>スウェーデンの自動車メーカー

【動画】ケーニグセグがジェスコに「今までで最も軽いクランク」を装着してV8エンジンをブン回す!シビれるサウンドを聴いてみよう

投稿日:2019/12/15 更新日:

| ケーニグセグはどこからその技術を持ってきたのかまったくもって不思議 |

さて、もとZOZO社長、前澤友作氏が購入したことで話題になったケーニグセグ・ジェスコ。
その出力は1600馬力、ダウンフォースは1000キロ、その価格3億円(日本だと3億8000万円)、なにより発表直後の5日間で125台も売れたことで世間を驚かせています。
そんなケーニグセグ・ジェスコですが、現在は納車開始に向けて開発を進めており、今回ケーニグセグが自身のインスタグラムにて、プロトタイプを分解した様子、そして5リッターV8ツインターボエンジンが咆哮をあげる様子を公開しています。

ケーニグセグの新型ハイパーカー「ジェスコ」参上。1600馬力、段飛びシフトが可能な新型トランスミッションを装備したハイテクマシンに

ケーニグセグの何がスゴいのか

そしてケーニグセグの何がどう凄いのかということですが、一言でいうとその技術力。
同じような、比較的あたらしいハイパーカーメーカーだと「パガーニ」が有名で、しかしケーニグセグとパガーニとの違いは「内製率の差」。
たとえばケーニグセグはエンジンを自前で作るものの、パガーニはメルセデスAMGから供給を受けている、という具合です。

なお、ケーニグセグも「エンジンをどこかからか供給してもらおうかと考えた」ことがあり、実際にスバルのF1用エンジン(スバルはF1用エンジンを作っていた!)をテストしたことも。
ただ、その技術力に満足できず、「仕方ないから自分で作ることにした」。

【動画】ケーニグセグはもともとスバル製F1用エンジンにあわせて設計されていた!スバルがF1参戦していたという事実、そしてなぜその後採用されなかったのか

k1

さらにケーニグセグはカーボン製ホイールを採用することでも知られ、そのホイールについても「自分たちで作ったほうがいいものができるので、自分たちで作ることにした」。

加えて「カムレスエンジン」、トランスミッションの無い「ダイレクトシフト」のほか、レゲーラに搭載されるハイブリッドシステム(ケーニグセグは、世界で最も優れたエレクトリックシステムだと豪語)、「ライトスピードトランスミッション」「トリプレックスサスペンション」などを次々と開発。

そういった技術を用いて現在ケーニグセグは「公式」記録だと世界最高速度記録、加速〜減速記録も保有しており、その実力を証明しています。※ブガッティ・シロンの記録はギネス立ち会いのもと行ったわけではなく、ギネスに認定されていない

k2

ブガッティ・シロンSS300+は「無冠の帝王」?時速490km/hはギネスに認定されず最速王はアゲーラRSのまま。さらにケーニグセグは「ジェスコのハイスピード版で応戦する」

どうやったらそんなにポンポンと新技術を開発し実用化できるんだろうなと不思議に思うほどですが、ケーニグセグはまるでバイオリンにおけるパガニーニ、腕時計におけるブレゲのような存在だとぼくは考えています。

ちなみに今回の動画では「軽量クランクシャフト(12.5kgしかない)」を装着した状態でテストを行っているとのこと。

こちらは前澤友作氏がケーニグセグ・ジェスコをチェックする動画。
さすがに数々のスーパーカー/ハイパーカーを所有するだけあり、見どころが一般人ではなく「オーナー目線」ですね。

VIA: Koenigsegg, Yusaku Maezawa

あわせて読みたい、ケーニグセグ・ジェスコ関連投稿

ブガッティ・シロンSS300+は「無冠の帝王」?時速490km/hはギネスに認定されず最速王はアゲーラRSのまま。さらにケーニグセグは「ジェスコのハイスピード版で応戦する」

ケーニグセグ・ジェスコの価格は3億円。にもかかわらず「5日で125台、375億円分が売れた」。さらにハイパーな「ジェスコ300」もスタンバイ

【動画】ケーニグセグ・ジェスコの細部はこうなっている!内外装、そしてエンジンやサスペンションなど細部を見てみよう

【動画】ケーニグセグ・ジェスコの塗装はなんと34層!実にロールスロイスやセンチュリーの5倍の厚みを持つことになり、どうりで高いわけだ・・・。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->スウェーデンの自動車メーカー
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.