■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】ロシアより「透明ディスク」を持つホイールを作ったショップが現れた!普通に走るとすぐに汚れそうだがLEDを仕込んだりショーカーには良さそう

投稿日:2019/12/15 更新日:

| なにより見た目が斬新 |

ロシアのチューニングショップ、ガレージ54が「ホイールのディスク面が透明な」ホイールを製作し、その様子を動画で公開。
ありそうでなかったホイールではあるものの、なかなかに面白い外観に仕上がっています。
これを見た中国のホイール製造メーカー、チューナーがすぐにコピーして中にLEDを仕込んだりするんじゃないかとも考えていますが(現地では、透明のLED内蔵リアウイングが流行ったこともある)、まずはその製造方法を見てみましょう。

DIYでできないこともなさそうだ

まず改造に使用するのはこのホイール。
いわゆる3ピースタイプですが、この「3ピース」というのがキモ。

w11

次に3ピースホイールを分解してゆきます。
ホイールには「1ピース」「2ピース」「3ピース」とがあり、1ピースはごく一般的な「一体成型」で、純正ホイールはたいていこの構造。
「2ピース」は、ホイールの外周(リム)と中央(ディスク)とが分かれているもので、メリットとしてはデザイン的自由度が高くなること(一体成型では再現できないリムの薄さ、奥行きを実現できる)。
なお、リムとディスクとは「溶接」、もしくは「ボルト留め」とがあります。

そして「3ピース」は「2ピースホイール」のリムが”アウター””インナー”とに分かれているもので、構造上オフセットの変更が容易。
もちろん2ピース同様にデザイン性の高さを持つことも利点ですが、ACシュニッツァーやブラバスといったチューナー系が採用することが多いようです。

w10

そしてこの3ピースホイールは「最高級ホイール」と評されることが多いのですが、おそらくその理由としては上述のように「高価格帯の車両を扱うチューナー」が採用したことが大きく影響しているんじゃないかと考えています。
つまりは高価格帯のクルマ対象なので数量がさほど出ず、それでもラインアップ数を増やせる3ピースホイールを採用したということにはじまり、当然製法や販売数量、対象車種のこともあってホイールが高額になったこと、メルセデス・ベンツやBMWのチューンドカーに多く採用されたことが「高級」イメージを作り上げたんじゃないかということですね。

参考までに、3ピースホイールの製造過程はホイールメーカー、SSRのサイトにも記載があります(こちらはインナーとアウターリムとを溶接している)。

そしてディスクを外した状態がこちら。

w7

外したディスクを計測して・・・

w8

ポリカーボネイトでディスクを作ったのがこちら(養生シートが貼ってあるので青く見えるが、実際は透明)。

w6

ホイールに取り付けてみてサイズ感をチェック。

w5

その後、ピアスボルトを通す穴をドリルでひとつづつ開けてゆきます(気が遠くなりそう)。

w4

そしてピアスボルトをひとつひとつ通します。
なお、このピアスボルトは一旦外したものは「再利用」できず、都度新品を使用する必要があります。

w3

組み上げたホイールにエア注入。

w2

車両に装着。
ポリカーボネート自体は水族館の水槽や、防弾シールドに用いられるほどの頑丈さを持っているので、まず「割れる」心配はないのかも。
ただしボルトを通してあるところから「削れたり」、走行していると「左右方向に捻れたり」ということはあるのかも。

なお、ホイールハウスの内側が見えるのはなかなかに面白く、アルマイト加工が施されたハウジングを持つ2ピースブレーキキャリパーにビッグローター、KWのような見た目の美しいサスペンションキットを装着している場合は大きな訴求力を持つことになりそうですね(ショー用のクルマには向いている)。

w1

一方で、普通の車に取り付けただけだと汚れが目立ったり、雨の日に走行すると汚れた水が付着し、しかしホイールの裏側はかんたんには製造できず、逆に見栄えが悪くなる懸念も。

ちなみに、このホイールを見たときにふと思い出したのがカルティエの腕時計、「ミステリーウォッチ」。
文字板が透けていて「向こう側が見える」のに加え、何にも支えがないのに時針と分針とが浮いているように見える、というものです。

cartier-skeleton-mysterious-hour-watch_whro0014

こちがらその「透明ホイール」を製作する動画。

こちらは透明ホイールとは別に、スチールホイールをアルミホイール風に改造してしまう動画(これは強度的にヤバそうだ)。

VIA: Garage 54

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.