>ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他) ■ニュース

世にも稀な「ドライサンプ化」されたランボルギーニ・ミウラが競売に。ミウラ史上最高額で落札とのウワサ

投稿日:2020/01/12 更新日:

| ドライサンプ化したのはランボルギーニのエンジニア |

ただでさえレアなランボルギーニ・ミウラの中でも「さらにレアな」ミウラSVがRMサザビーズ開催のオークションに登場予定。
最高落札価格は1億7000万以上だと見られ、おそらくは「史上もっとも高価なミウラ」となりそうですが、ここでその内容を見てみましょう。

あの「納屋から発見された」ランボルギーニ・ミウラが約1.7億円で落札。調べてみたらミウラの相場は2002年に比較して15倍、2009年比で7倍、2013年と比べても3倍になっていた

49年の間にわずか「3オーナー」

まず、このミウラP400 SVは1971年11月10日に「通常のミウラSV」としてロールアウト。
当初はグリーンのボディにブラックレザーの内装を持っていたそうですが、最初のオーナーはほどなしくしてこれをレッドに再ペイントすることに。
通常のミウラはボディの下半分がゴールドもしくはシルバーというカラーリングなるも、この個体は「全部レッド」。
さらにはヘッドライト周辺の「隈取り」もなく、見た目の印象もほかのミウラとは異なるようです。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction

そして特筆すべきはここからで、二番目のオーナー(ランボルギーニのエンジニア)はエンジンを「1978年に数台のみ作られた」ドライサンプへと載せ替え。

さらにこのエンジニアは1979年にリアホイールをワイドな「(9インチから)10インチ幅」へと入れ替えており、その後に現在のオーナーへと売却された、という経緯を持っています。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (4)

つまりこのミウラは「オリジナルのままではない」ということになり、通常だとこういった個体は高値がつきにくいのですが、今回は「改造したのがランボルギーニのエンジニアであり、ミウラをよく知る人物」であるということ(つまり本来はこうしたかったという仕様に”戻した”とも言える)、49年の間にわずか3オーナーであること(そのうち40年は現在のオーナー)、なによりドライサンプにコンバートされた非常に珍しい個体であること、が注目されているわけですね。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (1)

もちろんこの個体がオークションに登場するのは「初」であり、こういった要素が「相当な高値がつく」と言われるゆえんです。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (2)

「ドライサンプ」ミウラのインテリアはこうなっている

そしてこちらがこの「世にも珍しい」ミウラのインテリア。
もともとブラックであった内装は、現オーナーによってベージュに張り替えられています。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (5)

ところどころに傷みは見られるものの、過ぎ去った年月を考えるといたってきれいない状態。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (6)

走行距離は29,408キロ。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (9)

スペアタイヤやホイールも美しい状態です。
なお、ドライサンプ用のタンクはスペアタイヤとバッテリーとの中間あたりにある白い(経年劣化でベージュ色になっている)容器だそう。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (7)

エンジンそしてエンジンルームも非常に美しい状態を保っています。

rare-dry-sump-1971-lamborghini-miura-sv-heading-to-auction (8)

VIA:Motorious

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他), ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.