>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

ランボルギーニのオプションリストが更新。いくつか画像が登場

投稿日:2015/04/06 更新日:

ランボルギーニのオプションリストが更新された模様。
ランボルギーニの場合、オプションは各車ごとに用意されるというよりは、ざっとオプションを掲げて、それらのどれがどの車(ムルシエラゴ、アヴェンタドール、ガヤルド、ウラカン)に該当するかを記載する方式です。
気づいたところでは、下記が新しく追加されているようですね。
なお、ウラカンに用意される「カップホルダー」の画像はまだ無いようですが、実のところこれ(カップホルダー)が以上に気になります。

カーボン状カーカーバー(画像なし)。カーボン状のカバーですが、プリントされているのか、ランボルギーニが開発した「カーボン状の布」を使用しているのかは不明です。

名称未設定-11

4点式シートベルト、リアチューブラーフレーム、消火器。これらはガヤルド用ですが、今回はじめて画像が出てきたように思います。

名称未設定-2

サウンドパフォーマンス調整。アヴェンタドール向けのもので、ソフトウエアの調整でサウンドが最大化する模様。もしかするとバブリングを発生させることもできるかもしれません。

名称未設定-3

側面ロゴキット。ムルシエラゴのボディ横「SV」ロゴと思われますが、前世代のモデルについてもオプションを表示しているのはランボルギーニらしいですね。

名称未設定-4

ピクアドロラゲッジキット。ランボルギーニとのダブルネームですが、ピクアドロ単体の製品と比べてもさほど高く無いようです。
これは他からOEMを受ける「バッテリーメンテナー」でも同じで(CTEK直販と同じくらいの価格)、しかし同じOEM元から供給を受けて販売される、フェラーリ純正のバッテリーメンテナーは非常に高価です。

名称未設定-5

マーク入りタイヤ。今回からウインタータイヤなどが掲載されていますが、新たに認証マーク「L」が登場しています。
BMWだと「★」、ポルシェだと「N」が認証マークとなりますが、ほかと比べてこの「L」はかなり質素に見えますね。

名称未設定-6

衛星ラジオ。これは欧州を中心に装備が拡がっているものですが、日本では意味をなさないかもしれません。

名称未設定-7

逆に無くなったのは「鍛造リムバッジ」。
カーボンコンポジットのホイールセンターキャップですが、カーボンコンポジット自体が一切無くなっており、なにか問題があったのかもしれませんね。
かわりにセンターキャップには「ROUNDハブキャップ(2色)」「FIOREハブキャップ4色)」「LAMBORGHINI SINCE 1963ハブキャップ」「LAMBORGHINI 50th ANNIVERSARYハブキャップ」が登場(それぞれ画像がないのでどんなものかわからないのですが)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ランボルギーニ・ウラカン関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.