>シボレー(CHEVROLET)

これまで門外不出!幻の「ミドシップコルベット」試作車、GS IIBがはじめて公の場にて展示されることに

投稿日:2020/01/04 更新日:

| コルベットの歴史上、誕生から間もなく、60年間もミドシップ化を追求してきた |

これまでテキサスのペトロリアム・ミュージアムの外に出たことがなかった「シボレー・コルベットGS IIB(1964年製造)」が、アメリアイランドにて開催されるコンクール・デレガンスに登場する、とのこと。

このコルベットGS IIBは見ての通り「ミドシップ」レイアウトを持ち、「試作車」のひとつ。
ただしこれは、コルベットのミドシップ化を進めてきたゾーラ・アンカス・ダントノフ氏の設計ではなく、フランク・ウィンチェル氏の手によるものだそう(外装デザインはコルベット”マコ(メイコ)シャーク”でおなじみのラリー・シノダ)。

デザインのインスパイア元は1962年おシボレー・コルベア・モンツァGTコンセプトで、搭載されるエンジンは400馬力を発生するV8エンジン(327キュービックインチ)。

Chevrolet-GS-IIB-3

トランスミッションは「1速AT」、駆動輪は後輪のみ、車体は薄いアルミ製ボディによって軽量化されてわずか657kgだと紹介されています。

Chevrolet-GS-IIB-2

ミドシップ・コルベットにはこんなモデルも

今回「門外不出」のコルベットGS IIBが一般向けに展示されるのは、「ついにミドシップ化された」新型コルベットのプロモーションの一環だと思われ、そして同じ理由からか、同会場ではやはりミドシップ化のために製造された試作車であるCERV I、CERV II、コルベットXP-819も展示される、とのこと。

なお、コルベット(初代)そのものは1954年に登場していますが、これのミドシップ化プロジェクトについては1959年代からスタート。
これを主導したのはゾーラ・アンカス・ダントノフ氏だと言われ、よって新型(C8)コルベット発表前には、そのサブネームが「ゾーラ(ZORA)になる」というウワサがあったり、プロトタイプのカモフラージュに同氏へのオマージュが隠されていたほど。

ここで過去の「ミドシップ化のための試作車」の一部を見てみましょう。

【動画】シボレーは60年前からコルベットのミドシップ化を検討していた!エンジニアたちが製作しては却下されてきた、幻の「ミドシップコルベット」たち

最初のミドシップコルベットは1959年のCERV I

最初の「ミドシップ」コルベットが試作されたのは1959年。
これはCERVⅠ(CERV= Chevrolet Engineering Research Vehicle)と命名されており、その姿はコルベットというよりはレーシングカー。

ゾーラ・アーカス・ダントフは1953年にシボレーへと加入し、C1世代の開発からコルベットに関わってきた人物ですが、C1コルベットの挙動に不満を感じ、これを正すにはミドシップ化しかない、という信念を持っていた、と言われます。

よってコルベットのエンジン(大きく改造されている)そしてリアサスペンションを流用したCERVⅠを製作しテストを開始していますが、画像を見ると、非常にコンパクトなクルマであることがわかりますね(これにV8エンジンを積んで走っていたかと思うと、ちょっと怖い)。

このクルマは製造から2年間ずっと存在を隠されており、その後も公式レースに参戦したことはないという、まさに「幻のクルマ」です。

59-chevy-cerv1-dv-18_sj-a01

CERV IIはフォードGTとル・マンで戦っていた可能性も

その後に登場したのが1964年のCERV II。
これはCERV Iとは異なってル・マン24時間レースへの出場を考慮したもので、6台が製造される予定だったものの、1台が製造された後にGMがモータースポーツ活動から撤退してしまい、それに続く生産がなされずに「1台のみ」がただ存在することに。

その後は個人のコレクターに売却され、2013年にはRMサザビーズ開催のオークションにて、約1億2000万円という高額を記録し落札されています。

「竹ヤリ」がなんとも言えない迫力を醸し出していますね(今回紹介するGS IIBに近い)。

Mid-Engine-Corvette-History-41

XP-882はオイルショックで計画が頓挫した悲運のコンセプトカー

そしてさらにゾーラ・アーカス・ダントフはXP-882を1968年から製造開始。
なお、このプロジェクトを招集したのはジョン・ザッカリー・デロリアン。
言うまでもなく映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にタイムマシンとして登場したデロリアンを後に(独立して)製造販売することになる人物ですね。

そして完成したXP-882は1970年のニューヨーク・オートショーにて展示されて高い評価を獲得し、市販化に向けて動き出したものの、1973年に起きた「第一次石油ショック」の影響でその後プロジェクトは頓挫することに。

chevrolet_corvette_xp-882_concept_car

なぜコルベットは長らくミドシップ化されなかったのか

新型コルベットにてミドシップかがなされるまで、実に「60年」という歳月を要したことになりますが、ここまでエンジニアたちが頑張ったのにC7世代までミドシップ化されなかったのは「お金がかかるから」。

ミドシップスポーツを作るにはプラットフォーム、トランスミッション、ステアリングラック、サスペンションなど、クルマを構成するパーツのほとんどを新設計する必要があるためで、しかしそのコストをまかなえるほどには「売れない」だろうというシボレー上層部の判断があったわけですが、C8コルベットへの賞賛そして販売状況を見るに、「もっと早くミドシップ化したほうがよかったんじゃないか」と思ったりします。

コルベットのミドシップ化に要したのは60年。途中で「ロータリエンジン搭載」モデル、「デロリアン」の元祖とも言えるモデルもあった!

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->シボレー(CHEVROLET)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.