>ランボルギーニ・ウラカン関連 ■ニュース

【動画】出力1200馬力、重量1200kg、ダウンフォース1200kg!ランボルギーニ・ウラカンのコンプリートカー”Zyrus LP1200”が今解き放たれる!

投稿日:

| これでも公道走行が可能らしい |

さて、現在中等行脚中のユーチューバー、Shmee150氏がドバイのオートドロームにて「Zyrus LP1200」に試乗。
このZyrus(ザイルス)LP1200はランボルギーニ・ウラカンの(ワンメイクレース用)レーシングカー、「ウラカン・スーパートロフェオ」をチューンしたもので、エンジンはツインターボ化によって1,200馬力へ、エアロダイナミクス変更によってダウンフォースは1,200kgへ、そして車体重量は1,200kgへ。
つまりはパワーウェイトレシオ「1:1」ということになりますね。

Zyrus LP1200は36台限定で製造される予定

このZyrus LP1200はノルウェーの会社が製造したもので、生産予定台数は36台。
サーキット走行専用モデルが24台、公道走行モデルが12台製造される、としています。

h8

見たところ、ルーフとドア以外のボディパネルはほぼオリジナルへと置き換えられている模様。
スーパートロフェオが持つもともとの形状を踏襲しているところもありますが、全体的にはデザインが改められ、やや丸みを帯びた形状を持つようです。

ウラカンはもともとレーシングカーの「ウラカン・スーパートロフェオ」「ウラカンGT3」と同時設計されており、そのため競技仕様へのコンバート、レース参戦時のパーツ交換が容易となるよう、外装パーツが比較的かんたんに入れ替えることができる構造を採用しています。
そのため、このZyrus LP1200のような{ボディパネル総入れ替え」といったカスタムが可能となるのでしょうね。

h10

リアは完全にオリジナルデザイン。
テールランプの位置を見るに、テールはかなり延長されているようですね。

ちなみにタイヤレース用ではなく、公道用のピレリPゼロ・コルサ。
公道走行可能なように登録をするため、とのこと(ドバイではこれで登録できるのか・・・)。

h9

フロントフードも入れ替えられ、ラジエターからの排熱を容易に。
1200馬力を発生するということで、発生する熱も相当なレベルだと思われます。

h

リアウイングは異常なまでに巨大。
さすが1,200キロのダウンフォースを発生するだけある、という感じです。

h5

なお、この1,200キロがどんなものかということですが、たとえばメルセデスAMG Oneは700kg、マクラーレン・セナは800kg、そして究極のサーキットウェポンと言われるブラバムBT62で1,200キロ(ただしアストンマーティン・ヴァルキリーは破格の1,800kg)なので、そのサイズに見合うだけのダウンフォースを発生する、ということですね。

h3

ブラバムBT62発表。700馬力の自然吸気V8、重量972キロ、ダウンフォース1200キロと驚異のスペック

h7

エキゾーストシステムはおそらくチタン。
放熱を考慮した金箔も見られます。

h6

コクピットはこう。
外装同様、そのほとんどが入れ替えられることに。
相当にゴッツいロールケージが見えますが、これはスーパートロフェオの装備を生かしているものと思われます。

h2

こちらがそのZyrus LP1200がオートドロームを走る動画。
オートドロームでは「ドライビングエクスペリエンス」なる体験走行プログラムがあり、ここではポルシェ・ケイマンGT4クラブスポーツ、フェラーリ458チャレンジ、マクラーレン650Sスプリント、ルノー・クリオ・カップなどのレーシングカーを借りて走行することができる、とのこと。

VIA:Shmee150

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ・ウラカン関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.