「横方向のルーバー」は992世代の911の特徴でもあり、現行パナメーラ登場時がそうであったように、フェイスリフトにおいても「最新911っぽい」デザインが与えられることになるのかも。※ポルシェは、現行パナメーラについて、「911との関連性を強く意識」と明言している
なお、ヘッドライトについてはほぼ変更が無いようにも見えます。

iris (1)

リアはけっこうイメージが大きく変わる部分でもあり、やはり「911っぽい」デザインに。
テールランプの形状、そして発光グラフィックが新型911同様へと変更されるようですね。

2021-porsche-panamera-facelift-spied-6

こちらは現行パナメーラ。
こちらと比較すると、バンパー形状、そしてテールパイプ、リフレクターの位置などは変わっていないようにも見えます。

iris

ただし左右テールランプの間にあるガーニッシュは上下方向にぐっと狭くなるようで、これまでガーニッシュ上にあった「PORSCHE」文字はガーニッシュの下へ、そしてその両脇には縦方向にアクセント的な段差が設けられる模様。

2021-porsche-panamera-facelift-spied-8

それでもテールランプ、リアガーニッシュ周辺もまだまだ慎重に隠されており、実際に発表されるまでは「どうなるのか」判断が難しいところ。
なお、新型パナメーラのエンジンラインアップは現行モデルと変化はないと見られ、2.9リッターV6ターボ、4リッターV8ターボ、そして4リッターV8ターボ+ハイブリッドという布陣となるという予想。
トランスミッション含むドライブトレーンにも大きな変更はなさそうで、運動性能については「パワーアップによって、数値の改善がもたらされる」くらいなのかもしれません。

2021-porsche-panamera-facelift-spied-10

新型パナメーラのインテリアはこう変わる

2021-porsche-panamera-facelift-spied-11

新型パナメーラのインテリアも「外装同様に」その変更範囲は大きくなく、見る限りではステアリングホイールの形状変更がある程度(”GT”ステアリングホイールが廃止される?)。

iris (2)

こちらは現行パナメーラのインテリア。

L1120720

なお、新型パナメーラに採用されるステアリングホイールは、これもまた新型911に採用されるものと同じ形状を持つようです。
つまり、新型パナメーラは「内外装ともに」992世代の911に近づく、ということになりますね。

VIA:CARSCOOPS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >ポルシェ・パナメーラ関連
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.