>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日産GT-R開発担当者「次期GT-Rは顧客が望むクルマになる。エレクトリックを望めばEVに、ガソリンを望めばそうなるだろう」。結局何も決まっていなかった?

| GT-Rを復活させたのはカルロス・ゴーンだが、今や日産内部でもGT-Rは支持されていないのか | ニスモビジネスオフィス兼、第一商品企画部 日産GT-Rチーフ・プロダクト・スペシャリストである田村宏志氏によれば、次期日産GT-Rについてはその開発を急いでおらず、エレクトリック技術、そして自動運転技術が投入される可能性がある、とのこと。ただし以前に同氏は「ハイブリッドを使用すればあまりに価格が高くなりすぎる」とも語っており、今回の発言については「あくまでも可能性の一部」ということになりそう。ちなみに次期 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

フォルクスワーゲン「次期ゴルフGTIは最高にクールなクルマになる。骨の髄までGTIだ」。シビック・タイプRからニュル王座を奪還できる?

| 新型フォルクスワーゲン・ゴルフは「ゴルフ7」なみの衝撃を与えることができるか? | 「新型ゴルフGTIはとんでもなくクールなクルマだ」。これはフォルクスワーゲンの北米法人の重役、スコット・コー氏が現地メディア、Automobile Magazineに語ったもの。加えて同氏は「我々は間もなくゴルフ8を発表するが、そいつは骨の髄までGTIだ。とんでもなくクールなクルマになる」と述べています。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI)

BMW M3/M4、ミニJCWクロスオーバーにリコール。M3/M4は最悪の場合走行不能、クロスオーバーはポジションランプ点灯せず

| どちらもこれによる事故はゼロ、ドイツ本国からの情報で問題が発覚 |l BMWがM3/M4、そしてミニ・クロスオーバーにリコールを届け出。それぞれ内容は異なっていて、M3はプロペラシャフトの問題、ミニ・クロスオーバーはヘッドライトの問題となっています。それぞれパーツの交換やプログラム書き換えにて症状が改善するそうですが、BMW M3/M3の場合は「最悪の場合、走行不能に」とあり、ちょっと深刻そうな内容ではあります。 こちらもオススメ、関連投稿BMWとミニがまた値上げ、昨年10月から数えて3回目。ミニ・ク ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

| スペックや価格は不明ながらも、すでに25,000人が予約済み | ホンダ初のEV、「ホンダe(Honda e)」の先行予約がイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーにて開始。予約はオンラインのみでの受付となり、すでに開設された「ホンダe」のコンテンツから入り、ボディカラーを選んだ後に「予約を確定」する流れとなっています(英国だと800ポンドの保証金を支払う必要がある)。なお、日本のホンダ公式サイトではまったくホンダ eに触れられておらず、これはまったくの「謎」現象。

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスがブランド「115周年記念」ワンオフモデル準備中。秋に開催の競売にてお披露目と報じられる

| ロールスロイスはオークションをワンオフモデルの宣伝に活用? | ロールスロイスとRMサザビーズ(オークション開催元)が、「今年の秋に、ブランド115周年を記念し、ファントムベースのワンオフモデルを出品する」と発表。現在のところその詳細はわからず、しかし「明るいレッドにペイントされる」ということが明かされています(中国人の落札を期待しているのかもしれない・・・)。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向けた別世界のラグジュア ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWが公式にてM8試乗の様子を公開。エンジンやサス、ステアリングに加えて駆動方式やブレーキの「効き」までもドライバーが調整可能

| ここまで調整幅が広くなると、もう本当の姿がわからない | BMWが新型M8につき、最新のティーザー動画を公開。これまでもティーザー画像そして動画を公表しているものの、今回の動画はそのラインナップ、走行性能や技術に踏み込んだものとなっていて、これを見るに新型M8はかなり期待できそう。まずラインナップについては、「M8クーペ」「M8クーペ・コンペティション」、「M8カブリオレ」「M8コンペティション・カブリオレ」からスタートするとのこと。

