>フェラーリ(Ferrari)

【まとめ】フェラーリ488のカスタム、チューン、トラブルやネタなど関連情報

投稿日:2015/03/05 更新日:

やはりエキゾーストサウンドはマイルドに。フェラーリ488GTB走行動画

名称未設定-1

フェラーリ488GTBの動画が公開に。
エキゾーストサウンドを聞くことも出来ますが、「え?」というくらい音がマイルドに。
458イタリア、458スペチアーレのような刺激的な炸裂音を聞くことはもはや叶いませんが、これはこれでいいのでは、と考えています。

ただし、確実に賛否両論分かれそうではありますね。

我らがクリス・ハリスがフェラーリ488GTBをドライブ。とにかくチョッ速

名称未設定-1

クリス・ハリスのフェラーリ488GTBレポートが到着。
まずはフェラーリのテストドライバーからレクチャーを受け、次に自身でサーキットをドライブ。
とにかく速く、とにかく面白く、そしてコントローラブルな様子。
それは458イタリア、458スペチアーレでも同じだと感じましたが、それにさらに「輪をかけて」ということなのでしょうね。

排気音に関しては先にリリースされたフェラーリのオフィシャルビデオほどは静かではないように思いますが、今までのフェラーリのサウンドと異なることも確かだと思います。

フェラーリ488GTBはフェラーリ458イタリアの後継として2015年3月に発表。
大きなトピックとしてはそれまでの自然吸気エンジンを廃止し「ダウンサイジングターボ」を積んだこと。
4500CCのNAエンジンから3902CCのターボエンジン(形式は同じV8)へと変更し、ライバルのマクラーレン650Sと同等のエンジンスペックに。
馬力はフェラーリ458の570馬力から一気に100馬力アップしたことも特筆すべき点で、しかも価格は3070万円、と458イタリアの240万円アップにとどまっています。

構造的に大きな変化はないと思われますが、デザインとしては往年の308GTBをモチーフとして取り入れたエアインテーク(リアフェンダー)が特徴。

フェラーリが488GTB発表に合わせて8世代のV8モデルの変遷をたどる写真を公開

Ferrari-8

フェラーリがイギリスでのフェラーリ488GTB公開にあわせ、1975年から488GTBまでのV8モデル8世代をロンドンで撮影。
1975年の308、1985年の328、1994年の348、1999年の360モデナ、2004年のF430次いで458イタリア、そして2015年の488GTBが揃います。

その間にエンジンは3リッターV8から3.9リッターV8ツインターボへと進化していますが、同じ角度から見てみると、以外とシルエットが変わっていないことには驚きます。
ぼくは360モデナあたりからフロントフードとルーフとのバランスが変わっていると考えていたのですが(ルーフがより盛り上がっている)、以外とそうでもないようですね。

細部のデザインはずいぶん変わっていますが、それでもやはりフェラーリはフェラーリだとすぐにわかるのは、その普遍のシルエットにありそうです(キドーニーグリルというディティールにそのアイデンテティを持つBMWとは対照的に)。

Ferrari-1

Ferrari-3

Ferrari-4

Ferrari-6

Ferrari-7

Ferrari-5

Ferrari-2

フェラーリのマラネロ工場で行われたフェラーリ488GTBのプレビューイベント

フェラーリのマラネロ・ファクトリーで開催された、フェラーリ488GTBの内覧会の様子。
まさにファクトリーの中で行われたようで、組み立てに使用するロボットのようなものに車両を載せていますね。

見た所、シルエットは大きく変わらないまでも細部は大きく変わっているようで、よりフラッシュサーフェス化され、かつ直線的なデザインになっているようです。

先に公開されたオフィシャル画像よりもフロントは大きく見え、これはラ・フェラーリの流れを汲んでいるようにも見えますね。
おそらくフロントトラックは拡大していると思われます。

セバスチャン・ヴェッテル、嬉しそうなマルキオンネ新社長の姿も。

VIA:Worldcarfans

早速カスタムされたフェラーリ488GTBのレンダリング登場

ferrari-488-wheels-rendering-2

Tikt Performance Partsによる、フェラーリ488GTBのレンダリング。
ブラックにゴールドのホイール、ストライプなど早速カスタムをイメージしたものです。

サイドエアインテークの分割部、サイドシル付近のラインは488GTBのデザインをさらに引き立てるようで格好良いですね。

関連投稿:第一号?アクラポヴィッチのエキゾーストシステムを装着したフェラーリ488GTBの動画

名称未設定-1

ターボエンジンを搭載したV8フェラーリ、488GTBにアクラポヴィッチのエキゾースト・システムを装着して走行する動画。

低回転、高回転ともにその音を聞くことができますが、それなりにいい音ではあるものの、「フェラーリらしい」音とは感じられないのが残念。
これはアクラポヴィッチのせいではなくターボエンジンの特性でもありますが、フェラーリは「V12エンジンについてはNAのままで行く」としており、V8エンジンとV12エンジンとの間に音質による大きな隔たりができそうではあります。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->フェラーリ(Ferrari)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.