■新型車情報/スパイフォト/噂など >中東の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】ドバイから1200馬力のハイパーカー「ドラクマ」登場!ランボルギーニにインスパイアされたデザインを持ち、99台限定にて市販予定

投稿日:

| 見た目のインパクトがハンパない |

先日、発表が予告されていた、ドバイのアジラニ・モータース(Ajlani Motors)によるハイパーカー「ドラクマ(Drakuma、英語だとドラゴン)」。
今回本当にドバイ・モーターショーにて発表され、関係者を驚かせています。
そしてアジラニ・モータース代表、バシャール・アジラニ氏によると、この「ドラクマ」はランボルギーニにインスパイアされたデザインを持っているとのことで、生産台数は99台のみの限定モデル。

搭載されるエンジンはV8(排気量は不明)そしてツインターボ、そして出力は1,200馬力。
ドバイというと、12.3リッターV16エンジンにターボ4基がけの「デヴェル・シックスティーン」をすぐに思い出しますが、それに比べるとこちらのドラゴンはちょっとおとなしめではありますね。

今のところは「未完成」

動画を見ると、現在展示されているのはモックのようで、実際には機能しないパーツも多数。
アジラニ・モータースによれば、実際のところ「まだシャシーは完成していない」とのことで、いくつかの選択肢が残されている模様。

a3

なお、現在世界中でこういった「少量生産ハイパーカー」計画が持ち上がっていますが、当然経験のない会社がこういったハイパーカーを作るのは難しく、そこで登場するのが「カロッツェリア」。
これはイタリアの「自動車工房」ですが、大手自動車メーカーの試作車を手掛けたり、ショー用のワンオフモデルを作ったり、富裕層の求めに応じてワンオフのカスタムカーを作ったり。

a4

ただ、ちょっと前までは自動車メーカーが内製化を進め、さらには自社にてカスタムを行うようになったため、こういったカロッツェリアの仕事は激減し、多くが廃業に追い込まれたと言われます。

ajlani-dragon

しかしながらその後にこういった「少量生産ハイパーカーブーム」が同時的に世界で多発し、それらが設計や生産をカロッツェリアへと委託しているというのが現在の状況。
よってつい最近までは「仕事がなかった」カロッツェリアも現在は「引く手あまた」なのかもしれません。
ちなみに先日発表された、「日本初、そして世界最速ハイパーカー」アスパーク・アウルの生産もイタリアのカロッツェリア(マニファットゥーラ・アウトモビリ・トリノ)が行う、と発表されていますね。

世界最速の和製ハイパーカー「アウル(OWL)」が3.5億で販売開始!出力なんと2012馬力、0-100km/h加速は1.69秒、最高速は400km/h

そして映画「ワイルド・スピード スカイミッション」で有名になった、Wモータースの”ライカン・ハイパースポーツ”の生産は(カロッツェリアでは無いものの、それに近い存在として)ドイツのRUFが担当している、とも言われ、現在はこういった「委託型生産によるスーパーカー/ハイパーカーの企画」が一つの流行なのかもしれません。

ajlani-dragon (4)

このドラクマについてはその詳細はまだまだ確定していないとは言われるものの、ボディパネルには「カーボン製」を採用することで軽量に留められるとコメントされており、これにとどまらず「ドバイっぷり」を存分に発起して欲しいと思います。

ドバイ・モーターショーにはこんなクルマも

そしてドバイ・モーターショーには様々なクルマが展示されているようですが、このアジラニ・ドラクマのほかにもレバノンのZedro Motors(ゼドロ・モータース)から”ノトーリアス”コンセプトが登場。

a2

今回のドラクマといい、ライカン・ハイパースポーツ、フェニア・スーパースポーツといい、中東ではこういった直線的なデザインが好まれるようですね。

a

こちらはドバイ・モーターショーの会場内外を紹介した動画。
ドバイはやっぱりドバイだった、という感じです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >中東の自動車メーカー, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.