ReadMore

>アウディ(Audi) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

VWグループがブガッティ、ランボルギーニを売却する可能性があるとの報道。ブガッティは中国企業が売却対象として有力

| ブガッティ、ベントレー、ランボルギーニはVWの考える”エレクトリック化構想”にマッチしない | 現在フォルクスワーゲングループには、フォルクスワーゲンを筆頭にアウディ、ブガッティ、ポルシェ、ベントレー、ランボルギーニ、シュコダ、セアト、ドゥカティ、イタルデザインといったブランドが集結していますが、フォルクスワーゲンは2030年までに大きく組織を再編成し、いくつかのプレミアムブランドを切り捨てる可能性がある、とのこと。そして驚くべきことにランボルギーニそしてベントレーもその候補に挙がっていると報じられて ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】新型スープラのレビュー続々!加速動画に続き国内ではZ4との比較、4気筒モデルの試乗レビューも

| BMW Z4のほうが”しっとり”、スープラは”スっと入る”らしい | 新型トヨタ・スープラがメディアに貸し出されるようになり、続々その試乗レビュー動画が公開されています。その内容はいずれも肯定的で、相当に高いポテンシャルを持つであろうことが伝わるものばかり。スープラはとくに北米において神格化されており、今回のA90スープラについては「BMWとの共同開発」ということで”これは真のスープラではない”と見る向きも(一般消費者の間で)多いようではあるものの、実際のスープラは「そんなことはどうでも良くなる」くら ...

ReadMore

■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ランボルギーニ・ウルス関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニ・テストドライブ・プラス最終章。ウラカン・ペルフォルマンテ、ウルスの二台でワインディングを走る

| ランボルギーニ・ウルス、ウラカンはゆっくり走っても楽しい | さて、ランボルギーニの試乗イベント「Lamborghini Test Drive Plus」での最後のプログラム、「公道走行」。これまでは「サーキット」「オフロード」での走行を紹介してきましたが、今回は公道走行含めて総括となります。 投稿【動画】高木虎之介の運転でランボルギーニ・ウルスをサーキット試乗!「ランボルギーニ・テストドライブ・プラス」へ行く【動画】ランボルギーニ・ウルスを悪路でドリフト走行!起伏や波状路、30度以上のバンクに挑戦し ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】1000馬力級の新型フェラーリの目撃動画続々!中には「追跡を振り切られた」ドライバーも

| 残念ながら削除された動画も | 5月31日に発表される新型フェラーリですが、これの目撃例が相次いで公開。先日はインスタグラムにて一般人がイタリアにてこのプロトタイプを撮影した動画を公開していますが、今回はそのフルレングス版もYoutubeにアップされています。なお、この新型フェラーリは「ハイブリッドシステム」を積み、986馬力を発生する”ハイパーカーなみの性能”を誇ることがフェラーリによって明かされています。加えて、812スーパーファストの上に位置する「フラッグシップ」となることもフェラーリCEOの発 ...

ReadMore



>アウディ(Audi) >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ロータス(Lotus) ■映画や音楽、本について

【まとめ】どんなものがある?マッドマックス風カスタムカーやチューニングカー

投稿日:2015/05/15 更新日:

ロータスがマッドマックスとコラボ。ヒャッハー風F1マシンを作成

test1

マッドマックスの映画プロモーションのため、ロータスがF1マシンをマッドマックスに登場するラギッドモビール風にカスタム。
横にはインターセプター・マークIIも控えています。
過去にはトヨタがバットモービル(タンブラー)とF1を走らせたこともありましたね。

ぼくはマッドマックスシリーズが大好きで、新シリーズにも非常に期待しているのですが、なぜか日本の予告編はちょっとギャグ風で、もとも作風を知らない人には勘違いされそうな雰囲気です(”第9地区”もそうだった)。

(L to R): Romain Grosjean (FRA) Lotus F1 Team and Pastor Maldonado (VEN) Lotus F1 Team with special race overalls and car livery to promote the film Mad Max: Fury Road.Spanish Grand Prix, Friday 8th May 2015. Barcelona, Spain.

(L to R): Romain Grosjean (FRA) Lotus F1 Team and Pastor Maldonado (VEN) Lotus F1 Team with special race overalls and car livery to promote the film Mad Max: Fury Road.Spanish Grand Prix, Friday 8th May 2015. Barcelona, Spain.








