■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲ、パテックフィリップの2019年12月相場。さすが雲上ブランドらしく高値安定、APは「エクストラシン」、パテックは「アクアノート」が最強

投稿日:2019/12/06 更新日:

| それにしてもパテックフィリップの強さには驚かされる、まさに天井知らず |

さて、先日はロレックスの2019年12月の相場をお届けしましたが、今回はオーデマピゲ、パテックフィリップを見てみましょう。
オーデマピケ、パテックフィリップは、ヴァシュロン・コンスタンタンと並んで「3大雲上ブランド」を構成しますが、順位としてはパテック・フィリップ→オーデマ・ピゲ→ヴァシュロン・コンスタンタンといった感じ
定価からの乖離つまり「上下幅」についてももちろん同じ順番となっていますが、パテックフィリップのここ数年の値上がりには驚かされるものがあり、この雰囲気だとまだまだ上がってゆきそう。

腕時計ブランドの価値は「いかにプレミアが付くか」によって決まるようなものですが、これはロレックスが象徴しているとおり。
プレミアが付くと値上がり期待から「買い」が入り、そこから提灯がふくらんで更に買い→品不足→さらに値上がりというスパイラルに突入するわけですね。

パテックフィリップの場合は、自社にて過去モデルを「オークションにて高値落札」するケースがあり、そうやって「パテック=資産価値がある」ということを市場に印象づけている、と言えるかもしれません(クルマにおいても、中古価格を高値にて安定させることがブランド価値向上の有効な手段だとされる。レクサスが好例)。

なお、オーデマピゲにおいては、「エクストラシン」の価格がかなりな勢いで上昇しており、これがほかモデルの値上がりを牽引する可能性があるかも、と考えたりします。

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ 26400IO.OO.A004CA.01

a1

まずはロイヤルオーク・オフショアクロノグラフの中では比較的ベーシックなチタンケースモデル、26400IO.OO.A004CA.01。
現在の新品最安値は3,240,000円で、やや相場は下降気味。
なお、ここ1年でのピークは4月の3,360,000円となっていて、夏にロレックス相場が下がった際にも大きく下がらず、しかし「ジリジリ」下がっている模様。
ちなみに定価は3,520,000円、中古最安は2,980,000円です。

q

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ 26405CE.OO.A002CA.02

a2

現在の最安は3,650,000円、ここ1年でのピークは10月に記録した3,859,000円。
なお定価は3,685,000円なのでこちらも「定価割れ」ということになりますが、オーデマピゲは流通量が少なく正規店は在庫を持っていないので、客寄せのために(正規店ではない)腕時計専門店が安値で(実際にはない)在庫を掲載していることも。

よって、価格.comを見てその販売店のページを見にゆくと「取り寄せになります」「価格は変動します」と記載されていることも多いので、価格.com掲載の価格で買えるかどうかは別問題のようです。
ちなみに中古最安は3,850,000円なので定価や新品最安値を超えており、こちらは実際に在庫を持っている模様。
よって、この中古価格が「相場」だと考えて良いのかも。

ぼくはこのモデルを正規販売店にて予約中ですが、おそらく来年には順番が回ってきそうです。

q2

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ 26401RO.OO.A002CA.02

a3

高い人気を誇るロイヤルオーク・オフショアクロノグラフのゴールドモデル。
そのインパクトは抜群で、ちょっと離れた場所からでも「ソレ」とわかる存在感を持っています(そこが人気の理由だと思われる)。

現在の新品相場は4,938,900円、直近の高値は5,026,000円なので、ほとんど価格が下がっていないということもわかります。
ちなみに定価は5,280,000円、中古最安は4,480,000円。

q5

ロイヤル オーク オフショア ダイバー 15710ST.OO.A002CA.01

a4

意外に価格が下がらないオフショアダイバー、15710ST.OO.A002CA.01。
直近の相場は2,288,000円、定価は2,200,000円なので、定価を上回る価格で取引されているということになりますね。

