>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ブガッティ(BUGATTI)

【動画】これが”6000万円のカスタムキー”だ!実際にブガッティ・シロンをて使用してみた in ドバイ

投稿日:

| いくらなんでも高すぎると思うが、けっこう売れているらしい |

現在中東を訪問中のユーチューバー、Shmee150氏。
今回は現地のエキゾチックカーディーラーを訪問していますが、目玉はクルマよりも「カスタムキー」。
これはAWAINなる会社が発売している製品で、純正のキーと入れ替えて(電波や機能を移移し替えて)使用することになり、このディーラーではシロン用のキーとして導入しています。

仕様としては34.5カラットのダイヤモンドが入り、その価格はなんと50万ユーロ(6000万円)。
ブガッティ・シロン自体が3億5000万円ほどの価格を誇るクルマなので、車両本体価格よりは安いということになりますが、これはランボルギーニ・アヴェンタドールSふくめ、世の中のほとんどのクルマを購入できる金額です。

ドバイにはスーパーカー、エキゾチックカーの在庫が豊富

まずShmee150氏はディーラー内を紹介していますが、そこにはレアカーがズラリ。
さすがはドバイ、といった感じですね。

b9

グラデーション塗装のフェラーリ458イタリアも。

b8

ドバイらしく、メルセデス・ベンツGクラスやランドローバー・ディフェンダー。

b7

アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートも。

b6

そのほかクラシックカーの姿も見えますね。

b5

ポルシェ918スパイダー、そしてマクラーレン・セナ。

b3

そのキーは宝石同様の扱いだった

そしてAWAIN製キーの登場。
ウッド製の豪華なケースに入り、さらにガラス製のショーケース入り。
実際に6000万円という価格は並の宝石よりはずっと高価でもあり、こういった扱いにも納得です。

b4

うやうやしく取り出されるAWAIN製キー。

b

こちらがそのキー。
ここまでやる必要はないかもしれませんが、一部のクルマは「車両本体価格や、クルマの性能・デザインに比較して」キーが安っぽい場合があり、もっとキーにこだわったほうがいいんじゃないかと考えることも。
そしてお金に余裕がある場合、AWAIN製のキーは選択肢として有用、ということになりますね。

b2

AWAIN製キーはこんな感じ

AWAINはドバイ拠点の会社で、ラインナップするキーは上から「ファントム」「クァンタム」「セレニティ」の3つ。
現時点で対応可能なのはブガッティ、ベントレー、ランボルギーニ、アストンマーティン、マセラティ、マクラーレン、ロールスロイス、マイバッハ、メルセデス・ベンツだそう。

もっとも高価な「ファントム(Phantom)」の素材にはホワイトゴールドを使用し、これに合計34.5カラットのダイヤモンド含む宝石を散りばめています。
インナーレザーのカラーはブラックの他バーガンディ、ブルー、グリーン、ウッドも選択可能。

a

真ん中のグレードの「セレニティ(Serenity)」の素材もやはりホワイトゴールドですが、宝石は20カラットに減少しています。
それでも「全面」に石が散りばめられており、ポケットにこのキーを入れておくと、服の繊維に引っかかってダイヤがどれか落ちてしまいそう(そしてそれに気づかない)。

そしてエントリーモデルのクァンタムになるとぐっと宝石が減って3.6カラットに。
それでも軽くマイバッハ一台くらいの価格になりそうですね。
そして宝石が減ったぶん、本体は「ホワイトゴールド」「イエローゴールド」「ローズゴールド」から選択でき、しかしいずれも柔らかい素材なので取扱には注意を要するのは間違いないと思います。

a2

なお、新しく「グランプリ・シリーズ」も登場し、”モナコ””スパ(フランコルシャン)””スズカ”といったランナップも(こちらは宝石を使っておらず、比較的お求めやすい9,900ユーロ)。
カラーは8色から選択可能です。

ほかにはこんな「カスタムキー」も

ぼくがいつも思うのは、ラグジュアリーカーやスーパーカーのキーは(メーカーから見て)あまり重要視されていないんだろうな、ということ。
ただし消費者の方はこれを重要視しているものと思われ、よって「純正のキーに満足できない」オーナー向けのカスタムがいくつか存在するようで、ランボルギーニに対応する”アッティヴォ・デザイン”もそのひとつ。(マクラーレンやポルシェは純正オプションにて、カラーをカスタムできる)。

Evolutione-LP-Rear-3-quarter-Silver-Red

キーにはハニカム状の模様や、アヴェンタドールのテールパイプを模したパーツも組み込まれていますね。
素材はステンレスやカーボン、アルミニウムやチタンとのことで、CNC加工によって削り出されるそうです。
なお、もともとのキーの電波を記憶させるのか、基盤を移設するのかは不明。

Attivoデザインでは「5000万円もするアヴェンタドールのキーが”アウディと同じ”ということに納得できない、美意識の高いオーナーに向けた」製品だと説明しています。
なお、価格は1,999ドルから。

ここで、いくつか「キー」を取り扱った記事を紹介しておきます(ぼく自身は、キーについてはかなり強いこだわりがある)。

スーパーカーのキーはどうなっている?フェラーリ、ブガッティ、アストンなどのキーを見てみよう

【動画】やっぱりスーパーカーのキーはこうでないと!「コンセプト」含むイケてるキー10選

なんと「2800万円のキー」も!純正・社外品含め、もっともクールなクルマのキー9選

ケーニグセグにはキーを「ゴールド」にできるオプションがあった!高級車も買えそうなキーを見てみよう

VIA:Shmee150

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.