>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

これまでの緊縮財政から一転、VWが「2020年には毎月2台ペース、34台の新型車を発表」。うちSUVは12車種、EV/PHEVは8車種

投稿日:2020/01/16 更新日:

| フォルクスワーゲンのラインナップはこれで一気に入れ替わることに |

フォルクスワーゲンがなんと2020年に34ものニューモデルを発表する模様。
そのうち12はSUV、8つはピュアエレクトリックもしくはハイブリッドとのことですが、これは近年のフォルクスワーゲンからすると「相当な数」。
ちなみにフォルクスワーゲンはディーゼル不正事件以来ニューモデルの発売を絞り、既存車種についてもどんどん販売終了にしたくらい(なんといってもビートルすら販売終了に)。
しかしながら来年には34つまり1ヶ月に2車種程度のペースで新車が出るという「トミカなみのハイペース」を目指すことになります。

現在、フォルクスワーゲンのラインナップは17車種

なお、フォルクスワーゲンの現在のラインナップは(本国だと)up!、ポロ、ゴルフ、T-Cross、ID.3、T-ROC、T-ROCカブリオレ、ゴルフヴァリアント、ゴルフスポーツバン、トゥーラン、ティグアン、ティグアンオールスペース、パサート、パサートヴァリアント、アルテオン、シャラン、トゥアレグ。
つまりは総勢17車種でEVは一つ(ID.3)、そしてSUVはT-ROC、T-ROCカブリオレ、ティグアン、ティグアンオールスペース、トゥアレグの5つ。

これを考えると「ニューモデル34、うちSUVは12、エレクトリックモデル8つ」というのはかなり多い数だということになりますが、おそらくこの「34」の中には「同じクルマのグレード違い(たとえばゴルフGTI、ゴルフGTEなど)」も”一車種”としてカウントされるのだと思います。

それでもやはり「34」というのは尋常ではなく、これが実現すればフォルクスワーゲンのモデル構成における「SUV比率」「EV比率」が急激に高くなりそうで、現在アナウンスされていないブランニューモデルが登場するのは間違いなさそう。

現在フォルクスワーゲンはエレクトリック化に向けて全力で取り組んでおり、2024年にかけて2兆3000億円規模の投資を行うとも報じられていますが、とくに中国に対する入れ込みようはハンパなく、バッテリー工場含む生産施設の増強を図る模様。

大丈夫かフォルクスワーゲン!?中国に年産30万台規模のEV専門工場を建設開始

さらにこの「34車種」には中国専用モデル、北米専用モデルも含まれることになるかと思われますが、新年早々に始まりそうな「新型車ラッシュ」に期待したいところですね。

世界最大の自動車市場、中国。シェア1位はVW、2位はホンダ、そのほかのメーカーは?

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.