ケース径が42ミリと(ロイヤルオークシリーズの中では)比較的小ぶりで、見た目もすっきりして上品なことも人気の理由かもしれません。
この1年での最高値は2,460,000円で、そこからは下がってきているものの、手堅い相場を形成している一本でもあります。

q2

ロイヤルオーク エクストラシン 15202ST.OO.1240ST.01

最近人気のロイヤルオーク”ジャンボ”「エクストラシン」。
通常のロイヤルークが37ミリと41ミリなのに対して39ミリという絶妙なサイズを持ち、かつ「シン」という名の通り、その「薄さ」が特徴です。
かつてデジタル時計が主流になった頃、その薄さを競う風潮がありましたがが(カシオ”ペラ”など)、最近でも技術力をアピールするために薄さを主張するウォッチメゾンもいくつか見られます。※手巻きはともかく、自動巻きはローターという”回転部品”があり、薄く作るには高い技術と制度が求められる

aa

このエクストラシン15202STはロイヤルオーク誕生40周年を記念してリリースされた「復刻」モデルであり、1972年当時の外観やムーブメントまでもが再現されたもの。

現在の相場は4,600,000円、そして定価は2,860,000円。
つまり大きく定価を超える取引価格となっているワケですが、さらに驚かされるのは、発売以降ずっとその価値を上げていて、現在が「最高値」ということ。
ちなみにちょうど1年前の価格は3,890,000円、2年前では2,830,000円なので、恐ろしく値が上がっている腕時計ということになりますね。
ただ、これまでの値動き、パテックフィリップの一連の動向を見るに、「まだまだ上がる」とぼくは考えています。

a7

アクアノート エクストララージ 5167A-001

a1

パテックフィリップの一番人気モデル、アクアノート エクストララージ 5167A-001。
直近の最高値は5,281,345円で、「また値を上げた」ということに。
今年6月はじめの価格は4,805,966円、9月2日では4,762,633円(価格維持率は99%)。
ちなみに2017年9月はじめは2,364,978円だったので、ここ数年で異常な水準まで価格が上がってしまったということになります。

ここまでくるともう「マネーロンダリング(資金洗浄)に使用されてるんじゃないか」という感じですね。

a8

ノーチラス 5712/1A-001

no

一方でちょっと値を下げたのが「ノーチラス」のステンレスモデル。
現在の新品相場は9,780,000円、今年6月につけたピークである11,674,500円から下落傾向に。
今のところ「戻す」気配もないため、もうちょっと下がってゆくかもしれませんね。

a10

ノーチラス 5711/1R-001

そしてこちらはノーチラスのゴールドモデル、5711/1R-001。
直近の相場は12,222,223円で、11月に大きく下げたものの、また戻りつつあるようです。

do

ゴールドモデルは貴金属としての価値があり、かつ欧米では高い人気を誇るため、世界規模で見ると根強い人気があるのでしょうね。
ちなみにここ1年のピークは12,767,000円ですが、ちょうど1年前の価格は8,543,000円なので、(ちょっと下がったいえど)継続して値上がりしている、というのは間違いなさそうです。

a21

カラトラバ 5196R-001

ka2

スポーツモデルではなくドレスウォッチのカラトラバ。
パテックフィリップを代表するモデルの一つで、直近の相場は2,108,100円という数字。
ここ1年のピークは2,164,500円ですが、ほかのモデルと異なるのは、1年前の価格と比較しても「余り変わっていない」ことで、つまりはここから大きく値上がりすることはないだろうということも予想できます(この1年半くらい、上下10万円程度で上がったり下がったりという感じ)。

その性質上、アクアノートやノーチラスにつられての値上がりも期待できず、「買うなら値上がりではなく、本質的な価値を期待して買うべき」一本ということになりそうですね。

a22

参照:価格.com

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.