これでゾンビは撃退だ。三菱エクリプス改「ゾンビ・スレイヤー」

Mitsubishi-5

まさにアメリカらしい、対ゾンビ車両。
数年前にはSEMAショーへとヒュンダイが対ゾンビ車両を出展していましたが、とにかくアメリカ人はゾンビ好き。

どれくらい好きなのかというと、下の地図は「ゾンビ」という検索キーワードを視覚化したものですが、色が濃いところほど多く検索されている地域となり、やはりアメリカがダントツ。
インド人がダントツにカレーを食べるのと同じくらいアメリカ人はダントツでゾンビが好きだということになりますが、ゾンビ同士の青春映画や、公共機関によるゾンビ対策マニュアルの発行などからもそれは計り知ることができます。

zombiemap

そんなわけでこの「ゾンビスレイヤー」ですが、見かけはミツビシ・エクリプスであるものの、車体は日産製80年代の4WD車両とのこと。
そこにシボレーのV8エンジンを乗せて4インチリフトアップし、22インチサイズのホイールと巨大なタイヤを装着。

その上でルーフにはゾンビスレイヤーの象徴たるマシンガン(フェイク)を備えるなどしていますが、「完全に合法」な車両だそうです。

ゾンビといえば紫外線なので、これに紫外線投光機があれば完璧ですね。

Mitsubishi-1

Mitsubishi-3

モンスター化されたデリカがアメリカで販売。15インチアップ+巨大タイヤ

アメリカにて、デリカの15インチリフトアップ車両が販売に。
デリカの製造は1968年開始ということですが、意外と長い歴史を持っている、ということになりますね(D5もそういえばかなり長いこと作ってる)。

今回リフトアップ・デリカを製作したのはアメリカのリッチモンドにある会社で、右ハンドルなので日本から輸入した個体を使用しているようですね。
1991年製とのことなので例によって「25年ルール」によって輸入が解禁された車両ということになると思いますが、リフトアップだけではなくボディ自体もマットに塗装されており、モンスタートラックというかゾンビハンター的な雰囲気も。
販売価格は120万円ほどと改造内容に比べると安価と言えますが、公道走行はできない、とのことです。

なお日本でもこう言ったリフトアップ車両は一時非常に人気があり、相当数を見かけたような記憶があるものの、最近ではほとんどその姿を見なくなりましたね(それでも専門ショップは残っており、根強い人気があると思われる)。

ゾンビハンターなフェアレディZ。ハミタイ&オフローダールックスがナイス

名称未設定-1

第5世代の日産フェアレディZを改造した車両がなかなかナイス。
オフローダー仕様となり前後バンパーレス、タイヤはみ出し、ルーフにはLEDバーとなんでもあり状態ですが、一方ではヘッドライトの内側に手が入っていたり、エンブレムやミラーキャップ、リアウイングがブラックになっていたり、と細かな配慮も。

フェアレディZはドリフトマシンとしてカスタムされることが多いですが、この方面のカスタムは新鮮で、なかなか魅力的な車ですね。
なおオーナーによるとカスタムはこれで終了ではなく、今後はシュノーケル装備、よりミリタリーっぽい装備の追加などを行い、「ゾンビハンター」色を強めてゆく、とのこと。

トヨタが変なの作った。リフトアップしたミニバン「UUV」

トヨタがミニバン「シエナ」をカスタムしてSEMAに展示。
あらゆる状況でも目的地に到達できる「 Ultimate Utility Vehicle=UUV」としての発表です。

衛星テレビ、インターネット接続、Wi-Fi、60インチサイズの液晶テレビ、2500WのJBL製オーディオ、ナイトビジョンカメラなども備え、まさに万能。
居住性と走破性を高い次元でバランスさせた車とも考えられ、「ミニバンをワイルドにカスタムする」という発送は今まで無かったかも、と考えたりします。
※ワイルドさ、という点では数年前のSEMAに展示された対ゾンビ用の車に似ている

もしかするとデリカ・スペースギアはこの発送に近いものがあるかもしれませんが、もっとこういった車が出てきても良いかもですね。

Ever Better Expedition - Shed Aquarium, Consumer Activation, Chicago, IL

リアル・マッドマックス。タンクにコンバートされたアウディが目撃される

audi-cabrio-occasion

建設現場にて、下半分がタンクになった(というかキャタピラーの上にアウディの車体が載った)車両が目撃された模様。

詳細は不明ですが実際に走行するようで、しかし操作はどうするのか(アウディのインターフェースを使うのか、それともタンクというか建設機械側のインターフェースをアウディに移植したのか)不明。

