>フォード(FORD) ■ニュース

1.2億で落札された「マスタング・シェルビーGT500生産第一号」。オーナーの持つ1968年製マスタングと同じカラーにペイントされて納車される

投稿日:2020/01/01 更新日:

| 同じカラーの再現にはけっこう苦労したようだ |

オークション開催元、バレット・ジャクソンは2019年1月に「フォード・マスタング・シェルビーGT500」生産第一号車の購入権をオークションにかけていますが、その際に約1億2000万円にて落札したのが当のバレットジャクソン社長、クレイグ・ジャクソン氏。

そして今回、購入権利を落札した後、自ら仕様を指定したマスタング・シェルビーGT500第一号車がめでたく完成し、その姿を披露することとなっています。

マスタング・シェルビーGT500「第一号車」が競売に登場→1.2億で落札。なぜこういった競売で高値がつくのかを考える

1968年製マスタングの試作車と同じボディカラーに

なお、今回クレイグ・ジャクソン氏が指定したボディカラーは「メタリックグリーン」。
このカラーは同氏が所有する1968年製シェルビーEXP500プロトタイプ(ニックネームは”グリーン・ホーネット”)のボディカラーと同じもので、ベースコートにライムグリーン、トップコートにキャンディアップルグリーンをかけたもの。

こちらがまずはベースコート。

first-2020-ford-mustang-shelby-gt500 (1)

そしてこちらがトップコートを乗せた状態。

first-2020-ford-mustang-shelby-gt500 (2)

そこからクリアを吹いてできあがり。
なお、アメリカではオリジナルの塗装の上に「キャンディカラー」のトップコートをかけるというカスタムが流行った時期があるようで、フェアレディZの生みの親、ミスターKこと片山豊氏も、自身のフェアレディZのボディカラーについて、「純正のイエローの上から、キャンディレッドをかけ、角度によってはイエロー、別の角度からはレッドに見えるようにしていた」とも語っています。※フェアレディZは1969年の誕生なので、ちょうどその時期の流行だったのかも

first-2020-ford-mustang-shelby-gt500 (3)

話をマスタング・シェルビーGT500に戻すと、クレイグ・ジャクソン氏は「自身のグリーン・ホーネットと同じボディカラーを再現する方法がわからなかった」ものの、(塗料メーカーの)BASF、塗装スペシャリストのペンスキーとがその方法を見つけ出し、「遥かに想像を超える仕上がりにて、自分の夢を叶えてくれたのだ」とコメント。

そのほか、このマスタング・シェルビーGT500には、クレイグ・ジャクソン氏所有のEXP500同様にボディサイド下部にストライプが入るほか、通常だと「ブラック」となるドアミラーがボディカラー同色に。

この「生産第一号」マスタング・シェルビーGT500、そしてEXP500(グリーン・ホーネット)は来年1月に開催されるバレットジャクソン主催のオークション会場に展示されるとのことですが、これらのほかにレアなクルマも多数ディスプレイされると報じられ、会場に華を添えることになりそうですね。

マスタング・シェルビーGT500は5.2リッターV8エンジンから760馬力を発生するという「フォードのロードカー史上最高出力(フォードGTは650馬力)」を誇るアメリカンマッスルで、オプションでカーボン製ホイールや「後部座席レス」が選べるというスパルタンモデル。

今回ようやく第一号車が納車されたということになり、今後は続々と一般向け納車が進むことになると思われ、あちこちで「加速対決」に参加するシェルビー・マスタングGT500の姿を見ることになりそうです。

あわせて読みたい、フォード・・マスタング・シェルビーGT500関連投稿

【動画】マスタング史上最強モデル!シェルビーGT500の「ドライブモードごと」のアクセルレスポンスとサウンドはこう違う

今まで不明だったマスタング・シェルビーGT500の出力が「760馬力」に確定。フォード史上もっともハイパワー、V8史上もっともリッターあたりの出力が高いエンジンに

フォード「マスタング・シェルビーGT500でのニュルアタックは行わない」。その理由を考えてみる

VIA: Barrett-Jackson

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フォード(FORD), ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.