ad-728

>ボクスター維持費・トラブル・メンテナンス ■自動車・バイクの購入検討/比較など

981ボクスターの今後の維持費はどのくらい必要?予想してみる

2016/11/29

Pocket
LINEで送る

DSC03067

ぼくは、最新の行動半径だと、ボクスターで年間15000キロくらい走ります。
現在の走行距離は33000キロですが、年を追うごとに加速度的に伸びており、「現在の使用状況だと」年間15000キロペースを維持、ということですね。

981ボクスターには整備手帳が付属していますが、それを見ると、年数と距離の両方の観点から、点検すべき場所が記載されています。
おおよそ主要なところは12ヶ月もしくは24ヶ月毎に点検するようになっていますが、それ以外にも「年数ではなく距離で」点検を定めている項目が。

ざっと見ると、冷却装置、ランプ、ホーン、フューエルリッドやフードのロック機構、診断システム、アンダーボディ、コンバーチブル。トップ、エアコンクリーナー、各種スイッチは3万キロで点検、ギアボックス、アクスルジョイント、シートベルト、排気システム、エアクリーナー、プラグの点検は6万キロ。

これらは年数ではなく、走行距離に応じて点検ということですが、3万キロでは各種電装系やスイッチ、6万キロでは駆動系・吸排気系・点火系、ということに。

ぼくのボクスターはすでに走行3万キロ経過しており、よって次回の点検では電装系とスイッチの点検が必要になるかと思います。
今のところ異常は無いのでこのあたりの交換費用はかからないと思われますが、その後の6万キロでは駆動系の点検が必要(問題がなければ交換は不要)、ということですね。

ランボルギーニでは期間の経過によって交換の必要がある部品を記載していたように思いますが、ボクスター(ポルシェ)の場合はとくにオイルとオイルフィルター、ブレーキフルードほか油脂類、プラグ以外は交換時期の指定をしておらず、今のところ交換の必要がありそうなのはエンジンオイルとフィルターくらいですね。
なおPDKクラッチオイル、ミッションオイルは18万キロまで交換不要。

その意味では、意外と維持費はかからない、と判断して良さそうです。





->ボクスター維持費・トラブル・メンテナンス, ■自動車・バイクの購入検討/比較など
-, , , , ,