マッドマックスにでも出てきそうですが、マッドマックスでは「車の上に車を載せた」カスタムが登場しており、しかしまだ実世界ではそこまでの過激なカスタムは出現していないようです。

audi-123-occasion

これで世界破滅後も安心。完全武装化エンツォフェラーリ他のレンダリング

CGアーティストの作品は過激化の一途ですが、今回は一味違った作品が公開に。
マッドマックス風というかデス・レース風というかエリジウム風というかSF的でゾンビハンター風、かつ世紀末的ルックスの車達。
これらはヨルダンのアーティスト、Khaled Alkayed氏の作品となります。

ベースとなるのはフェラーリ・エンツォやマイバッハ・エクセレロ、ロールスロイス・ファントムですが、ミラーなどのパーツはメルセデス・ベンツなど色々な車から拝借しているようですね。

装備されているのはマシンガンやロケットランチャー、投光器、装甲などでキャタピラーなど悪路走行用の装備も追加されており、これなら核戦争後やゾンビウィルスに侵された未来でも生き残れそうです。

DAZERによる「プリウス・クロスオーバー」。合法に乗れるならマジ欲しい

DAZER(デイザー)による、「プリウス・クロスオーバー」。
東京オートサロンに展示されたようですが、2016年のSEMAにて展示されていたようですね。
その名の通りプリウスをリフトアップしイカツいタイヤを履かせたもので、ルーフにはレールやジェットパック、フロントにはカンガルーバーやフォグランプを装備したオフローダー的ルックスが特徴。

サスペンションは+5センチ上げられているとのことですが、その他スペック(タイヤサイズ)などは不明。
ぼくは正直こういったルックスが大好きで、合法的に乗れるのなら、そして車に負担がないのであれば「かなり真剣に欲しい」と考えています。

さらに言うと「オフローダー」というよりは世紀末風の「ゾンビバスター」的なルックスが大好きで、言い換えればマッドマックスやデス・レースに出てくるような車に非常に惹かれます(”エリジウム”もかなりツボ)。

VWオーストラリアがマッドマックスを意識した「Korama」をワンオフで制作。荒野を爆走する動画

vw

VWオーストラリアが映画「マッドマックス」に影響を受けたオフローダー「Korama」をワンオフで作成。
そのままオーストラリアの大地をヒャッハーしていますが、なんとも気持ちよさそうですね。
なおマッドマックス自体もオーストラリアの映画なので、オーストラリア人にとってマッドマックスは特别なものがあるのかもしれません。

なおマッドマックス(怒りのデス・ロード)に登場する車はこんな感じで、今回のVWオーストラリアの作ったKoramaは「まだまだ甘い」、とぼくは考えています。

リアル・マッドマックス。ロシアで車の上に車を合体させた男現る(動画あり)

madmax movie V8 マッドマックス

madmax movie V8 マッドマックス

マッドマックスに登場しそうな「車 on 車」を実現させた男。
ただし下はキャタピラカー、上は旧いラダという地味な組み合わせではありますが、相当なインパクトがありますね。

UBERがマッドマックスとコラボ。シアトルを走る

uber-madmax-2

UBER(白タクサービス)とマッドマックスがコラボ。
マッドマックスの新しいゲームの発売を記念してUBERがワーナー・ブラザースに働きかけ実現したものとのことですが、車もドライバーもかなり本気。

もちろん車両は合法な範囲での改造、とのこと。
このようなカテゴリの車を「ラギッド・モービル」というそうですが、ぼくとしても非常に興味のある分野です。

なお画像の車はすべてV8なのかどうかは不明。
できればドライバーにも「V8サイン」をしてほしかったと思います(もしくはステアリングを手に持つか)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。 6000万円くらいを記録していた時期もありますがそれが4500万円くらい(新車価格と同じくらい)になり、 ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。 たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が5 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。 その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが ...

->アウディ(Audi), >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ロータス(Lotus), ■映画や音楽、本について
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.