>日産/インフィニティ(Infinity)

”GT-Rワゴン”と言われた日産ステージアにR35 GT-Rの顔面をスワップしたカスタムカーが販売中!約190万円で購入可能(ただし販売元はロシア)

投稿日:2019/11/17 更新日:

| けっこううまくインストールした感はある |

ロシアより、日産ステージアにR25 GT-Rの顔面をスワップしてしまったカスタムカーが登場。
正確に言うならば、移植したのはヘッドライトのみで、そのほか(フロントバンパー、フロントリップ、ボンネット等)はGT-R風のパーツを使用しています。
ですが、ヘッドライトとボンネットやフェンダーとのマッチングは(技術的に)見事としかいいようがなく、「うまいことやったな」という印象がありますね。

なお、このフロントマスクに合わせてサイドステップ、リアバンパー、ルーフスポイラーも取り付けられ、ホイールもGT-R風のガンメタリックに、そしてフロントやサイドスポイラーには「GT-R NISMO」風のアクセントも入っています。

日産ステージアはこんなクルマだ

なお、日産ステージアについては(すでに販売終了となっているため)知らない人が多いと思うので、ここでちょっと解説。
初代ステージアは1996年に市場投入がなされており、1997年にはオーテックジャパンがR33スカイラインGT-Rのエンジン、4WDシステム(アテーサ)、マルチリンクリアサスペンションをステージアに移植した「260RS」が発売されたことから「GT-Rワゴン」として話題に。
通常ラインアップの中にも6気筒ターボエンジン+4WDを搭載した「2.5RS FOUR V(230馬力)」が設定されていますが、多くのパーツをスカイラインと共有していたためにチューニングパーツが非常に豊富で、多くのファンを獲得したクルマ。

レガシィ・ツーリングワゴンと双璧をなす「ハイパフォーマンスワゴン」としてのポジションを確立していますが、ワゴンながらもドアが「サッシュレス(ウインドウの枠がない)」だったこともスタイリッシュに映り、高く評価されたポイントだったのだと思われます。

当時相当に売れた車種のひとつだと記憶していますが、「GT-Rワゴン」と言われた割に「GT-Rの顔面スワップ」「GT-R風カスタム」は主流とならず、ステージアに乗っていた人たちは「ステージアらしさ」を貫いていたように思われます(GT-Rへのコンプレックスからステージアを選んだのではない)。

その後2001年にはフルモデルチェンジを迎えることになり、しかしその性格やデザインはすっかり丸くなってしまい、多くの「初代ステージアファン」をがっかりさせることに。

atagia

そして3代目を迎えることなく2007年にステージアの名は消滅し、今に至るまで後継モデルは発売されず。
現在日本国内ではワゴン人気が高くはなく、、日産が重視する北米市場においてもワゴンは不人気。
しかもその「小さい」ワゴン市場のほとんどをスバルが占めているので、そこへ参入しようと日産が考えるはずもなく、なんらかのブームが変わらないことには「ステージア復活はない」と考えて良さそうですね。

スバルは北米ワゴン市場にて”85.7%”ものシェアを持っていた!残り14.3%をアウディ、ボルボなど欧州勢が取り合う中で余裕の販売を見せる

Nissan-Stagea-5

今回ロシアにて販売されている「R35 GT-R風ステージア」は2代目ステージアをベースにしており、グレードは不明ではあるものの、エンジンは2.5リッター直6ターボ、出力は280馬力。

Nissan-Stagea-4

販売価格は邦貨換算にておよそ190万円ほどですが、その性能(4WDで280馬力!)、そして顔面のユニークさを考えると「高い買い物」ではないのかも。

Nissan-Stagea-1

ちなみに内装にもカスタムの手が及び、インテリアカラーはタンとブラックとのツートン。
日本にはこのカラーの組み合わせはなかったと記憶しており、もしかすると「張り替えた」可能性もあって、しかしピラー内張りやサンバイザー、グリップ、シートベルトまで「タン」なので、最初からこのカラーだったと考えるのが妥当かも(そこまでコストを投じて内装張り替えを行うとは思えない)。

r2

ちなみにシートはレカロで、これは「あとから」装着してインテリアカラー同色に張り替えたのかも。
ラゲッジスペースにはウーファーがインストールされていますが、こちらもインテリアカラーと完全にマッチした仕様です(これを見ると、内装全張替えを敢行したような気もする・・・)。

r

VIA:Auto.ru

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.