>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】こんなレビューができるのは世界に一人!ブガッティ・ヴェイロン、シロンの「エルメス仕様」を比較してみた

投稿日:2020/02/22 更新日:

| 市場価格はどれくらいになるのか想像もつかない |

さて、世界にただ一人だけ、「エルメス仕様ブガッティを2台所有する男」、マニー・コシュビン氏。
今回はこの人にしか出来ない「ブガッティ・ヴェイロン・エルメス」と「ブガッティ・シロン・エルメス」との比較レビューを公開しています。
なお、同じエルメス仕様でもヴェイロンの方はブガッティ社自ら製作した限定シリーズで、シロンの方はマニー・コシュビン氏がエルメスとブガッティとにオーダーしたワンオフ仕様という相違があります。

同じエルメスでもけっこう違う

なお、ヴェイロン版のエルメス仕様について、正確には「Fbg par Hermès」という名称が与えられており、デザインはエルメス側のガブリエーレ・ペッツィーニ氏。
ボディカラーはヴィジブルカーボンの上にクリアブラウンをペイントした専用カラー「チョコレート」(よく見るとカーボン柄が見える)。
ボディ各部にはエルメスのロゴが入り、フロントグリルメッシュはエルメスの「H」を模した形状を採用しています。

c2

インテリアはボディカラーにマッチしたブラウン。

c8

なお、マニー・コシュビン氏はこのブガッティ・ヴェイロン・エルメスと同様のカラーリングを持つ「パガーニ・ウアイラ・エルメス」も所有。
さらにマクラーレン・スピードテールもエルメス仕様で納車されるため、一人で4台ものエルメス仕様を持つということになりますね。

【動画】あの大富豪婦人はこんな人だ!「アタシがパガーニ・ウアイラ・エルメスを紹介しちゃうわ。内装はこのバーキンと同じ色よ」

そして今度はシロン・エルメスをガレージから出すマニー・コシュビン氏。
内装が「真っ白」なのでシューズにはカバーをつけての運転です。

c14

こちらのシロン・エルメスはマニー・コシュビン氏、エルメス、ブガッティ3者の間で仕様が調整され、マニー・コシュビン氏の希望がかなり色濃く反映された一台。
同氏はイランからの移民ですが、苦労して財を成し、その過程で購入した「最初の車」がこのシロン・エルメス同様にホワイトの内外装を持っていて、おそらく同氏は「内外装ホワイト」が大好きなのでしょうね。

c12

ブガッティ・シロン「エルメス・エディション」完成!内外装はホワイト、その理由はコレクターが苦労して最初に購入したクルマにあった

インテリアについては意外と似た印象があり、まずはヴェイロン・エルメス。

c113

こちらはシロン・エルメス。

c110

フロントトランク容量はよく似たような感じ。
もちろんヴェイロン・エルメスには「エルメス仕様の」ラゲッジが多数収まるようです。

c7

シロンはフロントトランク内も真っ白。
ディバイダーで仕切られています。
エルメス仕様だけに、このトランクの「内側」だけでも数十万円か100万円以上のコストがかかっていそうですね。

c10

リアは両者で随分雰囲気が異なるところ。
ヴェイロンは丸形テール、シロンはLEDバーを採用しています。
ういんぐはどちらもリトラクタブル式、マフラーエンドは両方ともセンター出し。

c

ここまで来るには相当な努力もあったとは思いますが、エルメス仕様のブガッティを2台所有できるとはなんとも幸運なオーナーですね。

c4

VIA:Manny Khoshbin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.