■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWの施設にて新型M5と現行M5とが並ぶ図。意外と変更は少ないようだ。なお新型M3にはMTが継続されることが明らかに

投稿日:2019/11/28 更新日:

| 新型M5はデイタイムランニングランプの変更で表情一新 |

新型BMW M5(フェイスリフト版)と現行M5とが並ぶめずらしいスパイフォトが公開。
これはニュルブルクリンク近郊にaru,BMWの「Mテストセンター」にて撮影されたものだそうですが、その変更はカモフラージュ越しにも「小さい」ように見えます。

現行M5はまだ登場してさほど時間が経過していないようには思われ、そのため外観もまったく古さを感じさせないもの(M5はもともと新しい世代のデザインを持っている)。
ただしBMWとしては、魅力向上・維持のために「定期的に」アップデートを行ってゆく必要があるということなのでしょうね。

新型BMW M5はシャープなイメージに?

そしてボンネット、フロントバンパー、ヘッドライト、キドニーグリルを中心にカモフラージュが施されているということは「それらが変更を受ける」と考えて良さそう。
キドニーグリルについては7シリーズのフェイスリフトの時のように「巨大化」するわけではなく、フレーム含む形状が変更されるにとどまるようです。

bmw-m5 (1)

逆に大きな変更があるのはヘッドライトで、デイタイムランニングランプの発光形状につき、これまでの「ヘキサゴン」から「直線基調」へ。
なお、この発光形状はBMWの中では「新しい」デザインであり、新型M5(5シリーズ)を境にこのデザインへと変わってゆくのかもしれません。
フロントバンパーについては偽装が厚く、どう変更されるのかはまったく判別できない状態です。

bmw-m5 (4)

ドアミラーやサイドステップがシートで覆われていないところを見るに、これらの部分は「変更なし」と考えて良さそう。

bmw-m5 (3)

一方でリアは厳重にカモフラージュが施され、リアバンパー、トランクリッド、テールランプが変更されることになりそうですね。

bmw-m5 (2)

新型M5のラインアップは現在と同じく「M5」「M5コンペティション」を維持する見込みですが、一説によると「M5 CS」が登場する可能性も。
そしてM5 CSには新設計のエンジンが積まれるというウワサもありますが、現時点では推測の域を出ない状態です。

BMWが「新型V8エンジン開発中」。メルセデスは「ガソリンエンジン開発終了」なるもBMWはM5"CS"に搭載しパフォーマンスを追求

新型M3には「後輪駆動+マニュアル・トランスミッション」が存在

M5同様、プロトタイプが頻繁に目撃されているのが「新型M3」。
すでにベースとなる3シリーズが発売されてしばらく経過しますが、なかなか発表されないのが現状です。

このM3についても様々なウワサがあり、グレードがいくつか用意される、駆動方式には「FRと4WDがある」といったものも。
そして一説では「FR版は軽量シンプルなMT、4WD版はサーキットの走行タイム重視にてATのみ」ということでしたが、今回BMWのボス、マーカス・フラッシュ氏がRoad&Trackに対し、それを裏付けるコメントを発しています。

同氏によると、「新型M3は、これまでにないほど多様なパワートレーンを持つことになり、それは我々にとってもチャレンジだ。我々はより多くの顧客にアピールすることを狙っているが、まずほかのブランドを見ても分かる通り、ハイパフォーマンスカーに4WDは欠かせない。そして我々はM5からフィードバックを受けることができ、これを活用しない手はない」。

つまり4WDが存在するということがBMWが自身によって(改めて)語られたということになりますが、さらにトランスミッションについては「RWDモデルにはMTを用意する(逆にAWDモデルにはMTが用意されない)」とも。

今回の発言によって、これまでのウワサ、内部からとされる情報が確定となった、と考えて良さそうですね。

BMWが新型M3について公式に語る。「出力は480PS、”コンペティション”で510PS。4WDも用意している」。AMG C63に対抗か

なお、新型M3については「とんでもない」サイズのキドニーグリルが装着される可能性が高く、何かと話題を呼ぶことになりそうです。

キドニーグリル大きすぎ!悪夢が現実になった、新型BMW M3の「常識はずれ」な縦型キドニーグリルが目撃される

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-■新型車情報/スパイフォト/噂など, >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.