ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリが488スパイダーを発表。458スパイダーに比べ-20kg(動画あり)

2018/01/09


2015-Ferrari488Spider-01

フェラーリが488スパイダー(名称は噂された488GTSではなかった)を発表。
クーペと同じ660馬力のV8ターボエンジンを搭載、0-100キロ加速は3秒。

フェラーリによると格納式ハードトップはファブリックのルーフに比べて25キロ軽く、14秒で折りたたみが可能だそうです。
ただフェラーリは458スパイダーにおいてもリトラクタブルハードトップを採用しており布ルーフを持っておらず、おそらくこの比較値は他社(マクラーレン650Sスパイダーもハードトップ採用なので、ランボルギーニ、もっと絞ればガヤルドか)との比較を意識しているのかと思われます。

2015-Ferrari488Spider-02

今まではクーペとオープン版だと、オープン版のパフォーマンスがやや落ちるというのが常識でしたが、マクラーレンはMP4-12Cでそれを覆して(クーペとオープン版とのパフォーマンスが同じ)以来、今度は「オープンでもクーペにパフォーマンスが劣らない」のが新常識になりつつあるようですね。

なお488スパイダーのルーフ素材はアルミとマグネシウムとの複合で、458スパイダーのものよりも23%軽いそうです。
車体重量は1420キロとされ、クーペとの比較でプラス50キロ。
458スパイダーに比べてマイナス20キロなので、かなり技術は進歩しているということなのでしょう。

2015-Ferrari488Spider-03

リアセクションは458スパイダー同様トンネルバックで、クーペとは異なるイメージを持つところも同じ。
ただエンジンが見えないのはちょっと寂しいですね。

発表の段階で用いられているボディカラーはメタリックブルーで、これは今までのフェラーリの例からしても非常に珍しいように思えます。

価格については今のところアナウンスはなく、まず公式として下記動画がリリースに。
一発目ということで極めて地味ですが、追ってほかの動画も公開されるものと思われます。
正式デビューは今年のフランクフルト・モーターショー。

2015-Ferrari488Spider-04

2015-Ferrari488Spider-07

2015-Ferrari488Spider-06

2015-Ferrari488Spider-05

関連投稿:フェラーリ488スパイダーも公開へ。今年のフランクフルトはブルーが流行

Ferrari-488-GTB-6

フェラーリ488スパイダーもフランクフルト・モーターショーにて正式に公開。
しばらく前に画像がリリースされており、中国では衆目の前にさらされたということもあり、あまり目新しさはありませんが、何度見ても美しい車ではあります。

Ferrari-488-GTB-5

トップはランボルギーニ・ウラカン・スパイダーとは異なりハードトップですが、先代の458スパイダーで採用されたものと同じ構造で、そして458スパイダーにおいては「ミドシップ初」のリトラクタブル・ハードトップだそうです。

Ferrari-488-GTB-11

開閉にかかるのは14秒で、ソフトトップに比べて25キロ軽いとフェラーリは主張しますが、488GTBに比べて488スパイダーは50キロ重いだけなので、やはりルーフは軽いのでしょうね(ウラカン・スパイダーはクーペに比べて120キロも重い)。
なおデザインは488GTBと同じく、ピニンファリーナではなくフェラーリの内製です。

Ferrari-488-GTB-3

ことしのフランクフルトではブルーをボディカラーに使用した車が多く、このフェラーリ488スパイダー、ロールスロイス・ドーン、ランボルギーニ・ウラカン・スパイダー、アヴェンタドールSVロードスター、ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモなどなど。

Ferrari-488-GTB-2

Ferrari-488-GTB-4

->フェラーリ(Ferrari)
-, ,