ad-728

>ウラカン購入記~発注から納車まで

マイ・ウラカンは今週末あたりに大阪に到着?登録は月内

2015/08/22

Pocket
LINEで送る

さて、ぼくのランボルギーニ・ウラカンですが、今週末には大阪(ランボルギーニ大阪さん)に到着する模様。

今は豊橋にて、品質チェックや日本向け装備の追加などを行っている最中かと思います。
この「豊橋」ですが、出荷前点検=PDI=Pre-Delivery Inspectionを行う場所で、輸入車はここを経由するわけですね。
※今までランボルギーニは空輸で日本に運んでいたのですが、ウラカンからは船便へ変更になった

ランボルギーニはフォルクスワーゲン・グループ・ジャパンのPDIセンターにて点検されることになりますが、2008年の記事ながらも、その内容がここに紹介されています。

それによるとドイツからの船便だと約一ヶ月、一隻の船(自動車専用船)で2000-6000台の車が運ばれてくるようですね。
ここで通関を行い、自動車にかけられたカバーやシートを剥がし、洗車を施した後に、日本向けの注意書きなどを貼る模様(ぼくは工場出荷前に貼ると思っていた)。
発炎筒の取り付け、取り説の封入もここで行うようです。

次いで内外装のチェックを行い、傷や汚れ、凹みがあればここで修正。
一度豊橋の近くに行ったことがありますが、おそらくは傷をマーキングしたと思われるBMWを満載した積車が走っているのを何度か見たことがあります(新車であれだけ傷があるのは衝撃的ですが)。

その後はエンジンルームや灯火類のチェックを行い、日本の道交法に対応しているかを検査して「完成検査終了証」の発行、そして最終検査→保管→出荷、という流れだそうです。

知っているようで知らないことも多く、けっこう色々と作業を行ってくれているとうことを改めて知ることができました。

なお、登録については月内に行う方向ですが、納車は4月の予定です。



->ウラカン購入記~発注から納車まで
-, , ,